舟生 貴史(税理士)- Q&A回答「所得税の配偶者控除を受けるために。」 - 専門家プロファイル

舟生 貴史
資産税に強い若手税理士

舟生 貴史

フニュウ タカシ
( 東京都 / 税理士 )
舟生貴史税理士事務所 税理士
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:4件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-6264-7111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

扶養内の金額について

マネー 税金 2012/03/14 21:36

こんにちは。はじめまして。

小学生、中学生の子ども3人の母です。
現在扶養内パートで働いています。
4月から契約期間が終わるため、新しい職場に行こうと考えています。

その仕事とは別に、町の体育指導員を4月からすることになり、年間約6万円~8万円収入があるようです。
他にも、小学校の運営協議会委員というものをしており、町から8千円程度の収入があります。

これをすべて新しい勤務先に言って、扶養内にしてほしいということが、必ず必要でしょうか?

週3日~4日働くだけなので相手先に嫌がられないのか、
新しく面接を受けるときに不利にならないでしょうか?

よろしくお願いします。

さとゆりさん ( 福岡県 / 女性 / 45歳 )

所得税の配偶者控除を受けるために。

2012/03/16 17:11
( 4 .0)

初めまして。税理士の舟生(フニュウ)と申します。

現在は扶養内ということは、ご主人の所得税の配偶者控除を受けられている。また、上記の質問の収入が全て給与所得であることを前提にして回答しますね。(他には雑所得になる場合も想定できますが、ここでは割愛します。)


所得税の配偶者控除は給与収入の場合には103万となっております。
103万-65万(給与所得控除額)で38万円以下となり扶養になります。


この給与の総額を103万以内に収めたいのであれば、103万円から上記の他の収入を控除した金額を求めればよいと思います。
つまり、103万-(8万+0.8万)=94.2万。

新しい勤務先には夫の控除対象配偶者(扶養)になりたいので、年間90万以下くらいになるように働きたいのですが。と伝えればよろしいかと思います。


参考になれば幸いです。

評価・お礼

さとゆり さん

2012/03/17 15:57

ありがとうございました。
とても参考になりました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A