堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)- Q&A回答「彼にドキドキを感じないのは本当は好きじゃないから?」 - 専門家プロファイル

堀江 健一
何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

堀江 健一

ホリエ ケンイチ
( 東京都 / 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー )
カウンセリングルーム エンパシィ 代表責任者
Q&A回答への評価:
4.6/40件
お客様の声: 15件
サービス:9件
Q&A:109件
コラム:197件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
070-6640-7990
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

今までと気持ちの落ち着きが違う

恋愛・男女関係 恋愛 2020/03/02 16:00

今まで好きな人や彼氏ができると
その人で頭いっぱいでドキドキして
ちょっとしたことで一喜一憂したり
すぐ惚気たり生活の中心がその人になったり
周りからは盲目や依存と言った言葉が似合うと
よく言われていました。

そんな私ですが、つい先日
告白をしていただいて彼氏が出来ました。
告白される前に何度か遊んでいて普通に楽しかったし
誰でもいいと適当に選んだ訳では決してないのですが
その彼氏に対して恋愛的にドキドキすることが少なくて
周りに惚気けることもなく気持ちが落ち着きすぎて
今までとは180度違うような状態です。

その違いに私が追いつけてないのか
ドキドキがなくてつまらない
本当に好きなのか
付き合ったばかりだけど別れた方がいいのかとも
思い始めてます。


関係があるかわかりませんが
個人的に思う以前と今回の恋愛の違いを
何点か述べさせて頂きます。

以前はLGBT関係者やバンドマン、
性格等にちょっと癖のあるような男性と恋愛をすることが多く
今回の彼は至って普通な感じです。

以前は付き合う前、付き合ってすぐに体の関係がありましたが
今回は付き合った後にフレンチ・キス程度で
それ以降は特にしていません。

以前はスキンシップ(ボディタッチ、キス、ハグ等)や
夜の営みに対して
どちらかと言えば積極的に来てくれる男性が多かったですが
今回の彼はそこまで積極的ではないです。



質問したいこと

1.この気持ちの違いは私が彼に恋愛感情を抱けてない(本当は彼は私の恋愛対象ではない)だけでしょうか?他に考えられる理由はあるのでしょうか?

2.せっかくお付き合いさせてもらってるので長く続けたい気持ちはあるのですがどうやったら恋愛を楽しめながら関係を続けていけるでしょうか?


その他、なにかアドバイス等あればお伺いしたいです。


よくわからないことを質問してしまって申し訳ないです。
専門家の方々、よろしければ答えれる範囲でいいので
回答いただければ嬉しいです。

えむちゃんさん ( 岡山県 / 女性 / 23歳 )

堀江 健一 専門家

堀江 健一
恋愛アドバイザー

- good

彼にドキドキを感じないのは本当は好きじゃないから?

2020/05/20 12:57

初めまして、カウンセラーの堀江と申します。
今までの恋愛感情と比べて、今の彼氏にドキドキ感を感じない事に違和感を覚え、本当は好きじゃないんじゃないだろうかと自分に自信が持てず、不安を感じておられるのですね。
真剣に彼との事を考え、自分の気持ちにも正直に向き合おうとなさる誠実な方だと感じました。
私なりにご質問に対して、考えられる可能性をお伝えしたいと思います。

今の彼と「恋愛を楽しみながら関係を続けていけるでしょうか?」とのご質問の内容を読ませていただくと、どうやら恋愛を楽しんでいるわけではなさそうですね。
ではえむちゃんさんにとって「楽しめる恋愛」とはどんな相手との、どんな恋愛関係をイメージされているのでしょうか?

よく恋愛心理で引き合いに出される「吊り橋効果」と言う理論があります。
吊り橋の上のような少し身の危険を感じる様な、いるだけでドキドキしてしまう場所で合った人に対して、危険な場所(スリリングな状況)だから心臓などがドキドキしてしてしまっているのを「この人のことが好きだから気になってドキドキしているんだ」と勘違いしてしまう心理状態になることがあると言う理論です。
大抵恋愛テクニックみたいな方法論ではこの吊り橋理論を利用して、好きな人とはスリリングな場所(例えば遊園地のジェットコースター)を選んでデートをして相手を自分の事が好きだと勘違いさせて付き合っちゃいましょう、みたいなことが書かれていたりします。

えむちゃんさんは今までの彼氏はLGBT関係者やバンドマン、性格等にちょっと癖のあるような男性だったようですね。もちろんその男性達と危険な場所でデートしていたわけではないでしょうけど、彼らは何らかのドキドキしてしまうスリリングな空気に包まれていたのではないでしょうか?

わかりやすく極端に言うと、彼ら自身に好意を感じてもおられたでしょうが、どちらかと言うと自分とは違う世界で生きている人のその世界自体が新鮮で未知で興奮していたり、魅力を感じていたとしても不思議ではありません。
比べて今の彼の生きている環境は、えむちゃんさんが自分も生きて来た良く知っている世界の住人の様です。
つまり、ドキドキを感じないのは、彼の生きている世界にドキドキ出来ないだけで、彼の事は好きである可能性はあるのではないでしょうか?
夜の営みに関しても、普通の男女の営みではありますが、状況としてはかなり非日常的な状況かと思います。つまり昼間のデートに比べたらかなりテンションもあがるシチュエーションと言えるでしょう。
そうした場面もまだ彼とは体験していないこともドキドキがまだ感じられていない原因の一つかも知れません。

普通な人に感じられても、深めにお付き合いをして相手がわかって来るにつれ、当然相手の色々な個性や世界が見えてくるものかと思います。
あなたが相手のどんな所にドキドキを感じるか?興味を持てるかは相手の問題と言うよりあなたの感受性にも依る事でしょう。
たまたま今までの男性は非常にドキドキを感じるのに誰にでもわかりやすい要素を持った人たちだったのでしょうが、今回は彼の良さみたいなものをあなたが自分で見出して感じていく事が必要となりそうです。
例えば彼もあなたも積極的でない所があるとしたら、
彼の積極的ではない部分にもそれはなぜなのか?何を感じながら生きている人なのだろうと興味を持って考えてみたり、
えむちゃんさんご自身も、今までとは違う積極的な面を出していくことで自分がドキドキする状況にするなど挑戦してみても楽しめるかも知れませんね。(自分からベッドに誘った事がなかったのなら、自分から誘って見る事をしてみるだけで、自分がドキドキするものじゃないかなぁ?)

相手への理解や、自分の感情を深掘りして観る事で、成長につながる関係を築ける課題となるような気がします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム