東島 鋭(建築家)- Q&A回答「外壁の通気層は18mmとしています。」 - 専門家プロファイル

東島 鋭
【賢い子どもが育つ家】

東島 鋭

ヒガシジマ サトシ
( 大阪府 / 建築家 )
一級建築士事務所 東島鋭建築設計工房 
Q&A回答への評価:
4.8/21件
サービス:2件
Q&A:23件
コラム:19件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
06-6928-5001
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

通気層について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2011/03/16 12:03

現在新居を設計中で外壁の通気層厚さですが、設計士が言うには、20mm前後の厚みで考えているらしいのですが、私の目指している外壁は〇ーサ〇ーレと同じ仕様で、内壁から石膏ボード(12.5mm)→防湿シート(1.0mm)→発泡ウレタン断熱(80mm)→透湿構造用合板(9.0mm)→透湿防水遮熱シート(1.0mm)→通気層(75mm)窯業系サイディング(14.0mm)→ガルバリウム鋼板(0.4mm)で75mmを伝えたところ、対流が起きるとかで、よい返事をもらえません。
通気層は壁内部の結露を飛ばす為の空気の通り道と認識しているのですが、そこそこの厚みが必要では、ないのでしょうか?

technoさん ( 兵庫県 / 男性 / 43歳 )

外壁の通気層は18mmとしています。

2011/03/16 13:41

通気層を設ける目的は、壁内に進入した湿気の放出と

外壁材の裏側に回った雨水の処理によって、

柱や梁などの構造躯体の耐久性を高めるためです。

通気層の厚みが10mmを超えればその役目を果たすというデータもあるようです。


私の場合、外壁の通気層は18mmとしています。

通気層内の空気の流れは通常下から上へと考えていますが、

実際は、風などの影響を受け空気の動きは変動します。


まずは壁内に湿気を入れないことが肝心ですので、

室内側の防湿シートの施工をきっちり行うことも

併せてご留意ください。


少しでも参考にしていただければ幸いです。

東島 鋭

補足

現場発泡硬質ウレタンについて・・・

現在住宅に使用されている現場発泡硬質ウレタンには主に次の2種類があります。

・A種3 特徴:高発砲倍率、連続気泡
・A種1 特徴:低発砲倍率、独立気泡

A種3を用いる場合、繊維系断熱材と同様に防湿シートは必須です。
メーカー仕様でも指定されていますのできっちり施工してもらってください。

A種1は一般的に防湿シートは不要だと理解されていますが、
内部結露が発生しないとする主な理由は、壁内部の空気層及びウレタン表面の温度が
室温と比較して露点温度ほど低くならないというものです。
ただ、壁内部には断熱できずに熱架橋となる柱などの構造部材がありますし、
暖房により暖められかつ湿気を多く含んだ空気が、暖房されていない部屋の
壁内部に侵入した場合結露の発生が考えられます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真