山本 豊(院長)- コラム「鼻尖形成術(団子鼻手術)で、パロットノーズ(ポーリービーク)変形??」 - 専門家プロファイル

山本 豊
「もう治せない」と諦めてしまう前に、ご相談ください

山本 豊

ヤマモト ユタカ
( 東京都 / 院長 )
新宿山本クリニック 
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:343件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
山本クリニックの無料相談メールページです(※外部サイトへのリンクです)
メール相談

鼻尖形成術(団子鼻手術)で、パロットノーズ(ポーリービーク)変形??

- good

2021-02-16 14:57

まずこのお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

最近は、患者さんも詳しくなっていて、『鼻尖形成術(団子鼻手術)をすると、パロットノーズ(ポーリービーク)変形するってネットに書いてあったんですけど』というようなことをおっしゃる方にお会いする事も珍しくなくなってきました。

 

パロットノーズ(ポーリービーク)変形とは、正面からみた時は普通でも、横から見た時に鼻がオウムのくちばしのように見えるように、持ち上がった感じの状態のことです。

 

これは、左右の鼻翼軟骨を単純に強く縫い合わせると起こる現象だと思います。

 

この欠点に気が付き、私は、2002年に『鼻翼軟骨を角度をつけながら曲げる』という術式を考案しました。

 

当院オリジナルと言いたいところですが、ニューヨークで見た手術に改良を加えただけなので『アレンジ手術』だと思っています。

 

とはいえ、患者さん側からすると、術後に腫れると、『パロットノーズ(ポーリービーク)変形になっている!!』という問い合わせを受けることもあります。

 

今回は、術後に腫れて、パロットノーズ(ポーリービーク)変形になっているかのような状態をお見せしますので、ご参考にして頂きたいと思います。

 

いかがでしょうか?このような状態は、術後に腫れると、『日常的に』見る現象ですので、ご心配される必要はないと思います。

 

いつも同じような事ばかりを書きますが、担当される先生がどのような手術をされるのかを知ることは非常に重要です。

 

術後のこうした変化についても、熟知した上で手術を受けていただければ幸いです。

 

ちなみに、この方の術前、術後の変化に関しては、私のコラム『美容外科話』に書いてありますので、そちらも是非ご覧下さい。

 

 

 

 

東京・新宿|他院修正・再手術専門の美容整形外科なら山本クリニック美容外科、形成外科、美容整形修正の名医は東京新宿・新宿三丁目の山本クリニック。眼瞼下垂、二重、鼻などの他院修正もご相談ください。丁寧な診療と高い技術であなたのお悩みに対応いたします。症例写真も多数掲載しています。www.dr-yamamoto.com

 

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム