今後の住宅ローンにつきまして - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今後の住宅ローンにつきまして

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/12/19 07:52

お世話になります。

この度、自民党に政権が移ったことにより今後、金利が上昇する可能性は高いと思われるでしょうか。
それに伴い住宅ローンの支払いも現在は変動ですが固定に変更しようかと考えておりますのでアドバイス頂けましたら幸いです。

・2012年1月より借入スタート
・借入金額:2510万円
・変動金利 0.875%
・横浜銀行
・35年借入
・毎月支払い金額 69400円
(マンションのため管理費など 25100円あり)

年齢 夫:31歳 妻:26歳
年収 夫:420万円 妻:160万円
現在は共働きですが2年後くらいには子供が欲しいと思っております。

不足部分などありましたら補足させて頂きます。

宜しくお願い致します。

ちびまるさん ( 神奈川県 / 男性 / 31歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

7 good

変動金利から固定金利への借り換えについて

2012/12/19 09:47 詳細リンク
(5.0)

ちびまるさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『それに伴い住宅ローンの支払いも現在は変動ですが、
固定に変更しようかと考えておりますので、アドバイスいただけたら幸いです。』
につきまして、

住宅ローンの借り換えを行う場合に、
現在、利用しているローンが変動金利でこれを固定金利に借り換えをする場合、
1.多くの場合、固定金利の方が変動金利よりもローン金利が高くなりますので、
毎月の返済額は増加することになります。
2.また、借り換えを行う場合、諸費用が改めてかかってしまうことになります。

ただし、変動金利から固定金利に変更することで、
返済の途中からローン金利が上がってしまい、
毎月の返済額が増えたりする心配がなくなりますので、
将来のマネープランがたてやすくなります。

特に、ちびまるさんの場合は、お子さまをお考えですから、
毎月の返済額は固定されていた方が、安心できるかも知れません。

尚、ちびまるさんの現在の返済額は、月額69,400円となりますが、
例えば、ご記入いただいている上記条件で、
ローン金利1.2%・10年固定とした場合、
毎月の返済額は73,220円ほどになり、
月額3,820円ほどの負担増となります。

また、フラット35で借り換えを行った場合、
ローン金利を1.81%とすると、毎月の返済額は80,720円となり、
現在の返済額から11,320円も増加することになります。

よって、住宅ローンにつきまして、
変動金利から固定金利へ借り換えを行う場合、
毎月の返済額が増えてしまいますので、
増えてしまった返済額が家計を過剰に圧迫するような心配がないかどうかを、
ご検討していただく必要があります。

特にお子さまがいるご家庭では、
将来の教育資金負担のことも十分に考慮して、
無理のない返済プランをたてていく必要があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

借り換え
教育資金
住宅ローン
家計
ローン

評価・お礼

ちびまるさん

2013/01/18 07:47

詳しく回答頂き有難うございました。
確かに、これから子供も欲しくなり現在以上に出費が多くなると思いますので
再度、家計など見直したいと思います。

連絡が遅くなり申し訳御座いませんでした。

渡辺 行雄

2013/01/18 09:22

ちびまるさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
taishi‐kanazawa

taishi‐kanazawa
建築プロデューサー

1 good

変動金利の特徴 by taishi-kanazawa

2012/12/22 18:27 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、不動産コンサル・住宅ローンアドバイザーの金沢と申します。

ちびまるさんのお考えのように今後金利の上昇する可能性はございます。

ただ変動金利の場合は金利が変動したからといって、支払金額がすぐにあがるわけではありません。

5年間の支払金額は変わりません。2012年1月より借入をしたので、2016年12月までは支払金額の変更はありません。

支払金額は変わりませんが、利息と元本の調整をしていきます。
金利が上がれば、支払いに対しての利息が大きくなり、元本は小さくなります。
逆に金利が低くなれば、支払いに対しての利息は小さくなり、元本は大きくなります。

また変動金利には支払金額の制限があります。
新しい支払金額は前回の支払金額から25%以上上がらないようになっております。
どんなに金利があがっても1.25倍までにしかならないというものです。

現在のような金利が永続的に続くとは思えませんが、現在の金利で借り入れをしているというのはかなり有利に借入をしている部分があります。

現在の利率0.875%の場合 支払金額に対しての割合は
利息 26.3% 元本 73.7% となります。

フラット35 1.8%の場合 支払金額に対しての割合は
利息 46.6% 元本 53.4% となります。

上記とは別に支払金額もフラット35のほうが高くなります。

不安なようでしたら、フラットへの借り換えをおすすめしますが、行き当たりばったりの固定への変更は逆に総支払金額があがり、損をします。

これは僕の個人的な見解ですが日本の借金が1000兆にも達する中で、金利が急激にあがるとは思えません。(金利が上がる=国債の利払いが増える=国の財政がもっと厳しくなる)
あまり焦らず当初のご自身の決断に自信を持ってください。

もし具体的にご相談ということであれば、お気軽にお問い合わせください。

大志 株式会社
0120-339-301
メール taishi33@live.jp

住宅ローンアドバイザー
住宅ローン
フラット35

評価・お礼

ちびまるさん

2013/01/18 07:48

ご回答頂き有難うございました。

頂きました、ご意見の通り変動して様子を当分は見て行きたいと思います。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
住宅ローン、フラットか変動か。 koutanさん  2010-08-24 10:49 回答7件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
住宅ローン返済について ochakiさん  2010-02-23 17:22 回答2件
手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書など特典付)

住宅ローンを組んで住宅を購入するということは、人生最大の借金をすること。だから失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)