川尻 秀道(MBA留学と起業のプロ)- コラム「ミルクボーイ漫才ネタ「MBA」を作ってみました。」 - 専門家プロファイル

川尻 秀道
留学・起業を目指す全ての会社員の夢を叶える専門家

川尻 秀道

カワジリ ヒデミチ
( 東京都 / MBA留学と起業のプロ )
ラウンジグループ株式会社 代表取締役兼CEO
Q&A回答への評価:
5.0/6件
サービス:0件
Q&A:9件
コラム:130件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ミルクボーイ漫才ネタ「MBA」を作ってみました。

- good

2020-03-10 17:00

昨年のM1グランプリで一躍有名になった漫才コンビ、ミルクボーイをご存じですか?そのミルクボーイ風に「MBA」のネタを作ってみました。

これを先日メルマガで配信したところ大好評でしたので、今回ブログとして転記します。

私が一人で作ったので大阪弁が怪しいかもしれません。

そもそもネタがつまらないかもしれません。(素人が作ったのでご勘弁くださいね。。)

でも、MBAについて少しでも分かって頂ければ、と思いスベるリスクを負って作ってみました。

何でも挑戦してみることが大切です。

※ミルクボーイという漫才コンビを知らない人は、動画などでミルクボーイの漫才を観てから読んでもらうと分かりやすいと思います。

渾身の作はこちら↓


A・B「どうもミルクボーイです。お願いします。」


A「うちのおかんがね、通いたいプログラムがあるらしいんやけどその名前を忘れたらしいねん。」


B「自分が通いたいプログラム忘れてまうってどうなってんねん。」


A「いろいろ聞くんやけどな、全然わからへんねん。」


B「ほんだら俺がね、おかんが通いたいプログラムを一緒に考えてあげるから、どんな特徴言うてたかとか教えてみてよ。」


A「大学院の学位で、ビジネスのほぼすべての分野を学べるプログラムで、社会人を中心に人気やって言うてた。」


B「それはMBAやないかい。その特徴はもうMBAやがな。すぐわかったよこんなもん。」


A「俺もMBAやと思てんけどな、おかんが言うには、10万円で通えるらしいねん。」


B「ほなMBAと違うか。MBAが10万円で通えるわけないもんね。MBAはね、お金持ってる社会人の足元を見ているのかっていうくらい学費が高いんやから。
私費留学生にいたってはやね、「昭和の大学生か」ってくらい現地で貧乏生活しているんやから。ほなMBAちゃうがなそれ。もうちょっと詳しく教えてくれる?」


A「みんなランキングが気になるらしい。」


B「MBAやないかい!MBAランキングは業界全体が気にしているんやから。あれはね、ランキングを付けたらみんなが注目するっていう人間心理を利用してんねん。本当は自分のフィットしているスクールを選ぶべきなのに、ランキングで選んで失敗している人は山ほどおるんやから。MBAに決まりやん。」


A「わかれへんねん、でも。」


B「何が分かれへんねん。」


A「俺もMBAやと思てんけどな、おかんが言うには、GMATのスコアが全てらしいねん。」


B「ほな、MBAちゃうやないかい!GMATは審査基準の一つにすぎんのよ。人間の本質なんて数字で評価なんて出来へんからね。GMATが注目されるのは、各業者がマーケティングで利用しやすいからやって踏んでんねん。オレの目は騙されへんからね。他になんか言うてなかった?」


A「挑戦してみて絶対後悔しないらしいねん。」


B「MBAやないか!MBA後に希望のキャリアアップができる保証はないんやけれども、どんな道に進もうと後悔することはないねん。MBA直後の就職はうまくいかなくても、その後何度か転職を繰り返して最終的には自分のやりたい仕事に就けるようになってんのよ。MBAってそういうもんやから。MBAに決まりや!」


A「わかれんへんねん。」


B「なんでわかれへんのそれで。」


A「俺もMBAや思てんけどな、おかんが言うには、そのプログラムを修了したら、必ずエリートビジネスパーソンになれるらしいねん。」


B「ほなMBAちゃうやないか!エリートにはね、MBAの有無は関係ないの。エリートになれる人はMBAなくてもなれるし、なれない人はMBAあってもなれないの。MBAちゃうがな。もうちょっとなんか言ってなかったか?」


A「学校説明会やイベントのほとんどが東京でやるらしい。」


B「MBAや!MBA出願準備でいうと、地方在住者は完全に置いてきぼりなんやから。もう!MBAやん絶対!」


A「わからへんねん、でも。」


B「なんでわからへんのこれで。」


A「おかんが言うには、そのプログラムに通うと将来の結婚相手に出会えるらしいねん。」


B「ほなMBAちゃうやないかい!MBAは忙しすぎて恋愛なんかしている暇ないの。みんな課題におわれて鬼のように学業に打ち込んでるんやから。
美人のクラスメートをデートに誘おうものなら、「みんなで行きましょう。」と言われてグループ会食になっちゃうのがオチよ。MBAってそういうもんやから。MBAちゃうやないか。もうちょっとなんか言ってなかったか?」


A「出願サポートを依頼するなら絶対にMBA Loungeがいいらしいねん。」


B「MBAやないか!MBA Loungeはね、「笑顔」「優しさ」「親身な相談」「即レス」「圧倒的な専門知識」の5つの売りにしているMBA受験生の味方。緊急の相談なら夜中の1時にLINEしても即レスくるんやから。
ビジネススクールとの関係も強固で、MBA Loungeの受講生さんは一部のスクールからの信頼度も厚いって話よ。そしてね、今年だけでも既に「クリニックばんぶう」や月刊企業情報誌「CENTURY」などの雑誌取材で「都内で注目の企業特集」として、女優の佐藤藍子さんとMBA Loungeの川尻さんが対談したらしいねん。MBAに決まりや!」


A「でもわからへんねん。」


B「わからへんことない!おかんの通いたいプログラムはMBA!」


A「おかんがいうにはMBAではないっていうてた。」


B「ほなMBAちゃうやないか!おかんがMBAではないと言えばMBAちゃうがな!」


A「そうやねん。」


B「先言えよ!俺がMBA Loungeについて語ってるときどう思てたん?」


A「申し訳ないなと思って。」


B「ほんまにわかれへんがな、それどうなってんねん。」


A「おとんがいうには、色彩検定対策講座ちゃうかって。」

B「いや、絶対ちゃうやろ!もうええわ。どうもありがとうございました。」


プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム