深澤 熙之(建築プロデューサー)- Q&A回答「カビ発生は根本的な原因を除去してあげる事が重要です」 - 専門家プロファイル

深澤 熙之
SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

深澤 熙之

フカサワ ヒロユキ
( 埼玉県 / 建築プロデューサー )
昭和アルミ株式会社 
Q&A回答への評価:
4.6/42件
お客様の声: 1件
サービス:0件
Q&A:112件
コラム:73件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
昭和アルミSOIV工法:『昭和アルミ独自工法の外断熱2重断熱2重通気外壁リフォーム』劇的に呼吸する外壁に生まれ変わる(※外部サイトへのリンクです)
昭和アルミHP

グラスウールの表面のカビ

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/02/25 02:31

築25年の中古住宅をリフォーム中です。
家のカビが気になってきて、断熱材・石膏ボードの取替えをすべきかどうか悩んでいます。


1階和室の天井裏のグラスウールの表面が黒くなっていました。グラスウールの中は大丈夫のようです。
その部屋の壁はカビていましたが、石膏ボードにカビはなく、表面だけでした。
石膏ボードの下方は若干湿っているように思います。
天井には、シミがありますが、売主によると、雨漏りではないとのこと。25年間で1度しか濡れてないそうです。

2階の和室(1階和室の真上)の壁もカビていました。一部、石膏ボードにもカビがありました。
大工さんが一部壁を取り壊してみたところ、木材もきれいだし、断熱材もまあまあなので、取り替える必要はないのでは?とのことでした。

大工さんによると、屋根裏も通気性が良く、床下も状態は悪くないとのこと。

グラスウールの表面が黒いことについて、大工さんは「経年のものはこんなもの」とのこと。
DIYアドバイザーに口頭で相談したら、「それはカビ」とのこと。

3歳の子供がぜんそくぎみなので、DIYアドバイザーの言葉に不安になってきました。
しかし、部分的に壁の補修をしたところで、根絶できないのでは?と思っています。それならば、新築に移り住むしかないのでは‥、とも。

でも、石膏ボードや断熱材を家の一部分でも取り替えたら、少しは効果があるのでしょうか。
グラスウールの表面的なカビは、健康の被害になるくらいのカビと思うべきでしょうか。

和室の壁紙は張り替える(塗り替える)予定です。

アドバイスしていただけますよう、お願い申し上げます。

mommyさん ( 青森県 / 女性 / 40歳 )

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

カビ発生は根本的な原因を除去してあげる事が重要です

2008/03/08 06:50
( 5 .0)

おはようございます。mommyさん。

先の先生方がご指摘やアドバイスをなさっていらっしゃるとおり、内部結露によるカビ発生が大きい原因であると思われます。

カビ等が出ていれば、早めに手を打たなければならないところです。

特に喘息もちの方の症状は台風時期や湿気の多い、梅雨時期に症状が通常より発作が出やすく苦しい思いをされる方が多いのですが、そうでありませんか?

カビが原因で症状が悪化する場合、そういう時期が一番、そういうお子さんがいらっしゃる親御さんにとってみれば気がけでない心境です。

今の住宅が内部結露が大きな原因でカビが発生しているのであれば、その結露がでる根本的な原因を解決する事が大きなポイントです。

結露は気温の温度差が12度以上起きる場合に出る現象であります。

その根本的な温度差という原因をなくしてあげる事がその結露の発生を防ぐ事になります。

その結露が出やすい部分は断熱材を充填してあります、壁の中に起きやすいのです。(外の気温と内部の気温の温度差が一番出る部分です)

今回は天井裏の見える部分のグラスウールのところにカビが出ているようですが、この部分に於いては二つの原因が考えられます。

断熱材の表面という事は屋根側の面だと思いますが、部屋の中の温度と屋根裏の中の温度が断熱材により温度差で断熱材の表面に結露が出てカビになる場合と天井裏に発生した結露が断熱材に落ちてきて、その水分が大量であればなかなか乾燥しなくて、カビが発生する場合。

そして、屋根または外壁からの雨漏りが原因によるカビです。

温度差が原因によるカビ発生であれば、その根本である温度差がでないように改善をしてあげる事が大切であり、断熱材を修復だけでなく、結露がでないように断熱の方法を変えてあげる工法が大事です。(内断熱工法から外断熱工法へ外断熱リフォームなど)

補足

ただ、今回は大工さんが見て屋根裏が通気が良いという風に言っていらっしゃる事に気になるのですが、通気が本当に良いのであれば、結露が出たとしても水分が乾燥していきますので、カビになりにくのですが、それでもカビになっているという事は通気で乾燥できないほど大量に結露が発生している場合(屋根裏や壁の中等)と

屋根から入ってくる雨水または外壁からの雨水が梁を伝わって、横方向からくる雨水が原因の場合もあります。

それが、2Fの屋根裏の梁に伝わってきているのでは? また1Fの天井裏の場合、外壁から入ってきた雨水が横方向から梁や電線を伝わって入ってくる場合がありますので、もしかしてその部分が大丈夫なのかをチェックをされたら良いかと存じます。

根本的な原因が雨漏りであれば、その部分を改善してあげないと解決したとはなりませんので、よくチェックをされたら良いと思います。

建て替えをされなくても充分に問題解決はできます。ただ、直すだけでなく住環境を改善するリフォームでとても快適な住まいになりますので。。。

評価・お礼

mommy さん

詳しいアドバイスをありがとうございました。
建て替えしなくても、問題解決できるとのお言葉、大変励みになりました。

大工さんが通気性がいい、と言っていたのは、2階の屋根裏で、ここは断熱材がありませんでした。

1階の天井裏は、大工さんが入るのが困難なくらいの狭さで、そこにグラスウールが敷き詰められています。ですから通気は悪いのだと思います。

水は、もしかしたら、1階屋根の軒から雨水が入ったかも、と大工さんが言っていました。
それは、売主さんが後付で作ったベランダの屋根が原因らしいです。

とにもかくにも、水の原因特定と、内部結露を根本的に解決できる方法でなければ、ということがわかりました。

こどもの健康を一番に考えていたつもりなのに‥。
カビのことに気づくのが遅すぎました。
このことに、真摯に取り組んでくれるリフォーム業者も探さないと‥。
今回の業者さんと大工さんも一生懸命やってくださっているのですが、「このカビは大したことない。」と思われているようです。
それもあって、主人とはとにかく暮らしてみてから考えよう、ということになりました。

今回のリフォームには予算的にもスケジュール的にも無理なので、
お金を貯めて、次回はなんとかしたい、思っています。

ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム