堀江 健一(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)- コラム(5ページ目) - 専門家プロファイル

堀江 健一
何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

堀江 健一

ホリエ ケンイチ
( 東京都 / 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー )
カウンセリングルーム エンパシィ 代表責任者
Q&A回答への評価:
4.6/34件
お客様の声: 15件
サービス:9件
Q&A:91件
コラム:188件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
070-6640-7990
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

188件中 41~50件目RSSRSS

舞台パタリロ1 漫画の実写化の難しさ

舞台パタリロ1 漫画の実写化の難しさ 舞台パタリロ 2016年紀伊国屋ホール 魔夜峰央先生が原作の傑作少女コミックギャグマンガがついに舞台化されました。 私が高校生の頃連載が始まり、アニメ化もされ、「だ~れが殺した、クックロービン~!」と言う決まりのギャグで「クックロビン音頭」まで作られ、一世を風靡したのですから、ざっと37年位前の漫画です。しかもまだ連載が続いているようで、もう少しでコミックが100巻と言うのですから驚異的な長寿漫画...(続きを読む)

2017/01/05 11:10

ナンバーズ 9 実際のカウンセリングの様子の例・後篇

前回ナンバーズの続きです。ナンバーズと言う海外ドラマを題材に、実際のカウンセリングがどの様に行われるものか、セリフを追って解説しています。 ★カウンセラーの先生●カウンセリングを受けているドン ★さてと、まだ話に出ていないメンバーがいますね。 ●誰?ディズワーナーのことか?(部署が違う女性捜査官?ドンとはまだ恋人未満の付き合い) ★若い捜査官と寝ると言う話はまた別の機会に。 ●悪いんですか?仕事...(続きを読む)

2016/12/25 15:15

ナンバーズ 8 実際のカウンセリングの様子の例・前篇

ナンバーズ 8 実際のカウンセリングの様子の例・前篇 アメリカ制作 海外ドラマ ナンバーズ ナンバーズは「エイリアン」や「グラディエーター」などの映画で有名なリドリー・スコット監督と、トップガンで有名なトニー・スコット監督の兄弟で制作に当たっているFBIが舞台のサスペンスドラマです。 主人公も兄弟の青年達です。 シーズンを重ね、大分オッサンになって来てしまいましたが(笑) 兄であるドンが抱える事件を、弟のチャーリーがコンサルタントとして知恵を出して...(続きを読む)

2016/12/05 11:25

怒り1 理不尽にされた人が理不尽な怒りを生む連鎖

怒り1 理不尽にされた人が理不尽な怒りを生む連鎖 2016年公開 日本映画 「怒り」 11月中旬に第41回報知映画賞、最多9部門ものノミネートに挙げられたことも記憶に新しい、今年話題の映画の一つです。 ざっとわかりやすくあらすじを書いてみます。 なるべくネタばれにならないように。 とある住宅街で夫婦二人の惨殺死体が発見されます。 すぐに容疑者が断定されます。 容疑者の家に警察が乗り込むと、部屋中には世の中や周囲の人たちに対する怒りをぶちまけた...(続きを読む)

2016/11/24 13:00

逃げ恋1 エヴァとの関連「逃げちゃだめなのか?逃げちゃっても良いのか?」

逃げ恋1 エヴァとの関連「逃げちゃだめなのか?逃げちゃっても良いのか?」 TBS28年秋の火曜ドラマ 「逃げるは恥だが役に立つ」 主人公のうら若き女性(演・新垣結衣さん)は、仕事にも就けず、彼氏もおらず、両親は引越しすることになって「このまま親に付いて知らない場所へ引っ越すしかないのか、、、」と悩んでいました。 そんな娘を心配したお父さんが、ちょっとした知り合いの独身会社員(星野源さん)の所で家事代行をしてみないかと紹介します。 さて掃除洗濯、食事の用意など家事代行を...(続きを読む)

2016/11/11 12:31

家族ノカタチ10 父と子の確執と和解

家族ノカタチ10 父と子の確執と和解 9回に渡って恋愛や結婚をテーマにこのドラマについて書いて来ましたが、実際はこのドラマの中心のテーマは西田敏行さん演じる父親と、香取慎吾さん演じる息子の「父子、親子の確執と和解」だと思います。 父親と子供のことはアンダーザドームでも触れてきましたが、世界中の映画やドラマでこのテーマは描かれています。お母さんや、特にお父さんに自分を認めてもらえる事で「自分は世界からも認めてもらえる存在なのだ」と自信...(続きを読む)

2016/10/29 11:24

家族ノカタチ9 コミュニケーション能力3要素 自己主張力・共感力・同調力

家族ノカタチ9 コミュニケーション能力3要素 自己主張力・共感力・同調力 前回は集団の中では、数が多い方が多数派になる。多数派が主流となる。誰もが主流でいた方が安全だから、なるだけ多数派になり、周りと同じように溶け込んで平和に過ごしたいと考える。逆に少数派は周りからいじめられてしまったりする。結婚したいと思う人の心理には、そうした周りが「結婚するから私も結婚して、主流派でいたい」と言う「場の原理」での心理について書いてみました。 簡単に言えば「愛している」とか「いない...(続きを読む)

2016/10/07 13:13

家族ノカタチ8 結婚願望の裏にあるのは権力闘争?

家族ノカタチ8 結婚願望の裏にあるのは権力闘争? SMAPの解散が電撃的に報道され、ショックを受けられたファンの方も多いようです。 このドラマ「家族ノカタチ」に主演していた香取慎吾さんは、ドラマのキャラ設定上、人との関わりを避け、冷めた感情で生きる青年を好演されていましたが、果たしてそれが演技によるものだったのか?私生活の葛藤を反映したものではなかっただろうか?と心配と言うか、より深い感慨を持ってしまいます。 前回は、周りに合わせようとする傾...(続きを読む)

2016/08/28 13:13

家族ノカタチ7 あなたは刺激を求める冒険者?安心を求める安住者?

家族ノカタチ7 あなたは刺激を求める冒険者?安心を求める安住者? 前回は親や友人、マスコミなどから与えられた価値観(恋愛するならイケメンや美女と、とか、女性にモテるのはマッチョのたくましい男性である、とか)をそのまま受け入れてしまい、本当に自分が求めているものとか、自分に合っているものを見失ってしまっていることもあるのかも知れません、と言う話を書いてみました。 また続きです。 男性も女性もカッコいいに越した事は無いかも知れません。私だって、もう少し背が高ければ...(続きを読む)

2016/07/14 11:30

家族ノカタチ6 正直マッチョは好みじゃない女子49%

家族ノカタチ6 正直マッチョは好みじゃない女子49% 前回は、男性も女性もテレビのバラエティ番組などの影響で、 「顔の善し悪し」 「身長」 「ボディライン」 などの外面に捕らわれて過ぎてしまい、 理想的な外見を追い求めてしまったり、そ うした外見でないと恋愛対象として見てもらえない、 今の自分ではモテない と思いこみ過ぎている人が多いのではないだろうかと言うお話しを書いてみました。 例えば男性側は女性が好きになる男性像の条件の一つとして 「マッ...(続きを読む)

2016/06/29 10:20

188件中 41~50件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム