RE:右後ろ脚・肉球の隣に2cmの腫瘍 - 千田 純子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

RE:右後ろ脚・肉球の隣に2cmの腫瘍

2020/06/11 20:57
(
5.0
)

もう少しで19歳ですね。頑張って欲しいものです。

高齢になってくると、猫は腎臓が弱ってくるのが早いようです。それでも18歳11ヶ月までよく頑張ってこられたと思います。腫瘍側の骨がボコボコするというのは、腫瘍が骨に転移しているのかもしれませんね。確かに痛いのかもしれません。

手術もできないということですから、ターミナル・ケアということになります。病気を治すということよりも、生活の質(クオリティ オブ ライフ QOL)を重視して、猫ちゃんが一番居心地の良い環境を作ってあげることをお勧めしています。

19歳近いおばあちゃん猫ちゃんにとっては、病気を治すために、色々変化があるよりも、きっと今まで暮らしてきた生活を続けていくことが幸せだと思います。何よりも飼い主さんが不安そうにしているよりも、毎日の生活を楽しく平和そうに過ごしているのを感じている方がおばあちゃん猫ちゃんも安心して暮らせると思います。

猫は皆さんが考えているよりずっと飼い主さんの気持ちに敏感です。飼い主さんが不安がっていると、猫ちゃんも不安に思います。どうか、残りの猫生を飼い主さんといつもと変わりなく、穏やかに過ごしてあげてください。

クオリティ オブ ライフ
ターミナル・ケア

評価・お礼

ガァ さん

2020/06/11 22:56

千田先生、返信ありがとうございます。今まで愛猫のために…と、力が入りすぎてました。先生のお言葉で私自身気付かされ救われました。ありがとうございます。QOLをあらためて考え、愛猫との時間を大切にして行きたい思います。

回答専門家

千田 純子
千田 純子
( 千葉県 / 獣医 )
ペット行動コンサルタントSENDA
080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

科学的な理論を基に人と動物が共生できる方法を提案します。

ペットの犬や猫の問題行動の予防や改善のためのコンサルテーションや個人トレーニング、グループトレーニングを行っています。当しつけ教室の卒業生には、老人福祉施設や病院、緩和ケア病棟でセラピー犬として活躍しているワンちゃん達もいます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

右後ろ脚・肉球の隣に2cmの腫瘍

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2020/06/11 11:13

こんにちは。よろしくお願いします。

18歳11ヶ月の猫♀(ミックス)3kgです。避妊済み。
数年前から耳や目が衰え、不安からか凄い声で鳴きます。
今年5月初めに足裏(肉球の隣)のデキノモに気づき、クリ… [続きを読む]

ガァさん (千葉県/52歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
チンチラシルバー18歳オス痙攣→足腰立たず kumkumさん  2015-04-24 12:20 回答1件
チワワ 胆嚢切除手術後の嘔吐について ちょこ2103さん  2015-04-13 22:20 回答1件
助けたい!慢性腎不全と貧血 コテツコテツさん  2015-07-27 00:36 回答1件
腎不全猫の血圧について nekonyanさん  2015-03-06 17:55 回答1件