松本 昭彦(住宅設備コーディネーター)- Q&A回答「特殊な事例について補足します」 - 専門家プロファイル

松本 昭彦
経験、技術、資格をもとに最適なご提案を心がけています

松本 昭彦

マツモト アキヒコ
( 埼玉県 / 住宅設備コーディネーター )
株式会社クラウンクラウン 代表取締役
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:0件
Q&A:7件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
048-757-4535
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
高品質なアンテナ工事施工事例や実際の工事価格、詳細説明を見ることができます。(※外部サイトへのリンクです)
アンテナ工事

コンセントについて

住宅・不動産 住宅設備 2013/03/17 09:00

新築にあたりコンセントの打ち合わせがあります。注意する点がありましたらアドバイス下さい!

せいとさん ( 埼玉県 / 男性 / 39歳 )

松本 昭彦 専門家

松本 昭彦
住宅設備コーディネーター

- good

特殊な事例について補足します

2013/03/17 23:40
( 5 .0)

はじめまして、こんにちは。
クラウンクラウンの松本と申します。

弊社では新築を中心にアンテナ工事やテレビの壁掛け工事を多く行っています。
個人的には第1種電気工事士と1級電気工事施工管理等の資格を持っています。
弊社の工事では新築のお客様宅へお伺いすることが多いのですが、お客様が困っていた実例等を紹介したいと思います。


「玄関に電源がなかった」
→玄関先に電気製品を置かれる方は少なく、あまり電源を作られることは少ないかもしれません。
空気清浄器などを置く予定があれば、コンセントを作ってもらいましょう。
またウォークインでもアイロンを使いたい場合などは同様です。

「エアコンを設置したい場所と離れた場所に専用コンセント」
→多くはエアコンの設置位置を考慮してくれますが、室内機とコンセントが違う面になっている場合などは、電源ケーブルが垂れ下がって見栄えが悪くなってしまう場合も。
まれにコンセントが邪魔でエアコンの本体が設置できないことも。

「トースターと電気ケトルを同時に使うとブレーカーが落ちる」
→キッチン周りで上記製品やレンジなどの機器を同時に使用する場合は、専用回路の数(ブレーカー)に余裕を持ちましょう。

「ブースター設置位置に電源がない」
→稀に遭遇するケースです。
多くが浴室点検口の中に分配器と電源を設置していただくのが一般的です。
この電源が無いために、後で電源工事が必要になってしまうことがあります。

「テレビの壁掛けをする場所に電源を作ってもらったが・・」
→最近は新築時に壁の補強と同時にテレビの裏に設置される方が増えました。
しかし場合により「ここにあったら邪魔」という場所があり、せっかくの事前工事が無駄に。
壁掛けの予定があれば、事前に専門家の方にもアドバイスをいただいた方が良いかもしれません。
弊社でも建設前(中)からご相談をいただくケースが多くあります。

「アンテナのコンセントが部屋の隅に」
→壁の中心にテレビを置いた方がしっくりくるのに、なぜか隅にあり各種ケーブルが見えてしまうのが残念。
多くは家の設計段階でテレビの位置もシミュレーションしているはずですが、アンテナコンセントの設置位置は念のため確認しましょう。

「和室のコンセントの色を白以外に変えてほしかった」
→コンセント本体やプレートにはバリエーションがあります。(補足参照)

補足

 コンセントのカラーバリエーションなどは例えばパナソニックで言えば電設資材総合カタログのP.36あたりからところどころに載っています。
http://www2.panasonic.biz/es/catalog/web_catalog/densetsu/book_swf.php

パナソニックの「配線計画」も一度ご覧になっておくことをお勧めいたします。
http://sumai.panasonic.jp/wiring/haisen/

毎日使うものですから、少しの我慢も積み重なるとストレスになってしまうかもしれません。

また番外編といたしまして、弊社で最も多い「お客様の『こうだったらよかったのに』」は以下のものです。

「アンテナ線の引き込みとアンテナの設置場所が真反対」
→一般的にはケーブルテレビなどがつなぎやすいように道路側の角、多くは東京電力の引き込みの近くに家全体のアンテナ線の元となる引き込み線が出ています。
 弊社の案件といたしましては、圧倒的に屋根の上のアンテナではなく、壁に設置するフラットアンテナの設置をご希望される方が多いのですが、そうするとアンテナの設置位置が真反対になることなどもよくあります。
 せっかくアンテナをスタイリッシュにしたのに、アンテナ線を長く引き回さなくてはいけないのは嫌だな、と感じる方は多いです。
 また稀ではあるますが、場所によっては足場がないと線をつなぐのに難しいということもあります。
 それとBSアンテナ用にベランダに別線を出される方もいますし、スカパーをご覧になる方であればスカパー用の専用線を引っ張っておいた方がスマートです。

文字数の関係で少しだけご紹介させていただきました。

質問内容から脱線しましたが、新築のお客様からちょっとした「こうしておけばよかった」と言う声を良く聴くものですから、思い当たったものを書き連ねてみました。
少しでも参考になりましたら幸いです。

http://mks-com.jp

評価・お礼

せいと さん

2013/03/18 13:33

参考にさせていただきます。有難うございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A