平野 雅章(ファイナンシャルプランナー)- コラム「学資保険代わりに低解約返戻金型保険を活用するデメリット」 - 専門家プロファイル

平野 雅章
住宅ローン・保険・貯蓄の相談で家計を改善する相談のプロFP

平野 雅章

ヒラノ マサアキ
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
横浜FP事務所 代表
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:2件
Q&A:2件
コラム:17件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

学資保険代わりに低解約返戻金型保険を活用するデメリット

- good

保険 学資保険 2010-11-07 12:56

この記事では、学資保険の代わりに”低解約返戻金型終身保険”や低解約返戻金型定期保険”を使うという考え方のデメリットについて書きます。

 

まず一番大きなデメリットは、利回りが長期固定になることです。

低金利の今であれば、年利回り換算で約0.87%程度で金額次第では税金が掛からないとなれば、結構良いのではと思えますが、10数年間の金利が固定されるのですから、市場の金利が上昇してくればたちまち不利になる可能性もあります。低金利のタイミングでは、運用商品は短期の固定金利か変動金利を選ぶのが原則です。(住宅ローンとは逆ですね。)

もう1つは、解約時の問題です。

こうした商品では保険料の払込期間(最低でも10年間以上の設定)が終了しないと、解約返戻金が払込保険料を上回ることはありません。払込期間終了までは通常の7割程度の解約返戻金になってしまい、この期間に解約すると受け取れる解約返戻金は、加入期間によりますが払込保険料に対し60%から75%程度が多いです。つまり、何かあって急にお金が必要になり、予定より早く解約すると大きく損をする訳です。

この2つからわかるのは、加入するならばあまり多い金額にしない方が良いということ!

”低解約返戻金型終身保険”や低解約返戻金型定期保険”で学費の全てを貯めようとしないで、他の短期固定金利の商品や変動金利の商品とも組合せ、将来金利が上昇する時があれば乗り移れるようにしておくこと、そして予想外の出費があっても解約しないで済む程度の額にしておくことが大切です。金額はそこそこにしておくという前提であれば、金利の上昇がまだ見えない現状では「消極的な選択」としてこうした商品で一部分の学費を貯めるのは選択肢と考えます。

カテゴリ 「保険」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 実務家FPによる生命保険の見直し相談

割安なのに安心できる生命保険・医療保険プラン作り

料金
2,839円

多くの家庭では生命保険料を半減できると言ったら驚きますか?必要な保障は、時間の経過と家族状況の変化により変わります。また、生命保険は収入保障保険など新しいタイプが登場し、適切な保障を割安な保険料で得やすくなっています。本当に必要な保障の種類・金額を明確にし、適切なタイプの保険を選ぶことで、安心して保険料を削減できます。

実務家FPによる生命保険の見直し相談
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム