池見 浩
消費生活の専門家が、消費者教育の実践と消費者力UPをサポート!

池見 浩

イケミ ヒロシ
( 消費者教育コンサルタント / 東京都)
消費者考動研究所 代表 /消費生活アドバイザー
暮らし全般の幅広い専門知識(衣食住から法律・マネー、CSRまで)を持つ消費生活の専門家=消費生活アドバイザー。長年の顧客対応や消費者行政での職務経験とノウハウで、教育現場から行政、企業、団体の消費者教育とあなたの消費者力UPをサポートいたします。
印刷画面へ

強み・特徴

消費者一人一人が、の行動で社会や地球環境を良い方向に変えることができる「気づきポイント」が沢山あります。こうした「考えて動く消費者=消費者市民」になる・育てるためのポイント、消費者市民に選ばれる企業になるためサポート等、消費者教育や消費者相談の第一線で活動している視点からアドバイス・情報提供いたします。
対象者別研修全般 学校教育や消費者行政、企業、消費者団体が行う消費者教育の企画・実践する為のアドバイスと、その人材育成をサポートします。
各種の顧客満足・コンプライアンス研修 顧客対応部門+行政の消費者相談及び啓発の実務経験とノウハウを元に、消費者に「WIN-WINで選ばれる」アドバイスをいたします。
各種の防犯 キャッチセールスや催眠商法・次々販売等の悪質商法、マルチ商法や不当請求・訪問買取など、消費者トラブル未然防止をサポート。
ロジカルシンキング [消費者力UPのための情報提供]
暮らしの中で常に行っている「選択」。それを正しく判断する「目」を養う情報提供を行います。
対応エリア
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 静岡県

対応業務

小中学校・高校・大学の消費者教育実践のサポート
学習指導要領に取り入れられた消費者教育。消費者市民社会の概念を教えるには、生活に密着した様々な分野を複合的・横断的な知識が必要です。
消費者教育を実践している消費生活アドバイザーとして、金銭教育、契約その他の法律、環境、携帯電話・インターネットの使い方や情報リテラシー教育まで、先生方の日々の疑問にお答えします。更に、授業プログラムの作成のアドバイス、課外授業、保護者学習会への出張講座も行います。
消費生活センターの消費者啓発事業コンサルティング
消費者啓発事業を充実させたいと思いながらも、人手や知識、予算、ノウハウが少なく、講座の集客率が低い、啓発情報紙の読まれる書き方がわからないなど お悩みをお持ちの方は多数いらっしゃいます。
消費者行政の消費者啓発専門員としての経験と実績を元に、各種啓発事業の企画・実施から地域連携まで、お悩み解決の為のアドバイスとサポートをいたします。
企業・民間団体の消費者教育実践のコンサルティング
今、企業のCSRの一環として、消費者教育が注目されています消費者教育推進法でも、消費者教育を実践する主体として、事業者・消費者団体に努力義務が規定されています。
一方、このビジネスチャンスに必要な、幅広い消費者目線と専門的な知見を持つ人材の質的・量的不足も否めません。消費者教育事業の企画運営から人材育成まで、消費生活の専門家としてお手伝いいたします。
リコール社告の作成等支援
万一、自社でリコールが発生した時、そのネガティブ情報を発信する事は、一見イメージダウンに思えます。
しかし、消費者のトラブル防止の観点で、迅速・正確かつ伝わりやすい情報発信と対応を取ることにより、消費者からより一層の信頼を得ることが出来ます。
消費者から選ばれ、消費者と持続可能なWIN=WINの関係を築くためのアドバイスなどを行います。
消費者トラブル未然防止のための研修・講演
消費生活啓発専門員や消費生活相談員など実務経験から、この業務は最も得意とする対応業務の一つです。
様々な契約トラブル、悪質商法、多重債務、製品事故や子供の家庭内事故等の具体的な事例とトラブルを防ぐポイントを、リアルにわかりやすくお話いたします。
自治会・PTAなど地域の集会、介護・福祉関係や企業の社員研修、小中学校や高校、大学、専門学校の課外授業等、ご要望に応じたプログラムをご用意いたします。
消費者力UPと消費者市民社会を作るための情報提供
コラム等を通じて、かしこい消費者として必要な「考えて選ぶ目」「批判的思考」の大切さ、それを持つための様々なくらしの知識を情報提供します。
更に、「買う事は投票である(Buying is voting)」という言葉が表すように、消費者一人ひとりが自分の消費行動の背景・影響力を知り、考えて行動することの大切さについてもお伝えいたします。

