佐々木 陽子(パーソナルコーチ)- Q&A回答「女性の40歳は、大きな曲がりかも。」 - 専門家プロファイル

佐々木 陽子
言葉だけでなく「心の状態」にアンテナを立ててお聴きします。

佐々木 陽子

ササキ ヨウコ
( 東京都 / パーソナルコーチ )
有限会社おはよう産業 コーチ
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-5901-6444
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

気持ちの整理がつきません

キャリア・仕事 コーチング 2011/01/11 02:32

15年前に百貨店に入社、今年40歳になります。もともと「この会社は私にあっているのか」若干の不安を抱えつつ入社しましたが「継続は力なり」を信じて、また時にはやりがいも感じつつ、なんとかここまでやってきました。
しかしながら昨年より担当変えで移ったポジションに耐えがたくなり、今年は40歳で早期退職のチャンスということで踏ん切りをつけたいと、とうとう決断をすべき時なのではと感じています。
ポジションは一言で言うと<巡り巡って振り出しに>というような感じで、入社当時の売場業務中心のポジションです。売場は「単純業務重視・人間関係重視」で、ベテランのパート社員やアルバイトに細かな作業のミスをののしられ(一方で個人的な担当業務も売場外でこなさなくてはならないのに)、精神的に追い詰められます。かつては本社でバイヤーの仕事もしていたこともあり、当時はつらいことも多く中途半端に投げ出してしまった後悔もあるのですが、このような状況下におかれると当時のプライドが心の中でうずいてやりきれない思いになります。
粗忽な性格で伝票やレジや単純なルーチンワークを正確にこなすのが苦手なのですが、現場ではこのような仕事が確実にこなせる人間が全てなのです。
日に日に自己評価は下がり、周囲から「ダメ人間」とのレッテルを貼られ、年下の社員にも自信を持って指示ができません。

共働きで子供二人を抱えながらなんとかやってきたのですが、精神的にもそろそろ落ち着きたいという気持ちもあり、また、何か環境を変えて自分のペースでやれる仕事が外にはあるかもしれないという気持ちもあります。

先日のお悩みに対する回答で「辞めるもよし、続けるもよし」とのコメントにとても頷く部分もございますが、現在は「辞めるもよし」の方に心傾いている状況です。
決断は自分がするしかないのですが、気持ちよく自分を納得させて去るのにはどう気持ちを整理したらよいのでしょうか。

ぐりぐらさん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

佐々木 陽子 専門家

佐々木 陽子
パーソナルコーチ

3 good

女性の40歳は、大きな曲がりかも。

2011/01/14 17:13

初めまして。コーチの佐々木陽子といいます。
実は私もかって販売等の現場に11年程いました。
その間にぐりぐらさんと同じような思いも味わったことがあります。呼んでキュンときました。

自由のある仕事、責任ある仕事をしていた経験からくるプライドが、ぐりぐらさんをやりきれなくさせていること実感として解ります。
40歳という年齢も、仕事、女性にとって、気持ち、体力、体調、容姿その他もろもろの変化を感じ、前ほどがんばりきれない自分を実感する時期。
(私は40歳の時けっこう凹みました・笑)
仕事人、妻、母、ご両親にとっては子として・・、個人的にもいろんな立場、役割、責任が増て、若い頃よりずっと生活も複雑。

今のお仕事を「やめるか、やめないか」は目の前の差し迫った大事な問題だと思います。

でも、根をつめて結論を出す前に、ちょっと目線を先へ投げて未来をイメージし、一息ついてみてはどうでしょう。
もし、ぐりぐらさんが目の前にいたら、私はこんな質問をしそうです。

「5年後(45歳くらいになったとき)どんなふうでありたいですか?」

楽観的に、自由に、ちょっと現実離れしていてもいいから、明るい方向に思い浮かべてもらいつつ、思ったことを沢山思い浮かべて、まずは気持ちを明るく持ってもらいたいな。
1人の女性として、妻として、母として、子(ご両親にとって)、1人の人間として、どんな自分でいられたら、ぐりぐらさんは一番うれしいのか。
そのイメージの中には、5年先のお子さんやご主人の姿も含まれているはず。

イメージがある程度うかんだら、考えてみて下さい。
イメージに少しでも近づくには、

今、何ができるかな?
今、どう判断したらいいかな?

これからのぐりぐらさんにとって、環境を変えてみるのが明るい未来に繋がる転機になるならそれもよしですし、
今のお仕事の中で「自分で自分を好き」と思える状態にできそうなら、続けるのも良しと思います。

最後に一つ。

考えるときは目線を上にあげてみてください。
目線が下を見ていると人は自然と思考が暗くなりがち。
単純に、目線を上にあげているだけで、ふしぎと明るいほうへ思考が向いたりするんです♪

ぐりぐらさんの生活に、少しでも笑顔が多くなる決断を、願っています。
必要以上にご自分に厳しくしなくて、良いと思いますよ。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A