眞鍋 顕宏(コミックデザイナー)- Q&A回答「まだまだチャンスはあると思います。」 - 専門家プロファイル

眞鍋 顕宏
マンガ・イラスト・アニメを活用してお客様の未来をプロデュース

眞鍋 顕宏

マナベ アキヒロ
( 兵庫県 / コミックデザイナー )
株式会社クレオ・アソシエイツ 代表取締役
サービス:2件
Q&A:1件
コラム:39件
写真:11件
お気軽にお問い合わせください
078-939-4146
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

紙媒体クリエイティブの環境

法人・ビジネス クリエイティブ制作 2011/07/02 16:52

私は地方のデザイン事務所を経てCDジャケットやファッションの仕事がやりたくて上京し、
ここ10年程、絵やデザインなどで活動してきました。
この世界観でしか仕事はしないという見せ方をしていたので、
決して仕事量は多くありませんでしたが、
上京当初〜2008年くらいまでは、雑誌など、メディアにも取り上げられたり、
それなりに色んなアクションがありました。
しかし、2009年以降、深刻に悩んでいます。
雑誌などのメディアもどんどんなくなり、CDもダウンロード主体です。
なんだかこのままではいい未来が描けません。
それでも、きちんと仕事がある人はあるのでしょうが…。
今年は3月の地震以降、仕事が途絶えています。
そろそろ限界です。
就職なども考えましたが、求人など見るとi phoneなどのスマートフォンのアプリ制作や、
WEBデザインなどが多いですよね。
WEBデザインは普通にサイト作ったりできるスキルはありますが、
自分にはその世界ではやっていけそうにもありません。
そんなもんだと割り切るしかないですか?

omoshiroikotoさん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

眞鍋 顕宏 専門家

眞鍋 顕宏
クリエイティブディレクター

15 good

まだまだチャンスはあると思います。

2011/07/04 16:52

はじめまして、眞鍋アキヒロと申します。

クリエイティブ業界に限ったことではありませんが、いつの時代でも浮き沈み
はあるものだと思います。
確かに、デジタル化が進む近年においては、紙媒体の需要は減っています。
しかし将来的にゼロになってしまうことはないでしょう。

WEBやスマートフォンなど、それらは私からすれば情報を入れる箱にしか
過ぎません。デジタルであれ、アナログであれ、大切なのはコンテンツと
その見せ方。そこには素材ひとつをとっても、デザインという世界観が
必ず必要とされます。音楽業界も然りですね。

いかにダウンロード主体になったとはいえ、音楽コンテンツを売るための
ビジュアルが必要だと思いますし、それがあなたにしか作り出せないもので
あるなら尚更、一度アプローチの仕方を変えてみてはいかがでしょうか?

世の中には多くの商品や広告が氾濫し「良い商品・サービスであれば必ず
売れる」という構図が崩れ、企業はその差別化に苦労されています。
だからこそ、デジタルコンテンツは新たなユーザーを獲得する手段として
注目されていますが、決して紙媒体といったアナログメディアが軽視され
ている訳ではないと思います。

なかには広告費削減の影響もありますが、企業側は常にPR方法等のアイデア
を求めています。例えば、WEBにはできない五感に響く画期的なアイデアが
実現できれば、それはWEBに対抗出来るものになるかもしれません。

何れにせよ、今の環境下ではデザイナーも待ちの姿勢ではいけない時代なの
だと思います。

素晴らしいデザインを作るデザイナーは沢山います。しかし企業は実益を
求めている訳ですから、見た目の格好良さの前に、「そういう売り方(見せ方)
もあったのか」ということを気付かせてあげること、そして少しでも実益に結び
つけてあげることが、今のクリエイターにも求められているのだと思います。

そのような視点で、あなたからクライアント様に提案していくことができれば、
これまでと違ったカタチで仕事が生まれてくるものだと私は信じています。
またそうしないと、例えWEBの世界に進まれても、時代が変われば今と同じ
ような壁にぶつかると思います。

補足

私も、omoshiroikotoさんと同じ心境により、折角つかんだ夢の舞台を諦める人を
大勢見てきました。それは同じ業界で生きる者として寂しいことですが、同時に
ライバルが減っていると思えば、逆にチャンスだという考え方もできます。

これまでも精一杯悩まれたことと思いますが、もう一度、今自分に何ができるか、
やれることをやりつくしたかを自問自答して見て下さい。何かワクワクすることが
イメージできれば、まだまだomoshiroikotoさんにもチャンスはあると思います。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真