山田 幸次郎(ファイナンシャルプランナー)- コラム「投資を賢く理解する」 - 専門家プロファイル

山田 幸次郎
知識がないと損する時代。だから、わかりやすい言葉でアドバイス

山田 幸次郎

ヤマダ コウジロウ
( 埼玉県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社アネシスコンサルティング 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.7/3件
サービス:0件
Q&A:9件
コラム:34件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
048-814-1239
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

投資を賢く理解する のコラム一覧

12件中 1~10件目RSSRSS

今は良くても。。長期で対応できるように

資産運用先の金融商品を選択される際に どうしても、今、良いものを購入されてしまう傾向に あります。 注目されている商品に目が行ってしまいます。 ところが、今が良い金融商品がいつまでも連続で 良いとは限りません。 例として、TOPIX(日本株)は99年は58%のプラス 2000年は25.5%のマイナス 対して外国債券は99年 18%のマイナス ...(続きを読む)

2007/03/29 22:20

切り詰める節約より。。。

本日、ショッピングセンター内でのセミナーを 担当させていただきました。 テーマは「お金を働かせるってどういうこと!」です。 消費者向けセミナーの中で、よく「節約をしよう」と いうテーマが多い中で、 私はあえて、資産を運用して攻めていく方法を 伝えたいと思っています。 無駄を省く節約は必要ですが、ギリギリに生活を 切りつめて、楽しくない生活を送...(続きを読む)

2007/03/25 23:09

地元さいたまでセミナー相談会を開催します。

このたび、地元さいたまで独立FPの共同開催で、 セミナーおよび個別相談会を開催いたします。! 日時:2006年10月21日(土)24日(火)    10:00〜 会場:さいたま市 桜区 プラザウエストにて 内容:セミナーは保険、資産運用(私が担当)等    各1時間 その後個別相談会です。 参加費:セミナー2講座参加で¥500     相談会...(続きを読む)

2006/10/05 00:00

感情にふりまわされない。

株式投資はいくらで買うかの判断より、いくらで売る判断が難しいといえます。 理解はしていてもその状況になると実際は難しいことです。 値段が上がっている株を今売却したら、もっと上がったら。。どうしようと考え、 下がっている株に対しては、買った値段まで戻さないと損が確定してしまうからとか。。 売った後に上がったらいやだとか。。 結局、何年も塩付け状態になってしまうと...(続きを読む)

2006/09/08 23:00

時代の変化に振り回されない。。

皆様もご存知のとおり、日銀がゼロ金利解除の方向です。 これからは金利上昇に恩恵をうける金融商品が 注目されます。 そんな中、資産をどのように形成していくか?今、人気の金融商品に一点集中でいくか?と考えてしまいます。 長期のライフプランの中で、その時、その時の注目商品に集中するのはリスクがあります。 例として、70年代初頭は、オイルショックの影響で物価が ...(続きを読む)

2006/07/17 23:04

外貨預金を選択する際のポイント

円高のニュースが出てくると外貨預金を購入するという 話題がでてきます。 外貨預金は円預金と比較して、金利が高く、 うまくすると為替差益がとれるメリットもあります。 メリットをうまく活用すればよいのですが、 デメリットも理解して利用することが大切です。 外貨預金は円を外貨にする際に為替手数料がかかります。 円をドルに換える場合、片道1円の手数料が ...(続きを読む)

2006/05/06 23:30

時間は強い味方になります。

資産を作るときに、将来の目標金額を決めて 現在の資産との差からどう目標に向かうかを 資産運用は考えるとわかりやすくなります。 もし、毎月5万づつ積立をしている人が  60歳に3000万は貯めたいと考えると 30歳の人はたった平均3%の運用で 2913万でほぼ到達ができます。 40歳の人ではどうでしょうか? 平均8%に上げてほぼ2945万です。 ...(続きを読む)

2006/03/25 22:18

インフレリスクとは。

預貯金は安全性が高い金融商品といわれていますが、 実はインフレリスクというものが存在しています。 インフレリスクとはなんでしょう? 物価が上がることでお金自体の価値が下がることを インフレリスクといいます。 例をあげるとハンバーガーが1個100円のものが 1個 200円に値上がりすると、100円の価値は ハンバーガー半分にしかないことになります。 ...(続きを読む)

2006/02/20 23:30

投資のリスクって?

投資をする際にリスクというものが存在しますが 投資のリスクとはなんでしょう? リスクという言葉ですが、 価格が下がって損をする「危険!」という 言葉が定着しているようですが それは英語でいう「Danger」の意味することですね。 ではリスクはどういうことでしょう? 投資でのリスクとは予想をこえる不確実性の ことを表しています。 つまり、値動きがプラスでもマ...(続きを読む)

2006/02/15 12:03

将来のために貯蓄をする?投資をする?

普段の生活で余裕のあるお金をどうしていますか? 貯蓄をしていますか?投資をしていますか? 貯蓄とは、文字とおり将来のために蓄えるということです 蓄えるということは維持していくという感じですね。 お金には動きを感じないイメージです。 では、将来のために投資をする場合はどうでしょう? 投資とは、設備投資や自己投資という言葉のとおり 将来の成長のためにお金を活用す...(続きを読む)

2006/02/15 12:03

12件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム