山本 豊(院長)- コラム「上口唇挙上術の縫い方!?」 - 専門家プロファイル

山本 豊
「もう治せない」と諦めてしまう前に、ご相談ください

山本 豊

ヤマモト ユタカ
( 東京都 / 院長 )
新宿山本クリニック 
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:319件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
山本クリニックの無料相談メールページです(※外部サイトへのリンクです)
メール相談

上口唇挙上術の縫い方!?

- good

2020-04-18 19:04

まずこのお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、外側人中短縮術とも呼ばれている『上口唇挙上術』です。

この手術は、私のコラム『美容外科話』にも書きましたが、切って縫うだけの手術です。

しかしながら、唇の外側の皮膚の切り取る深さや切り取る形状によって仕上がりが変わってしまいます。

 

どの先生が上手とかというよりも、『どの先生の手術が好きか』という事が非常に大事だと思いますので、実際に手術している先生のブログ、コラム、症例写真などを参考にして担当医を決められることをお勧めします。

 

話を元に戻しますが、この手術にも私なりの『こだわり』があります。その一つが縫い方で、“口の動きを邪魔しない”という点について注意しながら行っています。

 

まず、手術直後の状態をお見せします。どうしても麻酔の影響等で腫れてしまいます。

 

術後数日は、『アヒル口になった』と患者さんからも言われますので、腫れに対しての心づもりが必要だと思います。

通常5日で抜糸しますが、この時点では、腫れが落ち着いてきているのが一般的です。

糸を抜いた部分に小さな穴が開きますので、若干の出血もありますが、これは数時間で落ち着きますので、ご心配される必要はありません。

 

また、この時点で口を自由に動かしても『傷口が開いたりしない』ように、皮膚の中での縫合に工夫をしています。このため抜糸時に大口を開けて頂いても、問題ないことが殆どです。

 

このように、『縫う』という作業にも担当医のこだわり、センス、技術が関わりますので、単純だからこそ難しいのではないかと思っています。

 

こうした術後経過等も含め、担当医を決められることをお勧めします。

 

美容外科話 上口唇挙上術! 唇の外側を上げて雰囲気を変える。

 

 

山本クリニック(公式)ホームページ:https://www.dr-yamamoto.com/

 

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

https://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=4

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院のインタグラムのページもありますので、よろしければご覧下さい。

https://www.instagram.com/shinjyuku.yamamotoclinic/

 

 

 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム