大長 伸吉(不動産投資アドバイザー)- Q&A回答「土盛にもメリットがあります。」 - 専門家プロファイル

大長 伸吉
小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

大長 伸吉

ダイチョウ ノブヨシ
( 東京都 / 不動産投資アドバイザー )
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
Q&A回答への評価:
4.7/9件
サービス:19件
Q&A:25件
コラム:190件
写真:88件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

土盛りについて

住宅・不動産 住宅検査・測量 2013/01/06 15:06

新築にあたり土盛りをしました。区画整理地域で、道路の高さが決まり、通常は道路より30センチ高く盛るらしいのですが10センチしか高くならないらしいのです。そこであと10センチ土を盛ったらどうかと言われました。費用にして8万かかります。専門の方にお聞きしたいのですが、10センチ盛る必要はあるのでしょうか?予定の道路から建物までは10メートル離れています。宜しくお願い致します。

せいとさん ( 埼玉県 / 男性 / 39歳 )

大長 伸吉 専門家

大長 伸吉
不動産投資アドバイザー

- good

土盛にもメリットがあります。

2013/01/12 22:33
( 5 .0)

せいとさん

こんばんは、不動産投資アドバイザーの大長です。

地域や区画やご本人の事情など細かな条件により、最適な判断は異なるかと思いますが、費用8万に対して考えてみると、この10センチにも意味がある場合があります。

建物の新築においては、「グラウンドレベルはどの位置か?」は大切な検討要素です。

これにより、建物の高さが決まります。
たとえば、隣地よりも高いグランドレベルとなると、窓の位置が少し高くなります。屋根の位置も少し高くなります。
日当たりが良くなる、風通しが良くなる、部屋から見た景色が良くなるなど、一度新築時に決めてしまうと今後立て直すまで数十年変えられないものでして、設計施工の関係者は立地が高いことはよいこと、メリットがあることと大半が考えます。
広く見ると低地に家を持つよりも、高台や丘の上の建物がより高い価値となりやすいとも言われます。
また、最近のゲリラ豪雨など水害対策にもなります。
数センチが水没住居かいなかの差にもなります。

グラウンドレベルが高くなるということには、意外とメリットが多いものです。

「予定道路から」という視点で見るのではなく、ここは、もう一度、コメントをしてもらえている業者さんと落ち着いてメリットデメリットを話し合ってはいかがでしょうか?

補足

ご自宅、費用とも満足のいく結果となることをご期待しています。

また、土を盛る場合は、基礎工事がしっかりと行われることにもご注意を。

評価・お礼

せいと さん

2013/04/15 20:52

無事終わりました。間もなく完成です。有難うございました。

大長 伸吉

2013/04/16 16:51

追加でのコメントをいただき、ありがとうございます。
無事であること、何よりです。

当該建築に関する書面、使用した資料、および保証書等はとても貴重なものですので、大切に保管されるとよいと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真