経歴

1962年生まれ。業務を通じて消費者目線と企業論理との格差を痛感し、悪質商法の被害に2度遭った自分の経験も踏まえて、消費者問題に専門家とし取り組みたいと思い退社。
消費生活アドバイザーの資格を取得後、数多くの啓発活動や相談を行う中で、消費者自身が「物事の背景を知り、批判的思考で選ぶ」事の大切さを痛感し、消費者市民社会の実現に向けて消費者教育の実践に特に力を入れています。

1985年~2004年
大手インテリア専門商社
主に、クロス・カーテン・床材その他トータルインテリアを提案し販売する営業、電話での顧客応対等を担当。特に電話応対業務では、B to BとB to C両方の顧客応対を多数担当。
2005年~2006年
外資系生命保険会社勤務
コールセンターにて、電話応対品質チェックや苦情の二次・三次対応を担当。
2006年~2011年
法テラスコールセンター
司法支援センター(法テラス)の情報提供職員として、多重債務・離婚・遺産相続・損害賠償事件・刑事事件等々約12,000件の相談に対して情報提供を行う。そして、法律に関する正しい知識と情報があまりにも少ないことと、トラブルをなくすためには消費者教育・法教育が不可欠だと強く再認識する。
2006年~2016年
消費生活センターの消費者教育担当
消費者行政部門の中で、消費生活啓発専門員として、各種講座の地方自治体の消費生活センターにて、企画運営、情報紙の執筆発行、様々なイベントの企画実施、各種メディアを使った情報発信、啓発ツールの作成、学校や自治会その他地域団体への出張講座講師を担当。地域連携作りを行いながら、子どもから高齢者までの消費者教育を実践とアドバイスを行う。
2012年
消費生活センターの相談員
地方自治体の消費生活センターにて、消費生活に関する全ての相談を担当し、あっせんも含め、トラブルの解決やアドバイスを実践。している
2014年
自治体での消費者教育事業のコンサルティング
地方自治体の消費生活センターでの諮問会議の専門委員として、消費者教育事業の企画提案やコンサルティングを行っている。

実績

"Buying is Voting"(消費行動は投票行動である)を信条に、「選ぶ消費者の批判的思考の大切さを伝えたい!」「企業と消費者がWIN WINな関係で結ばれる消費者市民社会を築きたい」という強い想いで、この仕事を続けています。
消費者啓発・消費者教育の啓発情報紙企画作成
子どもから高齢者まで、世代に合わせた情報紙を多数企画作成し発行。また、啓発グッズの企画作成や、バス車内放送、メディアツールの活用など、地域への複合的効果的な情報発信を数多く手がけています。
消費生活に関する講座の企画運営
これまで、衣食住や法律その他くらしに関するさまざまなジャンルの講座を企画実施し、リピーターを得ながら、小規模~700人規模の集客を安定的に確保しています。
消費者教育・啓発に関する講師として
学校における契約・携帯電話についての課外授業や保護者・教員の方々への講座、自治会や老人会・福祉関連施設での消費者被害防止啓発講座などで、日々講師をさせていただいています。

住所・連絡先・URL

専門家名
池見 浩(イケミ ヒロシ)
事業所・屋号
消費者考動研究所
住所
東京都 調布市
Twitter
http://twitter.com/#!/bossdanuki
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004134990565

※直接ご連絡される際は「専門家プロファイルを見て連絡しました。」と言って頂けるとスムーズです。
※専門家に対する営業や広告掲載に関するご連絡はご遠慮ください。