井元 雄一(WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)- コラム「保護司って知ってますか?その2【保護司になるには・保護司の給料】」 - 専門家プロファイル

井元 雄一
「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

井元 雄一

イモト ユウイチ
( 神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士 )
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
Q&A回答への評価:
4.4/8件
お客様の声: 64件
サービス:0件
Q&A:41件
コラム:186件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

保護司って知ってますか?その2【保護司になるには・保護司の給料】

- good

保護司 2017-08-24 16:01

こんにちは、井元です。

私が保護司になってから色々な方に質問を受けることが

多かったので、こちらお答えしようと思います。

※保護司とは?については前回の記事を参考にして頂けたらと思います。


まず保護司になるにはどうしたらよいですか?ということを

聞かれました。

勿論誰にでもなれるという訳ではなく、いくつかの条件があります。

その条件とは・・・

・人格及び行動について、社会的信望を有すること

・職務の遂行に必要な熱意及び時間的余裕を有すること

・生活が安定していること

・健康で活動力を有していること

以上の事柄をクリアしている必要があります。

保護司の委嘱手続は、各地域にある保護観察所長が、候補者を保護司選考会に諮問して、その意見を聴いた後、法務大臣に推薦、その者のうちから法務大臣が委嘱するという手続によって行われています。保護司の任期は2年間なのですが、再選もあります。


保護司の給料、これも多い質問です。

国家公務員なのですから、さぞや良い報酬を頂いているのでは?と思われますが

基本的には0円、つまりはボランティアになります。だからこそ上記の条件が必要に

なってきます。(仕事に関わる実費等は全額・または一部支給されます)

とはいえ仕事は犯罪を犯した人の更生をして社会復帰をサポートする仕事なので

自身の人生経験を十二分に生かせるやりがいのある仕事ですよ。


今回はここまでにして、他にもいくつか質問を受けているのでまたお答えしますね。


プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真