シェシャドゥリ(福田)育子(メンタルヘルスコンサルタント)- コラム「勇気づけの対応・・・楽になります・・・」 - 専門家プロファイル

シェシャドゥリ(福田)育子
不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

シェシャドゥリ(福田)育子

シェシャドゥリフクタイクコ
( 千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント )
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
Q&A回答への評価:
4.1/25件
サービス:0件
Q&A:78件
コラム:39件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

勇気づけの対応・・・楽になります・・・

- good

心理カウンセリング・セラピー 勇気づけ 2012-03-22 10:39

「勇気づけ対応の大切さ」と「対応の効果」をひとりでも多くの方に知って頂きたく、松戸市を中心に「勇気づけの親子関係実践セミナー」開いています。

セミナーの内容は 次の通りです。

  1章:子どもの行動の目的

  2章:誰の課題?

  3章:勇気づけ

  4章:聴き上手パートⅠ

  5章:傷つけないで意見を伝えよう

  6章:肯定的な見方

  7章:聴き上手パートⅡ

  8章:自分を勇気づける

  9章:自然の結末

  10章:家庭はみんなでつくる

セミナーを受けた方から

「勇気づけの内容は 認知行動療法と共通点があるように思うのですが、関係はありますか?」

と聞かれることが時々あります。

日本では知られていないのですが アメリカの「認知行動療法のサイト」 の「認知行動療法の歴史」の中には はっきりとアルバート・エリスがアドラー心理学の影響を受けていると記されています。

アドラー心理学に基づくこどもに対する「勇気づけの対応」は 「相互尊敬」が基本にあります。

家庭、学校、会社・・・「勇気をくじかれる機会」は数えたらきりがありません。

ですからこそ「勇気づけ」の実践が大切なのです。

本で読んで知っている、講演を聞いたから知っている、ということではありません。

「実践する」と 関係が着実に変わります。時間はかかりますが自分も、子どもも、楽になります。そして関係が楽になります。

不登校の中・高生を持つ親の会「青空の会(我孫子市)」でも 2012年4月から「勇気づけの親子関係実践セミナー」を開いて下さることになりました。

親、教師、大人が対応を変えると 子どもの反応が変わります。

そして 「自立と責任」を意識して行動できるようになります。

日本国憲法とも一致する アドラー心理学、より多くの方に知って頂けたら、と思います。

日本国憲憲法 第3章 国民の権利及び義務の 第13条、14条に記されている内容を 具体的に家庭、学校、社会で実践する方法です。

夫婦であれば 第3章 国民の権利及び義務の 第24条1項の内容が アルフレッド・アドラーの主張とピッタリ一致しています。

・人権規定
二四条一項 •「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が

  ①同等の権利を有することを基本として、

  ②相互の協力により、

  ③維持されなければならない」

・アルフレッド・アドラー博士の主張                  

     ① 平等の大切さ・・・様々な精神病理を防ぐ

     ② 他者に対する関心を育てる・・・協力

     ③ 子どもを育てるための民主的な家庭

History of Cognitive-Behavioral Therapy

http://nacbt.org/historyofcbt.htm
Cognitive-Behavioral Therapy (CBT) is a general classification of psychotherapy, and several approaches to CBT fall within this classification, including Rational Emotive Behavior Therapy, Cognitive Therapy, Rational Behavior Therapy, Rational Living Therapy, Schema Focused Therapy, and Dialectical Behavior Therapy.  Each approach has its own developmental history.  The following is a generally accepted accounting of the history of CBT.

The first discrete, intentionally therapeutic approach to CBT to be developed was Rational Emotive Therapy (RET), which was originated by Albert Ellis, Ph.D. in the mid-1950's.  Ellis developed his approach in reaction to his disliking of the in-efficient and in-directive nature of Psychoanalysis.  The philosophic origins of RET go back to the Stoic philosophers, including Epictetus and Marcus Aurelius.  Epictetus wrote in The Enchiridion, "Men are disturbed not by things, but by the view which they take of them."   The modern psychotherapist most influential to the development of RET was Alfred Adler (who developed Individual Psychology). 


プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム