運営 事務局(編集部)- Q&A回答「木造住宅の耐久性」 - 専門家プロファイル

運営 事務局
登録している専門家やQ&Aやコラムといったコンテンツをご紹介

運営 事務局

ウンエイ ジムキョク
( 東京都 / 編集部 )
専門家プロファイル 
Q&A回答への評価:
4.6/4,392件
サービス:1件
Q&A:13,514件
コラム:6件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-6869-6825
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

木造住宅の耐久性

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2009/04/27 00:42

築21年目の一軒家のリフォームを検討中です。
今しっかりとしたリフォームをして、一生この家で過ごすつもりでおります。
そこで心配していますのが、私が平均寿命の85歳までを考えるとあと45年ありますので、耐久性を考えると新築したほうが良いのか迷ってしまいました。
いろいろな状況で違ってくるとは思いますが、一般的に木造住宅の耐久年数は何年くらいと考えればよいのでしょうか?

のーたんママ1さん ( 茨城県 / 女性 / 39歳 )

木造住宅の耐久性

2009/04/29 08:55

のーたんママ1様、はじめまして。
私の所見を述べさせて頂きます。
国連の「住宅統計調査」によりますと、住宅の平均寿命は、日本30年、アメリカ96年、イギリス141年だそうですが、住宅の寿命を延ばすことは、環境への負荷を減らすことに繋がります。ですから、築25年の住宅をリフォームして住宅の寿命を伸ばしていくことは、とても良いことだと思っています。と、「築25年 中古住宅」で書きました。
http://profile.allabout.co.jp/fs/blissfulday-hata/qa/detail/31125
建売住宅・注文住宅・ハウスメーカーが建てたのかで、建物の内容が違ってきます。
問題は、主要構造部の耐久性ですね。主要構造部は建築物の重要な役割を果たしている部分のことですが、建築基準法2条5号では、主要構造部とは「壁・柱・床・はり・屋根・階段」であると定義されています。
木造軸組工法(在来工法)を例にした場合、ハウスメーカー・建売住宅は、主要構造部に集成材を使用している場合が多いので、25〜30年程度の寿命だと思います。また、近年「使ってはいけない木材」の集成材を主要構造部に使用しているので、20年程度の寿命ではないかと思われます。新築住宅として、割安感がある建物は、耐久性に問題があるだろうと思います。
伝統的な木造軸組工法であれば、(天然乾燥された無垢材を主要構造部に使用している)築100年・200年に至る、寿命のある住宅は現存しています。但し、人工乾燥させた無垢材は、木が呼吸しませんので、耐久性はかなり落ちるだろうと思います。
シロアリ、腐食等の問題は、木造軸組工法の場合、無垢材を使用しているのであれば、取替えも可能です。
私の所見が、のーたんママ1様の参考になれれば幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム