井元 雄一(WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)- コラム「保護司って知ってますか?その3【年齢制限と危険性】」 - 専門家プロファイル

井元 雄一
「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

井元 雄一

イモト ユウイチ
( 神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士 )
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
Q&A回答への評価:
4.4/8件
お客様の声: 64件
サービス:0件
Q&A:41件
コラム:186件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

保護司って知ってますか?その3【年齢制限と危険性】

- good

保護司 2017-08-28 08:00

こんにちは、カイロプラクターの井元です。


保護司として前回、前々回といくつかのご質問のお答えを記述しましたが、今回も

質問にお答えします。


【年齢制限はあるの?】

パーソナリティの高い人が委嘱されるのでそれなりに年を重ねた人が選ばれると思われますが

実際、年齢による制限はありません。ただ最初に任期は65歳以下の人が選ばれるようになっています。

そして制限はないと書きましたが実際は概ね30代半ば以上の人が選ばれます。

もちろん条件は必要ですが・・・詳しくは前回、前々回のコラムを参考にしてください。

定年はあります。75歳が定年になります。


【危険はないの?】

これは本当に良く聞かれます。やはり更生の為とは言え

罪を犯してしまった人を相手にするわけですから、心配されることも多々あります。

実際に事件になったことも過去に何度かあり、私自身も、そして家族も心配していました。

ですが、実際やってみての結論を言うと、もちろん危険性はゼロではないですが

心配はほぼ無いと言えます。

それに私たち保護司の所に来る方は基本的は量刑が軽めの人たちですし、

社会復帰したいと願っている方々ばかりですので、

よほどのことが無い限り危険が伴うことはないでしょう。


周りには数十年も保護司をされている方もいらっしゃいます。

私は保護司となってまだ日は浅いですが、少しでも社会復帰を願っている方々の心に

寄り添い、そのお手伝いが出来ることをとても感謝しています。

体力の続く限りこの任を全うしていこうと思っています。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真