大長 伸吉(不動産投資アドバイザー)- Q&A回答「お互いの希望を出して、話し合いが出来るとよいと思います。」 - 専門家プロファイル

大長 伸吉
小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

大長 伸吉

ダイチョウ ノブヨシ
( 東京都 / 不動産投資アドバイザー )
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
Q&A回答への評価:
4.7/9件
サービス:19件
Q&A:25件
コラム:190件
写真:88件
お気軽にお問い合わせください
050-3633-5098
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

中古住宅の購入について

住宅・不動産 不動産売買 2012/02/13 00:45

夫婦共有名義の中古住宅を購入するにあたり、売主様から夫婦別々の口座に振り込んで欲しいとの依頼がありました。共有名義の場合別々の口座に振り込まなければならないのでしょうか?

平 清盛さん ( 北海道 / 男性 / 39歳 )

大長 伸吉 専門家

大長 伸吉
不動産投資アドバイザー

11 good

お互いの希望を出して、話し合いが出来るとよいと思います。

2012/02/14 11:14

中古住宅でも、不動産の売買では、買主側と売主側の申出と承諾が一致したときに、契約が成立すします。(諾成契約・民法第555条)

平 清盛様

不動産投資アドバイザーの大長伸吉です。


売主さんからの「夫婦別々の口座に振り込んでほしいとの依頼」について、買主側が承諾をすることも可能ですし、一つの口座に振り込みたいと希望を出すことも可能です。

「別々の口座に振り込まなければならない」という決まりはありません。

もし、買主側からも希望を伝えもよいと思います。

(私も土地の売買では買主側としての希望をしっかりと提示・主張しました。)

一般的にも、買主が別々の口座に振り込むということは大多数派ではありません。

しかし売主側にとってこの支払い方法が絶対に必要というのならば、これを断ることで契約が破談になる場合もあるかもしれませんので、先方の希望がどれくらい強いレベルなのかを確認しながら交渉を進められると良いかと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真