池見 浩(消費生活アドバイザー)- コラム「画期的!おすすめ!心理分析でトラブルを防ぐ「Attention」」 - 専門家プロファイル

池見 浩
消費生活の専門家が消費者教育・啓発や消費者志向経営をサポート

池見 浩

イケミ ヒロシ
( 東京都 / 消費生活アドバイザー )
消費者考動研究所 代表
Q&A回答への評価:
4.5/6件
サービス:0件
Q&A:20件
コラム:45件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

画期的!おすすめ!心理分析でトラブルを防ぐ「Attention」

- good

消費者力をUPする!暮らしのお役立ちワンポイント 2018-09-21 21:14

こんにちは。消費者考動研究所代表 消費生活アドバイザーの池見です。

皆さんは、契約トラブルや悪質商法被害という言葉や事例を見聞きした時、ご自分の心の中でどんな言葉をつぶやきますか?
「へぇ、そんなことがあるんだー」「またダマされたの?」「いろんな手口があるんだねぇ」。そして「でも、自分は大丈夫!」

私もそうですが、ほとんどの人は、「そうは言っても自分は大丈夫。その時になったら、ちゃんと防げるよ」と考えていると思います。しかし、警視庁の分析では、振り込め詐欺の被害者に約9割が「自分は大丈夫」と思っていたことが明らかになっています。(参考:日本経済新聞 「自分は大丈夫」過信禁物 振り込め詐欺被害者像、警視庁分析 )
また、消費生活相談の現場でも、自分は大丈夫と思って悪質業者と接しているうちに、心の隙間を突かれて、より深く相手を信じ込んでしまった例も多々見られます。


悪質商法の契約トラブルは、誰にでも起きる可能性がある

振り込め詐欺や架空請求などのいわゆる「詐欺」は、被害者の意思など関係なく、ただ単に相手を一方的にだまして金銭だけを奪おうとする犯罪です。ところが、消費者トラブル、特に契約に関するトラブルは、消費者側にも「これを注文しよう」「サービスを受けてみよう」などの心のアクション・動機、契約する意思があります。

例えばマルチ商法の場合だと、勧誘された説明内容の良し悪しは別としても、「自分も他の人に商品・サービスを売って更にその人を会員にすれば報酬がもらえる」ことに魅力を感じて契約を結びます。
トラブルになっているマルチ商法の多くの場合は、友人やネットで親しくなった人から、カフェや事務所などクローズな場所で誘われます。しかも、あなたの興味ある話を引き出して、夢を描き、信頼感を高めた後に契約の話になるのです。その場で疑問を感じる人はあまりいません。

「大丈夫」なはずなのに、なぜ契約しようと思う状態になるのでしょうか。
そこには、単に知識不足や性格の問題だけではありません。その人が、その時に置かれている経済状態や心理的な状況、周囲の人との繋がり、そしてその人の生い立ちなども大きく影響しています。
悪質商法の業者は、そうした消費者の傾向を巧みに利用します。だから、悪質商法の契約トラブルは、誰にでも起きる可能性があり
何らかの心理的作用によってトラブルの巻き込まれるかもしれないのです。


自分の”ココロの癖”を知って防ぐ

誰にでも、ココロの強い部分と弱い部分があります。消費者トラブルを引き起こす業者は、その弱い部分を巧みに狙ってアプローチしてきます。でも、自分のどんな部分が弱いのかを、しっかりと把握できている人は少ないかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、8月に消費者庁が公表した「Attention」です。
この資料は、犯罪心理学の第一人者である、立正大学心理学部教授の西田公昭氏や、悪質商け法に関するコラムや解説などで活躍されているジャーナリストの多田文明氏などの専門家で構成された、消費者庁の「若者の消費者被害の心理的要因からの分析に係る検討会」の調査検討し取りまとめたものです。

これまでの、マスコミやインターネット上、行政で見かける「悪質商法に気を付けましょう」的な啓発資料は、そのほとんどが、トラブルの事例と気を付けるポイントの紹介のみでした。もちろん、トラブル事例を知っておくことは、被害を防ぐのにとても重要です。しかし、露出している情報量は多いのに、悪質商法トラブルはなくなりません。むしろ、若い世代と高齢者世代では増えています。

この「Attention」が画期的な理由は、どんな勧誘を受けたらどのように心理的作用が働いてトラブルに遭うのか、消費者被害に遭いやすくなる心理的要因は何かを調査分析しただけではなく、Q&Aや心理チェックシートで誰でも自分のココロの弱み・リスクを具体的に確認できるよう作られている点にあります。ただ単に事例と注意点を覚えるのではなく、「いざ」という時の自分の「ココロの癖」も確認して気を付けることができます。
また、「若者の…」とタイトルに書かれてはいますが、内容は子供から高齢者まで、どの世代でも十分に利用できます。

いかがですか?皆さんも、この機会に「Attention」を使って、ご自身のココロの癖やトラブルに遭いやすい傾向を確認してみませんか?おススメです!


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました


プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム