シェシャドゥリ(福田)育子(メンタルヘルスコンサルタント)- コラム「こころの健康政策構想実現会議」 - 専門家プロファイル

シェシャドゥリ(福田)育子
不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

シェシャドゥリ(福田)育子

シェシャドゥリフクタイクコ
( 千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント )
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
Q&A回答への評価:
4.1/25件
サービス:0件
Q&A:78件
コラム:39件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

こころの健康政策構想実現会議

- good

心理カウンセリング・セラピー 勇気づけ 2010-10-25 17:15

日本の精神保健・医療・福祉をかえていこう-イギリスの家族支援から学ぶ-

10月23日、東京都精神医学総合研究所 西田 淳志氏による 上記の演題の講演を聞きました。

そこで西田氏が 「こころの健康政策構想実現会議」の事務局長をされ、「こころの健康を守り推進する基本法」(仮称)の制定に向けて署名運動を行っておられることを知りました。

「精神疾患は三大疾患のひとつこころの健康推進をわが国の基本政策に!100万人署名活動」http://www.yadokarinosato.org/cocoro-syomei-p/index.html

1次締め切りは過ぎてしまいましたが 2次締め切りは 11月6日、3次締め切りは12月20日となっています。

11月には都内で 街頭署名運動も計画されているとのことでした。

若い研究者の方が ブレア政権下の精神医療改革を、イギリスの家族支援を学び、その成果を日本にも取り入れて行きたい、と具体的に行動を起こされていることに とても感銘を受けました。

イギリスの家族支援団体「Rethink」は 統合失調症の家族会が母体となりましたが あらゆる精神保健福祉サービスを提供しており、精神疾患を総合的にケアしているそうです。

西田氏は 日本でも統合した精神疾患ケアの必要性を説いておられました。

統合失調症、うつ病、発達障害を始めどのような精神疾患であっても 家族が迷い、悩み、不安に陥るのは同じです。対応の方法は「勇気づけ」・・・だと思います。

松戸市市民活動助成審査で「勇気づけ対応の必要性」のプレゼンテーションを行った足で行った講演会でした。

 

 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム