シェシャドゥリ(福田)育子(メンタルヘルスコンサルタント)- コラム「心理カウンセリング・セラピー」(2ページ目) - 専門家プロファイル

シェシャドゥリ(福田)育子
不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

シェシャドゥリ(福田)育子

シェシャドゥリフクタイクコ
( 千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント )
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
Q&A回答への評価:
4.1/25件
サービス:0件
Q&A:78件
コラム:39件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

心理カウンセリング・セラピー のコラム一覧

35件中 11~20件目RSSRSS

自殺のニュースから

EMDRセラピーを体験したことがある友人の言葉です。 友人: 松平健さんの奥さんが あなたのEMDRセラピーとカウンセリングに出会っていれば良かったのに!って ニュースを聞  いた時思ったわ。心通じ合う医師とはめぐり合うことができなかったって。EMDRに出会っていれば 違っていたのにね・・・。トラウマだけでなく  うつ病やパニック障害、不眠症などに EMDRセラピーが効果あるって 知られていない...(続きを読む)

2010/11/18 23:38

失敗した時の勇気づけ

失敗した時の勇気づけは 子どもばかりでなく 友人、同僚に対してもとても大切です。 子どもを責めないで「自立心と責任感」を育てるような対応をすることを 念頭に置きます。 例えば 1才半位の幼児が コップのミルクやジュースをこぼしたとします。私達親が 言いがちな言葉、とりがちな行動は何でしょうか? 「また!」「全く!」「あ~ぁ!」 などなど・・・・色々あることと思います。 私もそうでした。そ...(続きを読む)

2010/11/14 08:43

いじめ

息子の場合 息子が小学校6年生の時に 隣のクラスの男子児童から1年間に渡ってうけていたことを知ったのは 息子が二十歳を過ぎてからでした。 何がきっかけだったのか覚えていないのですが ある日 息子が言いました。 「お母さん、ぼく小学校6年生の時 よくけがしたでしょう。あれ、隣のクラスの男子から いじめにあってたんだよ。」 「中学に行ってから ○○君達が 担任のT先生にけしかけられて いじめて...(続きを読む)

2010/11/13 20:25

若いママQ子さんとのメール

私からQ子さんへ Q子さん、今日は講座に参加して下さり、ありがとうございました。 ベビーシッターさんが Q子さんに伝えて欲しい、とのことです。 「前、2回と 子ども達の雰囲気が違っていた。競争をしなくて お兄ちゃんが押す、ということも全く無かった。二人が協力的だった。」 M君は 「M子ちゃんにも あげて。M子ちゃんの分は?」 と 前回も今日も言っていました。やさしい子ですね!!! Q子さんか...(続きを読む)

2010/11/08 10:39

苦しんでいる若いあなたへ

あなたは 10代でしょうか。それとも 20代でしょうか。 10代、20代の頃 将来について不安感を持ったり 口うるさいと感じる大人に対して 反抗したいと感じるのは とても自然なことです。 ほんとうはツルミタクナイのに 一緒にいる仲間が欲しくてグループに入ることもありますね。 それも 人として自然なことです。 人は 「自分に居場所がある」と感じることで 安心できます。 大人(先生や親)に腹が立...(続きを読む)

2010/11/04 09:07

こころの健康政策構想実現会議

日本の精神保健・医療・福祉をかえていこう-イギリスの家族支援から学ぶ- 10月23日、東京都精神医学総合研究所 西田 淳志氏による 上記の演題の講演を聞きました。 そこで西田氏が 「こころの健康政策構想実現会議」の事務局長をされ、「こころの健康を守り推進する基本法」(仮称)の制定に向けて署名運動を行っておられることを知りました。 「精神疾患は三大疾患のひとつこころの健康推進をわが国の基本政策...(続きを読む)

2010/10/25 17:15

自殺を考えた日

「人身事故による列車の遅延」の文字を見ない日の方が少ないと 電車に乗る度に思います。そして 私自身が自殺を考えた日のことを いつも思い出します。 その瞬間を写真に撮ったようにはっきり記憶しているのです。 1994年のことです。車を運転しながら「このままあの崖にぶつかって死んだ方が どれほど楽だろう。」と思ったのです。それを 思いとどめたのは 二人の息子の存在でした。母親が自殺をしたら それが子...(続きを読む)

2010/10/22 22:47

ママは分かってくれない!

ある高校生のお子さんを持つお母さんとお話する機会がありました。お子さんの状態について悩みと心配がおありです。 お話を伺うと お母さんと子どもさんのコミュニケーションは取れている様子です。しかしお母さんに対して お子さんが 「ママは分かってくれない。」 と言うそうです。「ママは 分かってくれない。」はお母さんに「分かって欲しい。」と訴えているのです。ここでお母さん方が陥り易い落とし穴があります...(続きを読む)

2010/10/10 10:43

若いお母さんからのご報告

子どもに対する「勇気づけ」の効果は 子どもの年齢が低ければ低いほど早く効果が表れます。 きょうの講座に来られた若いお母さんSさん(お子さんの年齢2才9カ月と1才5カ月)から 驚きと喜びの感謝の言葉を頂きました。 「おどろくような効果がありました!」 前回、食事のことでの悩みをお話下さった方です。 「この前気になっていたよその子をたたくという問題は解決したのですが 別の問題が出てきました。こ...(続きを読む)

2010/10/09 00:29

地域の方へのメッセージ

次の手紙は私が 「家族・地域のきずなを再生する国民運動」の一環として実施された作品コンクールに応募したものです。http://www8.cao.go.jp/shoushi/kizuna/h21contest/h21kekka.html ー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  良識のある大人の皆様へ あなたの価値感からかけ離...(続きを読む)

2010/10/05 06:34

35件中 11~20件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム