辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「医療保険について」 - 専門家プロファイル

辻畑 憲男
住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

辻畑 憲男

ツジハタ ノリオ
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション 
Q&A回答への評価:
4.2/1,022件
サービス:7件
Q&A:2,562件
コラム:315件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

引受緩和型保険の短期払

マネー 生命保険・医療保険 2016/06/22 07:38

35歳、主婦、持病ありです。子供は1歳。夫と3人です。

完治しない病気なので、引受基準緩和型の医療保険を検討しています。
加入するなら、終身で、なおかつ支払い総額が安くなるようにしたいのですが、希望の内容のものが、(3大疾病入院延長(ですが、がん、心筋梗塞、脳卒中に限る)、先進医療は終身)10年か終身しかなく、月9000円程でやむ終えず10年を選択しようか迷っています。支払い総額は100万ほどです。
60歳払済みを選択できる商品の方が、月掛け金が3000円ほどなので、いいのですが、3大疾病入院延長がありません。こちらの総額は90万程。
10年で100万円というのが、家計で住宅ローンもあるので、気になるところです。

他には、がん共済に加入してます。(日額5000円、一時金あり。)生命保険はこれからです。
3大疾病入院延長は、あきらめて、予算を終身保険に回すべきか 迷っております。

お金の使い道として、ご意見をよろしくお願いします。

エリmlさん ( 京都府 / 女性 / 36歳 )

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険について

2016/06/22 10:26
( 5 .0)

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険料の支払いはインフレリスクを考えると終身払いでもいいのではないでしょうか。
インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。
今後物価が上昇し、差額ベット代などが上昇しても医療保険の入院給付金などの金額はかわりません。そうすると物価が上昇するといざ入院するときにもっと多くのお金を準備しておかないとなりません。
短期払いですと保険料の先払いになるために終身払いよりもリスクが高くなります。
保険は長期です。インフレリスクを考慮いれ検討してみてください。

評価・お礼

エリml さん

2016/06/22 11:09

早速のご回答をいただき、ありがとうございます。
経済のことをあまり考えておらず、違う視点でアドバイスを頂き感謝いたします。
私は、持病があることもあり、いつか医療保険に入れなくなるのではという不安もつきまといます。
掛け金は、安く、長期(最短でも60歳)くらいにして、払い込みを急がない分を物価上昇に備えて、貯蓄をしようかなとも思いました。貯蓄か、別の保険かを勉強して検討します。
まことにありがとうございます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム