山本 雅暁(経営コンサルタント)- Q&A回答「営業代行サービスをうまく活用する事は可能です」 - 専門家プロファイル

山本 雅暁
起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

山本 雅暁

ヤマモト マサアキ
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
Q&A回答への評価:
4.7/11件
サービス:0件
Q&A:54件
コラム:412件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

営業代行サービスが上手く活用できるケースとは?

法人・ビジネス 営業 2008/11/27 13:00

弊社では日用雑貨の企画・製造をしております。定期的に卸屋小売り向けにキャンペーンを行っており、年に数回営業部に対する負荷が増大する時期があります。不定期に需要が増す営業活動のため、営業代行サービスを活用しようと思っているのですが、この使い方は正しいのでしょうか?また、営業代行サービスというものは、日頃の営業活動その物をアウトソースする事も可能なのでしょうか?営業代行の活用シーンを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

山本 雅暁 専門家

山本 雅暁
経営コンサルタント

- good

営業代行サービスをうまく活用する事は可能です

2009/02/02 06:42

ご相談者、

おはようございます。山本 雅暁です。

本件について以下の通り回答致します。

1.結論から申し上げますと、御社がある時期に限定して、卸屋小売り向けに対する営業代行を委託することは可能です。

委託期間は、営業代行会社との契約により、1ヶ月から3か月程度の短期間で設定できます。

2.営業代行の内容は、顧客のニーズに合わせて、マーケティングや宣伝広告の業務のみの代行、それらの業務に加えて、日用雑貨品の受注、納入、伝票処理、卸屋小売り向けからの問合せ対応やクレーム処理など、御社の営業マンが行っている日常業務のアウトソーシングも可能です。

営業代行会社との契約次第では、新規顧客(卸屋小売り)の開拓も依頼できます。

3.良い商品やサービスの企画・開発能力はあるが、会社設立後の時間が短く営業力が弱い会社は、その分野の営業に強い代行会社に“営業自体”を委託することがあります。

4.営業代行会社をどう活用するかは、御社の計画によります。
費用対効果も含めて、御社にとってベストな形で営業代行を活用する為の事業計画作成をお勧めします。

(1)事業計画で営業代行の活用を選んだとの前提で、考慮すべき点について述べます。

(2)日用雑貨品の分野の営業に強い代行会社を慎重に選ぶ必要があります。宣伝文句は立派でも、実体が伴わない代行会社が見受けられます。

(3)営業行為を第三者に委託するのですから、御社の商品企画、製造のサイクルに市場・顧客ニーズやクレームなどの声がスムーズに反映される仕組みを意識して作る必要があります。
代行会社は、これらの事を確実に実行できるところを選びます。

(4)代行会社との契約は、上記の点を十分検討し、明確化した上で結びます。

上記説明がご相談者のお役に立てれば幸いです。
ご質問があれば、何時でもご連絡願います。

よろしくお願い致します

以上、


山本 雅暁
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイサー GBM&A

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム