深澤 熙之(建築プロデューサー)- コラム「住宅の結露の悩み、断熱リフォーム工事後の湿気対策の相談が数多いです」 - 専門家プロファイル

深澤 熙之
SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

深澤 熙之

フカサワ ヒロユキ
( 埼玉県 / 建築プロデューサー )
昭和アルミ株式会社 
Q&A回答への評価:
4.6/42件
お客様の声: 1件
サービス:0件
Q&A:112件
コラム:73件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
昭和アルミSOIV工法:『昭和アルミ独自工法の外断熱2重断熱2重通気外壁リフォーム』劇的に呼吸する外壁に生まれ変わる(※外部サイトへのリンクです)
昭和アルミHP

住宅の結露の悩み、断熱リフォーム工事後の湿気対策の相談が数多いです

- good

昭和アルミ会長日記 会長のひとりごと 2014-11-16 11:42

冬の寒い季節が近づくごとに、住宅の結露・カビなどの悩みや解決方法を求められてのご相談が数多く寄せられてきます。

現在、結露が酷く、何とか解決したいという相談の中で、外壁塗装工事やガルバリウム鋼板金属サイディングやアルミサイディングの外壁リフォーム工事を終了後から住宅の結露が酷くなってしまった、カビがあっちこっちに目につくようになった・・・。

などの相談が年々ごとに数多く増加しております。

やはり、外壁リフォーム終了後にそういった問題を解決するには労力や費用などのコストの負担がかかるケースになりますし、せっかく、外壁リフォーム工事をしたのに、その全てを外して、元から工事をし直さないと大変な状況になってしまいますので、外壁リフォーム工事前に

これから、計画しているまたはされようとしている外壁リフォーム・屋根リフォーム・住宅内装リフォームなどの工事が住宅に悪影響を及ぼす事がないか、考慮された上で、ご判断をされたほうが良いかと存じます。

現在、外壁リフォーム工事施工中の現場の中で、一年前に外壁塗装をした工事内容が原因で雨漏りや結露が発生した住宅もあるのですが、見た目は完璧の工事の仕上げであるがうえ、酷くなってしまったという実例がございますので、

今一度、外壁リフォームや住宅内装リフォームにおける断熱材の設置を計画されている方はその工事の内容が工事後に住宅に対する悪影響がないか、よくよく、慎重に考慮してご判断をされるの事が肝要であると思います。



プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム