教えて下さい - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2017年10月18日更新

教えて下さい

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2012/12/03 19:32

現在、新築注文住宅を建築しています。
設計事務所に初め話をして、そこから、工務店を決め建築してるのですが、タイルの材料屋さんに、知り合いが居まして、タイルはそこを使う事になり、使いまして、タイル屋さんから、タイル施工会社も紹介して頂き、タイル工事一式が、別になったのですが。そのタイル施工会社とトラブルです。まず、打ち合わせに全くこず、タイル工事の段階になっても、忙しいと言われ、中々こず、他の工事も進まず、二週間遅れで、現場に来て、材料が悪いといい 勝手に注文して、工事完了後には、大量にタイルがあまり、昨日請求書が届き なんと、見積りでは、32万だったのが、58万できました。

補足

2012/12/03 19:32

会社の社長に問い合わせると、切りものや穴あけなどあり、手間が増えた分と、ボンドなども追加したからだと言われました。あんなに、切りものが、多い家は、設計ミスだよ。まで言われました。私的には、あなたが、しっかり、打ち合わせにも、現場もしっかり、見ずに見積りしたから、だと思うし、金額が上がりそうだと解った時点でこちらに、報告するのが、常識だと思います。
この請求額は 払わないと、ダメなのですか?追伸 引き渡しも、二週間伸び、月が変わり、今の賃貸マンションの家賃も一ヶ月分増えました。勝手に頼んだタイルは誰が支払うんでしょうか?

なお太郎くんさん ( 大阪府 / 男性 / 37歳 )

回答:1件

木本 寛

木本 寛
弁護士

- good

見積もりを超える金額は、請負業者側に立証責任があります。

2012/12/11 20:08 詳細リンク

愛知県弁護士会所属 弁護士木本寛(事務所 名古屋市中区)
http://kimoto-law.com/
がお答えします。

裁判上では契約書、明細書の見積もりが不明確な場合で、見積
り金額を超える部分、即ち32万円を超える部分は、請負業者
側で追加変更工事であることの合意の成立、追加工事代金額の
立証をしなければなりません。

58万円で追加工事をすることの合意がなかったわけですから、
裁判実務上では32万円を超える請求はできないことになります。
しかし、契約の相手方が継続的な取引をして行くような相手方で
あれば、そのような合意がなくとも譲歩することはありえること
だと思います。

結論的には、タイルの施工業者と今後も継続的な取引をさえるご
予定がないのであれば、32万円を超える請求はお断りしても、
訴訟で敗訴することはないと思われますが、継続的な取引をする
ご予定であれば、譲歩のうえ支払ってあげるべきかもしれません。

見積もり
取引
名古屋市
弁護士
変更

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

交通事故で加害者側の保険会社の対応手段 アトルさん  2008-03-01 17:14 回答1件
再婚相手の養育費減額請求について せせさん  2015-03-04 13:23 回答1件
工事請負契約の締結前のキャンセルについて takalinさん  2013-09-13 17:42 回答1件
ローン借入と居住開始の年 cotetsuさん  2010-02-03 18:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)