伴場 吉之(建築家)- Q&A回答「「計画変更申請」後、「建設工事紛争審査会の仲裁」 」 - 専門家プロファイル

伴場 吉之
時を経て、ますます存在感と愛着が増す建物。

伴場 吉之

バンバ ヨシユキ
( 東京都 / 建築家 )
株式会社コルピソス 所長(代表取締役)
Q&A回答への評価:
4.5/13件
サービス:0件
Q&A:20件
コラム:52件
写真:15件
お気軽にお問い合わせください
03-5315-7155
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

契約違反

住宅・不動産 新築工事・施工 2015/01/10 22:18

現在、9階建てのマンションを建設し、月末には引渡し予定。しかし、昨年末にマンションが22センチ程ズレて建てられている事が判明。ズレて建てられてた事で隣との境界が25センチ程しか無くなり、塀やメンテナンスの足場が設置困難な状態に。建設会社は測量会社が間違えたと言い、測量会社は指示通り測量をしたと主張。測量会社は建設会社の紹介で測量を依頼。私は設計会社には契約通りマンションが建てられなかったので、建築費の1パーセントの示談金を請求予定です。弁護士に相談しても建設会社の契約違反であり、測量間違いは建設会社と測量会社の問題であり、施主には関係無いとの見解。このまま建設会社が非を認め無い場合、どう対応すべきか教えて下さい。

補足

2015/01/11 03:50

設計から建設まで同一の建設会社です。申請書類には不備はありません。今回、マンション建設に伴い土地の分筆する必要があり、測量及び登記を測量会社に依頼しました。登記は近日中にする予定になっています。

ももたろう1234さん ( 愛知県 / 男性 / 40歳 )

「計画変更申請」後、「建設工事紛争審査会の仲裁」

2015/01/11 08:03
( 4 .0)

直接原因の現場監督さんの指示が悪いのか?測量会社が勘違いしたかは関係ない。
建物配置を間違えたのは「請負者(建設会社の社長)」の責任。
つぎに、「設計監理者」や中間検査で配置を確認した「審査機関」も間違いに気付かなかった責任。
施主には責任がないのは明白で、「困っている。」と言うスタンスで各者に電話し情報を得て協力を求める。

次に、建築基準法上合法を確認するため、審査機関に「計画変更申請」を出し、「完了検査」を受ける。計画変更申請は変更個所の着手前に審査完了が基本だが、今回は審査機関も検査ミスをしてるので、真剣に対応してくれると思う。どんな事をしても「工事検査済書」を取得する。

並行して、工事請負契約書、設計契約書を熟読する。特に契約書の「図面・仕様書に適合しない施工」、「瑕疵担保」「紛争の解決」を読み、その文言に従い公証する。

「工事完了検査済」を取得したのち、工事完了時の工事代金の支払いはせず、訴訟また建設工事紛争審査会の仲裁を行う。一般訴訟は専門家が少なく時間はかかる。建設紛争審査会の仲裁のほうが専門家も多く、結論が早く、訴訟と同じ効力がある。ただ、少し建設業者寄りとの意見もある。しかし訴訟でダラダラ時間もかかり訴訟費用も考えるとトータルで判断する必要がある。

工事代金の支払い時期、額は注意を要する。払ってしまったら、何もやってもらえない可能性が大きい。合法が確認された後、実際に隣地との距離が無い不利さはお金で解決し和議するしかない。

評価・お礼

ももたろう1234 さん

2015/01/11 09:23

ご回答ありがとうございます。
週明けからアドバイス頂いた流れで対応したいと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真