佐々木 陽子(パーソナルコーチ)- Q&A回答「思い切って環境をかえてみては?」 - 専門家プロファイル

佐々木 陽子
言葉だけでなく「心の状態」にアンテナを立ててお聴きします。

佐々木 陽子

ササキ ヨウコ
( 東京都 / パーソナルコーチ )
有限会社おはよう産業 コーチ
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5901-6444
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

母親を亡くした悲しみ、残った父への怒り

心と体・医療健康 心と体の不調 2011/01/21 15:03

私は3年前に母をがんで亡くしました。いまだに、母がいないことが急に悲しくなり泣き出してしまうことが数か月に一度あります。
どのようなことで、母がいないことを辛く思うかということを自分なりに整理すると、

・人生の先輩としての母がいない。将来、自分が結婚や出産するときに一番に相談できる人が私にはいないということ。母を亡くす前は結婚などに興味がなかったため、そのような話はすることのないままでした。

・職場の人などと話していても、娘はいくつになっても母親が好きなのだということを感じてしまう。20代の人でも、60歳近い人でも母親の話をするので、そういう話を聞くと、その人に悪気はないのは分かっていても自分の心に穴があるような感じがしてしまいます。

・大好きだった母が先に亡くなり、貯蓄もほとんどなく節約もできない大嫌いな父が残ってしまったことをどうすればよいのかわからない。子供のころから「お母さんは父親の無料お手伝いさんじゃない!お母さんが具合が悪くても気にもかけないあんな父親ならいないほうがいい」と思い続けてきたので、将来父親が困窮しても1円たりとも援助はしたくないのですが、この私の考えと父親の存在自体が私の将来の結婚に差し障ることを恐れています。


うまくまとめることができないのですが、
「母がいない。私の味方がいない。さびしい、悲しい」
という気持ちと、
「父が憎い。母に苦労をさせて寿命を縮めた。配偶者を幸せにできなかった、子供にも恨まれるろくでもない男」
という気持ちがぐちゃぐちゃになっています。


母を亡くしてから、自分の家に自分の居場所がないような感じがします。
ろくでもない父のために家計簿をつけていると悲しく苦しいです。
父親が家にいると体が重い、胃が重いような感じがして辛いです。
父親が立てる音一つ一つが心臓に刺さるような感覚があります。
人に相談しづらいことですので、アドバイスをお願いします。

ねこしっぽさん ( 新潟県 / 女性 / 28歳 )

佐々木 陽子 専門家

佐々木 陽子
パーソナルコーチ

- good

思い切って環境をかえてみては?

2011/01/25 18:54

ねこのしっぽ様

今、28歳ということですので、25歳の時におかあさまを亡くされたのですね。
女性としてこれから人生のいろいろなことに遭遇していく前に、いちばんたよりになるお母様を亡くされたこと、辛いですね。

お母様がいらっしゃらないぶん、他の同年代の方より、ちょっぴり強くならなきゃならないのは事実。
こればっかりは、多少時間がかかっても、受け入れて生きていかなくちゃなりませんね。

今、お父様との生活のなかで、ねこのしっぽさんの気持ちが日に日に暗いものになってきているように感じます。
もし、一緒にいること自体で精神的に消耗してしまい、家の外にいるときまでそのコトばかりを考えてしまうような状態だったとしたら・・・。

私は、一度、家をでてみることをお勧めします。

今はお父様の近くに居すぎることで、何もかもが生々しく、小さなことでも何倍にもなって感じ、ダメージを受けてしまうような状態ではありませんか?
1人暮らしは自宅での生活と違い、生活費などの出費がかかるのは確かですが、辛さの原因であるお父様といったん距離をおき、心が落ちつくように生活をしてみることをお勧めします。

お父様と真っ直ぐに話し合えれば一番良いと思いますが、まだ時期が早そうな印象を文面からは受けました。
冷静に話し合うためには心に多少なりともゆとりが必要です。
ねこのしっぽさんご自身が、心の状態をととのえて、穏やかな気持ちを取り戻すことが一番大事に思えます。

お父様の身の回りや日常の世話など心配かもしれませんが、お父様は大人の男性です。
お父様ご自身も、一度、ご自分の身の回りのことを、ご自身でされてみても良いのではないかと思います。
離れて暮らすことによって、これまで見えてこなかったお互いことなども、改めて見えてくるかもしれません。

ずっと先の心配よりも、まず今、ねこのしっぽさんが笑顔で暮らせること(心身共に健康でいられること)を、最優先してみてもよいのではないかしら。

人生、時には思い切って「利己的」になっても良いのですよ♪
他人がどう思うかなど気にせずに。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A