伴場 吉之(建築家)- Q&A回答「乾式耐火遮音間仕切壁へのビスは抜かない。」 - 専門家プロファイル

伴場 吉之
時を経て、ますます存在感と愛着が増す建物。

伴場 吉之

バンバ ヨシユキ
( 東京都 / 建築家 )
株式会社コルピソス 所長(代表取締役)
Q&A回答への評価:
4.5/13件
サービス:0件
Q&A:20件
コラム:52件
写真:15件
お気軽にお問い合わせください
03-5315-7155
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

戸境の乾式耐火遮音間仕切壁

住宅・不動産 住宅設計・構造 2018/06/14 14:05

新築マンションの戸境壁なのですが、乾式耐火遮音間仕切壁で穴をあけてはいけないのを知らず、本棚の転倒防止のビスをいくつか打ってしまいました。
管理会社に戸境壁にビスを打っていいのか確認したところ、マンションの躯体に影響なければよいと言われましたが、入居案内には乾式壁にビスはNGと書かれていました。
乾式壁にビスをとめることで壁にどのような問題がでるのでしょうか。また、その問題はすぐに起こるものでしょうか。管理会社にもう一度相談し、修復するべきなのか、悩んでおります。また、修復するとしたら、どのような工事になるのでしょうか。

ねーこねこさん ( 大阪府 / 女性 / 39歳 )

乾式耐火遮音間仕切壁へのビスは抜かない。

2018/06/14 15:18
( 5 .0)

区分所有のマンションの場合、共用部と専用部があり、区分所有者は専用部しか工事が出来ません。柱梁壁床天井などのコンクリートの躯体は共用部です。サッシや界壁(戸堺)も同じです。
コンクリートの上の断熱材や石膏ボード、クロスなどの仕上げ材、乾式の間仕切りや床や天井の仕上げは専有部で区分所有者で工事しても構いません。
紛らわしいのは専用部の乾式間仕切りと共用部である界壁の乾式耐火遮音間仕切壁は見た目は変わらず、ビスも効き容易に工事が出来る事です。
ただ、区分所有の界壁としての乾式耐火遮音間仕切壁は共用部で、管理組合などの許可がなければ、原則、工事不可です。
また、乾式耐火遮音間仕切壁は耐火や遮音性能など、専用部の乾式間仕切り壁と厚さも仕様も違い性能が格段に良いです。
共用部でNGの他に、耐火や遮音性能の低下を防ぐと言う観点で話してみます。ビスを、もう打ってしまった段階での対策を話します。対策は欠損を無くす意味でビスをそままにしたほうが機能は低下しません。見た目が嫌なら、パテなどでしごき、クロスなどで仕上げする事をお勧めします。
傷やビス抜けで石膏ボードが明らかに欠損した場合は張り直しをお勧めします。
音は振動なので、吸音材で振動を吸収したり、重さで振動しないようにして防音します。耐火や遮音性能の低下を防ぐには新築時の仕様を守り、欠損を無くすのがセオリーです。
本棚の転倒防止は天井が軽鉄などの下地があればビスで、コンクリートの躯体にクロスなら突っ張り棒で対応して下さい。

評価・お礼

ねーこねこ さん

2018/06/15 20:03

丁寧なご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。アドバイスの通りにしたいと思います。知識がなく、どうしたらよいか困っていたので、専門家の方のご意見を聞くことができ、よかったです。 この度はありがとうございました。

伴場 吉之

2018/06/16 11:37

乾式耐火遮音間仕切壁へのビスは打たない方良いですが、管理組合の了承が得られれば、性能が落ちなければ打っても良いのだと思います。
振動なので、ビス抜けなどが発生したら、遮音性能が低下し隣戸の音が聞こえたり、耐火性能が低下します。
欠損が生じないよう配慮して下さい。
また、技術屋として、自分の技術や経験が生かせれば伴場も幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真