山本 豊(院長)- コラム「上口唇挙上術(外側人中短縮術、外側リップリフト)って、そんなに縫い方が違うの??」 - 専門家プロファイル

山本 豊
「もう治せない」と諦めてしまう前に、ご相談ください

山本 豊

ヤマモト ユタカ
( 東京都 / 院長 )
新宿山本クリニック 
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:343件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
山本クリニックの無料相談メールページです(※外部サイトへのリンクです)
メール相談

上口唇挙上術(外側人中短縮術、外側リップリフト)って、そんなに縫い方が違うの??

- good

2021-01-15 17:41

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

この方の経過や、術前術後に関しては、私のコラム『美容外科話』に書きましたので、そちらをご覧下さい。

 

 

上口唇挙上術(外側人中短縮術)|上口唇挙上術(外側人中短縮術、外側リップリフト)をすると、口が開けにくくなる?? |くちびる他|くちびる|東京新宿の山本クリニック。今回は上口唇挙上術(外側人中短縮術)についてご紹介いたします。www.dr-yamamoto.com

 

ここでは、『上口唇挙上での縫い方』をご紹介します。

 

デザインは、上口唇のバランスを見ながら考えますが、デザイン部分を切り取るときは、どの程度の組織の厚さにするのか、均等な厚さで切除する部分には職人芸的な技術が必要です。

 

話がそれてしまいますので、こうしたこだわりに関しては、別の機会にご紹介することとして、今回は、『縫合』についてお話します。

 

美容外科の手術では、いかに綺麗に縫うのかということは、非常に大事です。

 

適当に縫い合わせると、傷口がふさがっても綺麗に治らないという問題が生じてしまいます。

 

この『綺麗に』するためには、表面だけではなく、皮膚の深いところ、皮膚の中の浅いところで、何層にも分けて縫い合わせるという手間をかけることが非常に重要で、この中処理を怠ると、表面の傷に大きな影響が出てしまいます。

 

こうした細かい部分は、外側から見えませんので、私の『こだわり』の部分になってしまいますし、このことを丁寧に行うとその分時間もかかります。

 

『丁寧な手術には時間がかかる』ということも患者さんには知っておいていただきたいポイントだと思います。

 

当院は、私しか医者がいませんので、どの手術にも私なりのこだわりを持って行っています。そのため、他院に比べると手術時間が長いかもしれません。

 

片側の縫合が終了した状態をお見せします。

 

この時点で、反対側のデザインラインとのバランスもチェックして、問題があれば微調整も行います。

次に両側の縫合が終了した状態をお見せします。

 

左右バランス、糸の締め具合等チェックをして手術を終了します。

 

各工程で、自分が納得いかない場合は、やり直しや微調整を加えて手術をします。この『手作り感』が、個人クリニックの良さだと思っています。

 

色々な医療機関もあり、患者さん側としても選ぶのが大変だと思いますが、『担当医が手術した症例写真』、『担当医と話してみた時の相性』が選ぶポイントとして重要なのではないかと、私は思います。

 

 

 

 

東京・新宿|他院修正・再手術専門の美容整形外科なら山本クリニック美容外科、形成外科、美容整形修正の名医は東京新宿・新宿三丁目の山本クリニック。眼瞼下垂、二重、鼻などの他院修正もご相談ください。丁寧な診療と高い技術であなたのお悩みに対応いたします。症例写真も多数掲載しています。www.dr-yamamoto.com

 

 

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム