山本 雅暁(経営コンサルタント)- コラム「5.秘密情報の保管・管理方法 [NDAの扱い]」 - 専門家プロファイル

山本 雅暁
起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

山本 雅暁

ヤマモト マサアキ
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
Q&A回答への評価:
4.7/11件
サービス:0件
Q&A:54件
コラム:354件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

5.秘密情報の保管・管理方法 [NDAの扱い]

- good

情報・知識 事業者側からみた機密保持契約(NDA)の扱い 2018-08-21 11:48

今回は、5.秘密情報の保管・管理方法 について述べます。

◆保管方法の基本

5-1.秘密情報を見れる・アクセス出来る人たちを明確化・確定します。
⇒NDA締結後に本契約に従って相手より開示される秘密情報に接することが出来る人たちをリストアップした表を作成します。
この表には、以下の項目を盛り込んだものとして作成し、機密情報の関連事項を一覧にしてまとめておきます。

この表を見れば、秘密情報の扱いに関する全容をわかるようにしてしておきます。
A.NDAの締結日と秘密情報の開示期間
B.開示される情報の内容
C.秘密度;「特秘」、「秘」など
D.相手先の秘密情報のやり取り窓口
E.自社の秘密情報のやり取り窓口
F.自社で秘密情報を見れる人たちの氏名;必要に応じて「特秘」、「秘」で当該情報を見れる人を区分します。

5-2.受け取った秘密情報の内容を明確化します。
これについても、受け取る情報の扱いに関する項目を表の形にしてわかるようにしておきます。

例えば、以下の項目を入れておきます。
AからCは、上記5-1項と同じです。
D.自社の情報管理責任者
E.秘密情報の受領日
F.秘密情報のタイトルや内容
G.秘密情報の開示者・受領者

5-3.受領した秘密情報の回覧・閲覧・使用・コピー作成の記録をとっておきます。
秘密情報の回覧・閲覧・使用した時の担当者氏名、当該情報の内容、実施日について台帳の形で残しておきます。
コピーは、基本的に作成しない方が望ましいのですが、もし作成する場合、
コピー作成者、時期、作成枚数、使用目的等を記述した記録を取っておきます。
5-4.秘密情報の保管方法
⇒文書情報は、管理責任者が施錠管理できる金庫やキャビネットにて保管します。
⇒電子情報は、サーバー内にてアクセス出来る人たちを制限した形で管理します。

今回はここまでとします。

よろしくお願いいたします。
 

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム