川尻 秀道(大学・大学院留学アドバイザー)- コラム「将来絶対に役立つネットワークを形成する方法とは?」 - 専門家プロファイル

川尻 秀道
大学・大学院留学を目指す全ての人の夢を叶える専門家

川尻 秀道

カワジリ ヒデミチ
( 東京都 / 大学・大学院留学アドバイザー )
MBA Lounge 
Q&A回答への評価:
5.0/6件
サービス:0件
Q&A:9件
コラム:123件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

将来絶対に役立つネットワークを形成する方法とは?

- good

2018-06-04 01:00


大学・大学院留学でビジネスを学ぶの大のメリットは、ネットワークを形成できることだ、とよく言われます。


しかし、当然のことながらネットワークがあればキャリアで確実に成功できる訳ではありません。


中には、政治家や弁護士、業界の著名人と仲が良いことをしきりにアピールする人もいますが、彼らとネットワークを持っていたからといって、自身のキャリアや事業が右肩あがりで成長するということはありません。仮にそうだったとしても、それは継続的に続くとは考えにくいものです。


高い学費を払っていくら海外の学位を取得しても、将来役立つネットワークを形成できなければ、その費用対効果は疑問です。


では、留学生が将来役に立つネットワークをどうやって形成するか。


そもそもネットワーク形成の対象は、地位の高い人や著名人だけではありません。業界の実力者だけでもありません。どうやって適切なネットワーク形成をするのかを考える前に、2つの種類があることを理解しましょう。この2つの違いをしっかりと区別した上でネットワーク形成の方法を戦略的に模索していくことが大切なのです。


■「資源」を入手するためのネットワーク



留学で知り合った人と何か一緒にビジネスを始めよう、と考える人も多いのではないでしょうか。または、お互い別々の企業で働いたあとも連絡を取り合い、何か仕事を依頼したり、人を紹介してもらったりすることを期待している人もいるかと思います。そのようなネットワークはすべて「資源」を入手するためのネットワークです。


アプローチの対象者は、
・自分に似た人、
・同業界または近い業界の人
・権力・地位・影響力を持った人


おそらく多くの人が「ネットワーク形成」といって頭に浮かぶのが、多くの人にとって、このタイプではないでしょう。特に独立して新しく事業をやりたいと考える人は、このタイプのネットワークのみを考えているケースが多いです。

業界内の交流会やイベントなどを通じてこのタイプのネットワークは徐々に形成されていきます。



■「アイデア」を入手するためのネットワーク



新しい視点や考え方を持つために、自分とは違うタイプの人たちとのネットワークを指します。


アプローチの対象者は、
・自分と違うバックグランドを持った人
・自分の専門外の知識をもった人
・世代の異なる年代の人や異性


特にイノベーティブな考え方を形成するには、このタイプのネットワークは必須です。しかしながらこれを重視するビジネスマンは非常に少ないのが現状です。学生時代はこのようなネットワーク形成に努めようとします。でも、卒業後にいざ働きだすと、忙しいのを理由に、「アイデア」を入手するためのネットワーク形成を怠けてしまいがちです。


どうやらこのようなネットワークを重要視しない人は、自分と違うバックグランドを持った人や知識をもった人たちと出会っても、「彼らと付き合っても自社の利益には繋がらない。」と考えてしまうからです。


それが企業のいち担当者であったなら大きな問題にはなりませんが、会社のトップを目指すマネージャーや経営者であったのならそれは致命的です。自社にイノベーティブな発想やアイデアを持ち込む機会を損失していることはほぼ間違いありません。実際に多くのアイデアは社外、業界外からのアイデアによって得ることができるんです。


ビジネスでの大学・大学院留学でネットワークを形成しようとするならば、「資源」」を入手するためのネットワークだけではなく、是非「アイデア」を入手するためのネットワークにも注意を払い、学位取得後もそれを継続させていくことが大切です。


■まとめ


人脈作り(ネットワーク作り)には2つの種類があります。


1.「資源」を入手するためのネットワーク形成は、自分に似た人、同業界または近い業界の人、権力・地位・影響力を持った人などをアプローチの対象として主に業界の交流会などで形成することができます。これを人脈形成のすべてだと勘違いしている人は多いです。


2.「アイデア」を入手するためのネットワーク形成は、自分と違うバックグランドを持った人、自分の専門外の知識をもった人、、世代の異なる年代の人や異性などをアプローチの対象として主に大学の同窓会や異業種交流会などで形成することができます。


「アイデア」を入手するためのネットワーク形成は、イノベーティブな発想や考え方を会社に持ち込むためには非常に重要で、経営者には必須です。



プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム