東島 鋭(建築家)- Q&A回答「開口部の構造及び面積制限等の検討も必要になります。」 - 専門家プロファイル

東島 鋭
【賢い子どもが育つ家】

東島 鋭

ヒガシジマ サトシ
( 大阪府 / 建築家 )
一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 
Q&A回答への評価:
4.8/21件
サービス:2件
Q&A:23件
コラム:19件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

準防火地域の木造3階建ての防火対策について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/03/29 22:09

こんにちは。
準防火地域で狭小の木造3階建てを検討しています。

現在のブランでは2階、3階にコーナー出窓を設置し
コーナーの柱は構造上外せないので、コーナー出窓の
中に化粧柱として残します。

そこで質問ですが、このコーナーの化粧柱は、
法律上、防火被覆が必要でしょうか?

法令を調べた限りでは、この柱は12cm以上の小径があれば、
防火被覆は必要ないと思われるのですが、いかがでしょうか?

小径12cmの柱に、更に1.5cm前後の被覆を貼るとなると
コストが掛かると同時に、外観上大きなマイナスとなるため
法律上の必要性がなければ避けたいと思っています。

ご助言を宜しくお願いいたします。

tachoufuさん ( 東京都 / 男性 / 48歳 )

開口部の構造及び面積制限等の検討も必要になります。

2011/03/30 10:59
( 5 .0)

準防火狭小地の木造3階建は

規制をクリアするだけでも大変ですが頑張ってください。


まず、準耐火建築物とするか木3仕様(建築基準法施行令136の2,S62建告1903~)

とするか、いずれかで防火規制をクリアすることになります。


柱の小径を12cm以上とすればよいというのは木3仕様の規定だと思います。

木3仕様の場合、開口部の構造及び面積制限等をクリアしなければいけませんので

併せて検討する必要があります。


少しでも参考にしていただければ幸いです。

東島 鋭

評価・お礼

tachoufu さん

2011/03/30 21:36

建築の法令は建令、建告が迷路のようですね。
法令を整理しないと答えに辿りつけません。
開口部の制限はかなり厳しいので。
準耐火と木3でどちらがメリットがあるかで
検討したいと思います。
大変勉強になりました。ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真