堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)- Q&A回答「過去の親との軋轢とどう向き合っていけば良いのか?」 - 専門家プロファイル

堀江 健一
何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

堀江 健一

ホリエ ケンイチ
( 東京都 / 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー )
カウンセリングルーム エンパシィ 代表責任者
Q&A回答への評価:
4.6/38件
お客様の声: 15件
サービス:9件
Q&A:98件
コラム:189件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
070-6640-7990
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

毒親について

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2019/07/06 23:13

私は毒親傾向のある両親に育てられました。
 頑張ってもなかなか褒めない、友達付き合いに口出しする、やりたいことを否定する、などです。
 
 ただ、私は全てにおいて親の行いが間違っていたとは思いません。私も物質的に恵まれていたので、わがままを通しすぎましたし、子供を思っての行いことだと分かることもあります。完璧な親もいないでしょう。
 我が家にいたっては、父は仕事で忙しく、リストラも多い中、定年までよく頑張って働いてくれました。金銭面で困らなかったのは父のおかげです。
 母は、父がやや暴力的でしたが、耐えて、少し危ない時には守ってくれましたし、手料理を常に振る舞ってくれ、おかげで健康に暮らせています。


 父が良くなかったのは、自分が唯一の稼ぎ手であるのをいいことに、いつも優位に立って、私を否定的に見ていたからです。
 母が良くなかったのは、悪徳ではありませんが、宗教にはまり、わたしに悩みがあっても、大したことないとかまってくれなかったからです。

 このように毒親になってしまった背景も私自身で分かってはいます。また、今は対人恐怖のような心の病も克服し、幸せです。


 ただ、私にも精神的に悩む時期があったのに、あたかも親子でのあたたかいエピソードばかり(嘘ではないですが)持ちだして人前で話すのが悔しいです。また、結婚した私と別居してようやく子離れした親ですが、たまに憎く感じます。

 親はもう若くないですし、残りの共有できる年数を楽しく過ごしたいとも思います。親はどんなことがあったにせよ、両親が親であることに変わりはないのですが、時々起こるこのもやもやに、どうむきあえばいいのか、ご助言をお願いします。

とりせりさん ( 茨城県 / 女性 / 31歳 )

堀江 健一 専門家

堀江 健一
恋愛アドバイザー

- good

過去の親との軋轢とどう向き合っていけば良いのか?

2019/07/09 11:48
( 4 .0)

初めまして。
物質的には恵まれたものの、精神的にはご苦労なされたのでしょうね。
今はご結婚なさりある程度精神的にも安定し、親御さんの支配圏を脱する事ができて本当に良かったですね。

色々なご経験があったことでしょうから、複雑な思いがあって当然ですから、時折ご両親に対してもモヤモヤする思いが表面に出てきても無理もないことでしょう。

親を憎く感じてしまう。
そしてそんな想いにモヤモヤしてしまう。

このモヤモヤした感情にどんな意味を見出すかが大切なような気が致します。
嫌な思い出を思い出し、不快な気持ちにもなられるでしょうから、お辛い事と思います。
でもそんなご両親の育て方、対応の仕方を反面教師として、自分はこう人と関わっていこうと思われたりもするのではないでしょうか?
「悪妻が哲学者を育てる」とプラトンは言っています。プラトンの奥さんは身勝手で嫉妬深く悪妻であったそうです。
逆境が人を深く物事を考えるような人に育てるという意味だと思いますが、
「毒親が哲学者を育てる」とも言える側面があるようにも思います。
過去を変えることは出来ませんが、辛い過去の出来事から学べる事もあり、未来に役立てる事もあるのではないかとプラスに捉える事で、モヤモヤする感情も肯定的に価値付ける事も出来るものかと。
向き合いたくない時だってあるでしょうから、そんな時は気晴らしでもして、ご自分の率直なお気持ちと向き合っていかれたら良いのではないでしょうか?
こう向き合いなさいなんて答えはないものかと思います。

評価・お礼

とりせり さん

2019/07/18 21:19

ご回答ありがとうございました。嫌な過去を、明るい未来のための経験と捉えることの大切さを思いました。ご回答いただけて良かったです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム