福島 多香恵(ピラティスインストラクター 社会福祉士)- コラム「運動をはじめるときに「やっぱり、やめようかな?」と思ったら…」 - 専門家プロファイル

福島 多香恵
心身のこりをほぐして、笑顔になろう!

福島 多香恵

フクシマ タカエ
( ピラティスインストラクター 社会福祉士 )
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
サービス:2件
Q&A:95件
コラム:207件
写真:74件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
活動報告(※外部サイトへのリンクです)
弊社HP

運動をはじめるときに「やっぱり、やめようかな?」と思ったら…

- good

チェアロビクス 2021-05-09 16:46

みなさま、こんにちは。

今日、わたしは、公園のジョギングコースを「歩いたり走ったり(インターバル走)」してきました。

インターバル走の目的は基礎代謝を上げるためです。

また、片足立ちバランス力を高める目的で、(少しですが)走っている途中で片足でストップしたりしました。


今日は、暑い一日でしたから、

公園に行く前に、

「やっぱり、やめようかな」という気持ちが湧き上がりました。

でも、自分の中の敵に打ち勝ったのです。

わたしの場合、自分が「やめようかな?」と思ったときに、課題をこなすと、必ずスッキリします。


その行為が大変でも、「やや大変」なことをしないと、運動にはなりません。

「本当に大変」なことは、しなくてもいいんです。


自分に打ち勝つポイントは、

「今日は5分だけやってみよう!」と、とりあえずはじめること。

5分で終わらないことがほとんどです。

エンジンがかかれば、もう大丈夫。


公園から帰ったら、自分にご褒美をあげます。

今日のご褒美は、ストレッチポールにのって、深呼吸すること。

運動をすると、食欲も適度にセーブされて、調子もよくなります。


有酸素運動で心身ともにスッキリしました。


あ、そうそう、

公園から帰る途中で、いまはなきラッキーの犬友達(以下、犬友という)と会いました。

犬友は老犬なので、現在は目が見えないそうです。

飼主さんが「ラッキーのママだよ」と犬友に声をかけると、

犬友は、いつものように、(最大限に喜びを表して)挨拶してくれました。

犬友にも力をもらいました。

ありがとう。



























プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真