過去の小さな経験を大切にして、より具体的に。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:転職・就職

清水 健太郎

清水 健太郎
キャリアカウンセラー

5 good

過去の小さな経験を大切にして、より具体的に。

2010/08/26 10:57

ゆうきさん、はじめまして。清水健太郎と申します。3ヶ月休みなし、3日間続けての徹夜、しかも残業代なしとは、あまりに過酷な労働条件ですね。身体を壊すのも無理は無いですし、精神的にも相当辛かったのではないかとお察しします。

周囲の人に相談しても「みんなそうだよ」と言われるそうですが、決してそんなことはないと思います。確かに昨今の社会情勢で、平均的に労働時間が増えている現実はあるかもしれません。過酷な労働条件を強いる会社もあるでしょう。

しかし私はキャリアカウンセラーという仕事柄、様々な企業を見てきていますが必ずしも全てがそういった企業ではありません。いわゆる中小企業の中にも社員に対して真摯に対応している会社もたくさんあります。

そういった会社と出会うにはまず自分を知ることが大切ではないかと思います。ゆうきさんがご自身が経験されてきた業務の中で小さな出来事をおろそかにせず思い出すことです。世間で言う「自己の棚卸し」というものですね。「私にはたいした実績もない」「これといった大きな仕事もしていない」という風におっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。

しかし世の中、大きな仕事をしている人ばかりでしょうか?小さなことの積み重ねで皆さん必死に仕事をし、生活していらっしゃるのではないでしょうか?辛かった仕事を思い出すのはゆうきさんにとって酷なことかもしれませんが無理のない範囲で思い出しご自分なりに意識していたこと工夫されていたこと等、どんなことでもいいので思い出すことから始めて見てください。これでもかというほど具体的にです。そしてゆうきさんがやって来られたお仕事を出来るだけ肯定的に捉えるようにしてみてください。

私のクライアントの方でも、「そういえばこの仕事は誇りを持ってやっていた」とか「これなら私、意外と得意なんです」とか、ご自分の特徴やらしさを思い出すことで、それだったら何とか次の仕事に活かせるかもなど、自信を回復されるケースも少なくありません。また具体的に思い出すことは採用側が応募者のイメージを深めることに繋がります。その人のイメージがわかなければ採用しようという決断は中々できないものです。

あきらめてしまった時点で終わりです。ご自分ではまだ気づかないところで改善できる点はまだあるのではないでしょうか。あきらめずチャレンジし続けていただきたいと願っています。

補足

今後、社会人の方向けに「未経験から接客業や営業職を目指すにはどうしたらいいか」といった内容のコラムやセミナーを行う予定があります。ご興味があれば、またページをのぞきに来て下さい。

中小企業
労働条件
採用
自分
キャリア

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

転職活動

キャリア・仕事 転職・就職 2010/08/24 16:56

始めまして、26歳男、現在無職です。
専門学校を卒業してから2社正社員として働きましたが、どちらも過酷な労働条件(3ヶ月休みなし、3日間続けて徹夜、残業代無し等)で体を壊し、半年ほどで辞めています。

どち… [続きを読む]

ゆうき1984さん (神奈川県/26歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

転職が怖くなり、仕事探しが消極的に… みどりのカエルさん  2012-10-15 02:30 回答1件
失敗続きで自分の判断が信用できない時は? マコトビさん  2009-09-02 15:55 回答1件
将来こうした分野に進みたいのですが せらみねさん  2007-05-24 17:24 回答2件
転職活動について相談です 海豚さん  2013-06-20 17:28 回答1件
進学は不利になりますか かいとさん  2008-05-30 00:39 回答2件