身体の過大な疲労と倦怠感は、こころからのSOSサインです - 田倉 怜美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
田倉 怜美 専門家

田倉 怜美
心理カウンセラー

- good

身体の過大な疲労と倦怠感は、こころからのSOSサインです

2020/11/30 11:34

初めまして、心理カウンセラー田倉さとみです。

横山英子さんの内容を拝見しました。
お母様のがん、職場のパワハラなど、人間関係の不和。
さまざまなストレス・悩みが重なり、心身に疲労や倦怠感、心の疲れを感じているのですね。

英子さんはすでに頑張っています。
病気のお母様の看病、パワハラなど、1つだけでも大変な状況なのに、
ひたむきに頑張っていらっしゃるのが伝わってきます。

むしろ、頑張りすぎてはいませんか。
すべてを一人で抱えていませんか。

何も一人で全て抱える必要なんて、ありません。
「長期で休養を取りたい」「何もかもから逃れたい」という心の声に耳を傾けましょう。

ゆっくり休める環境づくりをしたり、
リフレッシュしたりするのも1つの策です。

もしご兄弟や親せきがいるのなら、
一緒に看病のサポートをお願いするのも1つの手でしょう。

自宅看病ではなく、病院やホスピスなどを活用したり、
地域の訪問看護などを利用して、負担軽減することもできるかもしれません。

あるいは、職場の人間関係の不和やパワハラなどがしんどいのなら、
退職して転職したり、
退職金も出るようならいったんゆったりし、
次の仕事を探すという選択肢だってあります。

英子さんはどうしたいですか?
こころの声に耳を傾けてください。

もしこころの声の聴き方がわからないなら、
「こころの予防医学~偽りの仮面を投げ捨てて自分らしく生きる方法~」
https://amzn.to/2JfrYVR
の3~5章を読んでみてください。

ケーススタディで日常的悩みの解消法が載っています。

「何がしたいのか見えないとき」
「頼り下手で一人で頑張りすぎてしまう」
などの悩みへのアドバイス、解消法もあるので、おすすめです。

悩みを抱えて生きるより、解消させる術を知ることで、
もっと幸せに、もっと自分らしく生きることはできますよ。

がん
解消
疲れ
パワハラ
人間関係

回答専門家

田倉 怜美
田倉 怜美
( 心理カウンセラー )
田倉 怜美 代表

心理歴15年・ストレス解消本の出版のカウンセラー

いじめ、セクハラ、パワハラを経験し、6歳からの日記で乗り越えてきたカウンセラー。ストレス解消法は60個以上。相談者がその方法を実践したところ、自信回復、嫌がらせ解消などの嬉しい改善報告も。心理歴15年、550名以上のカウンセリング実績を持つ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

身体の過大な疲労と倦怠感及び心の疲れ

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2014/10/17 14:30

7年前の母親のがん。3年前の母親のがん転移。職場の上司のパワハラ。職場の人間関係の悪さ。自分の人生の行く末の不安。母親の無意識の過干渉と束縛。精神科に通院してますが、改善しません… [続きを読む]

横山英子さん (東京都/49歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

離婚後の生き方について industmine2018さん  2018-05-04 22:56 回答1件
こころの病との向き合いかた anikaさん  2019-09-03 14:32 回答1件
解離?統合失調症? mai0606さん  2015-05-09 14:51 回答1件
あと一歩のところで働く勇気がありません ek2014さん  2014-12-11 14:10 回答2件