成長戦略・競争戦略の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

成長戦略・競争戦略 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

高木 仁

フランチャイズビジネスコンサルタント

ビジネスモデルと実践にこだわるフランチャイズビジネスの専門家

フランチャイズビジネスでは、複数の異なる事業体が、契約に基づき、異なるビジネスモデルを運営し発展していきます。FCの本質を守り、時代の流れに合わせた革新的な…

高木 仁

専門家が投稿したコラム

日経記事;『生産性考一歩前へ(1)消えた1000万時間 「会社」を崩せば新境地』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 5月1日付の日経新聞に、『生産性考一歩前へ(1)消えた1000万時間 「会社」を崩せば新境地』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『秘書から経理まで。会社の基本機能をまるごと請け負うスタートアップ企業が成長を続ける。東京・渋...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『三菱UFJ、窓口店舗半減 23年度までに 有人の「従来店」を「セルフ型」へ』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月28日付の日経新聞に、『三菱UFJ、窓口店舗半減 23年度までに 有人の「従来店」を「セルフ型」へ』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は店舗網を抜本的に見直す。2023年...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『生産性高まらぬ雇用増 低賃金のサービス業へ集中/成長分野へシフト進まず』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月8日付の日経新聞に、『生産性高まらぬ雇用増 低賃金のサービス業へ集中/成長分野へシフト進まず』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 なお、記事の文章量が多いので、一部割愛しています。 『2012年にアベノミクスが始まってから...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

新規事業への投資その⑤「攻め入る市場を知る」

 今回は、新事業への投資を決断したら、まず「攻め入る市場を知る」と題して解説します。新たな市場とは、どのような市場なのかを正しく把握する必要があります。依頼人の中には、自ら営業している市場すら、良く理解していない場合もあるくらいですから、ここはじっくり進めていきたいものです。 できれば、既存の市場、攻め入る市場、自社の経営・技術・技能・ノウハウ・設備・人材等も把握し、新事業への投資が、どうしても必...

小澤 康宏
執筆者
小澤 康宏
経営コンサルタント

派遣会社 商品の変化

みなさま こんにちは。 すっかり寒くなりました・・・。 さて最近の派遣業界関連ニュースはこちらからご確認ください。 ↓ http://www.sap-c.co.jp/documents/SAPML201611.pdf さて最近の業界の動きでは、事務系大手各社の無期雇用派遣サービスがまた1つ追加されました。 *スタッフサービスのミラエール *リクルートスタッフイングのキャリアウインク *...

石野 琢也
執筆者
石野 琢也
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家グループ

日本法規情報株式会社

日本法規情報株式会社

どこに相談したらよいか「わからない」 を 「わかる」に変える 相談サポートサービスをご提供。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 成長戦略・競争戦略に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積