平野 雅章(ファイナンシャルプランナー)- コラム「フラット35Sエコ終了と固定金利の住宅ローン選択(2)」 - 専門家プロファイル

平野 雅章
住宅ローン・保険・貯蓄の相談で家計を改善する相談のプロFP

平野 雅章

ヒラノ マサアキ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
横浜FP事務所 代表
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:2件
Q&A:2件
コラム:17件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

フラット35Sエコ終了と固定金利の住宅ローン選択(2)

- good

ライフプラン ライフプラン総合 2012-11-07 08:30

フラット35Sエコの終了などにより、一部の民間金融機関の有利な固定金利商品と比べフラット35が有利といえるケースはかなり限られることになったと、前回の記事で書きました。
しかしながら、固定金利の住宅ローンをどこで借りたらよいかを、不動産会社やマンション販売会社、ファイナンシャルプランナーなどにあなたが尋ねると、フラット35を勧められることも多いと思います。

その理由はいくつかあります。
1つは、その勧めた方がフラット35を取り扱っているモーゲージバンク(住宅ローン専門の金融会社)の代理店業務に携わっていて、そのモーゲージバンクでフラット35をあなたが借りると手数料等が受け取れるというケースです。

もちろん住宅ローンの代理店業務自体は何ら問題がありませんし、お客様にとっても利便性があると言えるでしょう。

でも、他に何十万円、何百万円と総支払額(元金・利息・諸費用の総額)が少なくなる住宅ローンがあるとしたら・・・
その情報は知りたいですよね。あなたが固定金利の住宅ローンを借りようと考えているのであれば、フラット35以外に、「フラット35Sエコ終了と固定金利の住宅ローン選択(1)」の記事で書いたような金融機関でも総支払額を試算してもらいましょう。

私個人としては、保険商品や金融商品も含め代理店業務により受け取れる手数料がある場合は、商品を紹介する際に手数料を開示するというルールが日本でも法制化されるとよいのではと思っています。提供する情報にバイアスがかかっていないかを、お客様が判断する助けになると考えるからです。

さて、フラット35を勧められることも多いのには、他にも理由があります。他の理由は次回の記事で。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム