平野 雅章(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「実際に中間金を支払うタイミング・比率によって異なります」 - 専門家プロファイル

平野 雅章
住宅ローン・保険・貯蓄の相談で家計を改善する相談のプロFP

平野 雅章

ヒラノ マサアキ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
横浜FP事務所 代表
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:2件
Q&A:2件
コラム:17件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

住宅購入での中間金の支払方法

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/05/27 23:03

土地を購入し建築家に依頼をして家を建てようと思っておりますが分からない点がありまして。

・会社の財形貯蓄を使わず中間資金の融資を銀行にお願いするかどうか

資金は
・頭金1000万弱(住宅財形貯蓄にて金利は年2.37%)
・手元の現金400万円(生活費とは別に住宅購入(諸経費込)に当てられる資金)
      以上、1400万円ございます。

某銀行より主人の勤める会社に対する優遇があり
中間資金の融資が住宅ローンの金利(0.98%くらい)でお貸しいただけるとのこと。
土地の決済は先行してされるので2100万円を7月末から上記金利で開始されます。
住宅財形の金利が年2.37%ととても良いので中間資金等をできる限り
銀行から融資頂いてぎりぎりまで解約は避けた方がいいのかどうか。
中間資金支払がある度に離れた銀行まで主人が行き手続きする手間と
印紙税・事務手数料等が1回42000円かかってくると思います。

ちなみに建築家より一般的な支払いは
                     ↓予算が2500万~3000万なので。
前途金(工事請負契約時):工事費の10%(250~300万)
中間金(建て方完了時) :工事費の30%(700~900万)
  (内装工事完了時):工事費の30%(750~900万)
再集金(竣工検査合格一ヶ月以内) :残金

と聞いております。

銀行側は土地購入時に崩せるので早く財形を崩してできる限り中間資金にあてた方が
良いですよ、と言われました。

いったいどちらが良いのでしょうか?

mykkotakotaさん ( 愛知県 / 女性 / 29歳 )

平野 雅章 専門家

平野 雅章
ファイナンシャルプランナー

2 good

実際に中間金を支払うタイミング・比率によって異なります

2010/05/28 10:33
( 5 .0)

横浜の独立ファイナンシャルプランナーの平野雅章と申します。

ハウスメーカー・工務店によって中間金の支払比率はかなり異なりますので、
実際に支払うタイミング・金額が大体確定した後に初めて、
どのようにしたら良いか判断できます。

mykkotakota様の記載されている条件で考えた場合は、
1.手元の現金で前途金は支払い、
2.財形は中間金(建て方完了時)を払う時に解約し充当、
3.中間資金の融資(つなぎ融資)は中間金(内装工事完了時)だけ受ける
というのが良いと思われます。

つなぎ融資の印紙代・事務手数料等が一回4万円程度掛かるとしたら、
つなぎ融資を受ける回数をなるべく減らし、
且つ財形の解約をなるべく遅らせる上記スケジュールが良いという判断になります。
つなぎ融資と財形の金利差を考えると、財形の解約を延ばした場合の
実質的な利息収入は月あたり1万円程度ですので、中間金(建て方完了時)と
中間金(内装工事完了時)の間が2~3ヶ月程度と仮定した場合です。

実際に中間金を支払うタイミング・金額が大体確定した上で、
あらためて財形の解約時期とつなぎ融資の受け方を考えて下さいね。

ご参考になれば幸いです。

評価・お礼

mykkotakota さん

ご回答ありがとうございます。
確かに手元に現金はありますが
土地で先行融資のローン支払も開始されさらに中間資金も…
となると生活に影響ないか再度確認いたします。
中間資金の期間などを踏まえて、実際の金額等確認して検討してみます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム