大園 エリカ(クラシックバレエ教師・振付家)- Q&A回答「心にゆとりがなくなるダイエットは必要ないのです」 - 専門家プロファイル

大園 エリカ
natural & elegance

大園 エリカ

オオソノ エリカ
( 東京都 / クラシックバレエ教師・振付家 )
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
Q&A回答への評価:
4.1/113件
サービス:0件
Q&A:225件
コラム:944件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

停滞期

美容・ファッション ダイエット 2017/07/21 23:39

幼少の頃から肥満です。過去に何度も大幅減量~リバウドを繰り返しています。最高体重86㎏最低が産前の体重57㎏です。現在産後1年4ヶ月で、断乳が済み、2ヶ月前に70.8㎏からダイエットを開始。現在62.6㎏です。1日1万歩をせっせと歩き、糖質を控えつつカロリー計算をして1日1400カロリーに抑えています。尚且つ栄養不足にならないようアプリを使用しサプリ等で補い軽い筋トレやストレッチ、半身浴等も取り入れています。
しかし63㎏で停滞し体重が中々動かず間もなく1ヶ月が過ぎようとしています。目標は52㎏です。何をしたら痩せるのかわかりません。心が折れそうです。助けて下さい。

achamamaさん

大園 エリカ 専門家

大園 エリカ
ダンスインストラクター

- good

心にゆとりがなくなるダイエットは必要ないのです

2017/07/22 01:43
( 5 .0)

幼少の頃からの肥満体質という事は、脂肪細胞が多い体質という事が考えられますので、痩せづらい体質をご自分の個性として謙虚に受け入れるという事も、心の健康の為に必要ではないかと私は思います。

心にゆとりがなくなるダイエットになるならば、どんなに痩せても心は常に「太る事への恐怖」が付き纏いますし、又「痩せない事への焦燥感と苛立ち」や「決めた通りにできない自分」というものに年中苛まれ続ける事にもなり、決して幸せとは言えないからです。

achamamaさんは、今までご自分でやれる事は全て試して努力されて来た様に私はお見受け致しますので、もうそれ以上ご自分を虐める必要はない様に私は感じます。
今の自分を基準として「痩せたらラッキー」くらいに思って余裕を持ってダイエットを楽しむ様な工夫を考えられた方が心の健康に良いと私は思います。何故なら太っても痩せてもachamamaさんはachamamaさんだからです。

ダイエットというものには落とし穴も多いのです。
心が頑なになると痩せづらい体質になりますので、自分をリラックスさせる様なエクササイズなどを取り入れられたら良いのかもしれません。

心と体と呼吸は密接に繋がっていますので、今までと全く違うアプローチとしてピラティスやヨガなどから呼吸法等を学ばれるのも良いかもしれませんね。

評価・お礼

achamama さん

2017/07/22 07:03

ご回答ありがとうございました。
自分の決めた通りに出来ないときに、すごいストレスを感じ、最近は本当に心に余裕のない日々を送っていました。今の自分を受け入れることも必要ですね。以前からヨガに興味があったのでそちらも試してみようと思います(^^)

大園 エリカ

2017/07/22 09:14

何事も考え方に幅を持たせて、どの様なコンディションになろうと臨機応変に大らかな気持ちで楽しみながら取り組まれると良いと思います。

心も身体も生活する状況も、絶えず変化するのが自然の摂理であり、常に自分で思い描いた様に完璧に計画通りには行かないというのが現実です。もし計画通りに行ったとしても、そこに無理や我慢が伴えば、それはいつか必ず反動という形で逆襲されるというバランスがあるのです。

努力家で真面目な方がダイエットに取り組むと、無意識に年中「理想通りに行かない自分」を責めてしまう心が同時に生まれてしまうという落とし穴があります。それは大変苦しいものなので、そこから摂食障害という心の病に繋がって行ったりするケースも多いのです。

「自分は何の為にダイエットするのか?」という事を、今一度見直されてみるのも良いかもしれませんね。ダイエットの専門家と言われる方達でも、そうした人間の裏に潜む心理に目を向ける知性的な方は案外少なく、

自分にも他人にも良かれと思い込んで、無意識に悪気無く多くの方に苦しみを与えてしまっている事に気付いておられない方達も大変多く、又専門家自らそうした病的な苦しい心を隠し持って苦しんでおられるケースも実は大変多いのです。

ですので私は「体質も体型も自分らしさとしての個性」として受け入れる事で「ダイエットなど必要無い自分が心地好くなる生活」というものを最終的に目指して頂きたいですし、ダイエットをされる場合も「ゲーム感覚で楽しむダイエット」として、日常に自然な形で無理なく取り入れて頂きたいと思っている一人です。

太っていても痩せていても、何も変わらないご自分の本質を大事にされて下さいね。
お返事と評価をありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム