(閲覧数の多い順)経営システム・ERPパッケージの専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

経営システム・ERPパッケージ の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

経営システム・ERPパッケージ に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

7件中 1~7 件目 RSSRSS

  • 1

SAPやERPは、今後どうなる?

いきなりの出オチで恐縮ですが、暫くの間は、何も変わりません。 ちょっと言い過ぎかもしれませんが、少なくとも大枠は変わらないでしょう。 というのも、そもそもSAPもその一つである、ERPパッケージについて考えてみたいと思います。 ERPパッケージの良いところをざっくり言うと、 「統合業務システムであるため、個別にシステムを持たずに済む」 「個別にシステムを持たずに済むため、インタフェース費用もシ...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2014/03/30 00:00

今更ながら、SAPとはなんぞや?

さんざん語りつくされてきた感のあるSAPというERPパッケージについて、今更ながら、改めて解説したいと思います。 【注意】 ・筆者は、SAPというシステムやSAP業界に対して歪んだ愛情を持っています。 ・そのため、あまり公平でない表現があることは予めご了承頂ければと思います。 ・生まれる前に起きたことも、訳知り顔で記述しています。 ERPパッケージとは? 「SAPとは、ERPパッケージです」...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/08/29 22:17

SAPの具体的な導入効果

前回のSAPコラムでは、SAPとはどういったものであるかを紹介させて頂きました。 今回は、SAPを導入してどういったメリットがあるのか?という点について、「SAPというシステム自体がもたらすもの」と「SAPというシステム自体がもたらすものではないが、期待できる効果」という切り口で触れたいと思います。 SAPというシステム自体がもたらすもの リアルタイムにデータが見えるようになり、情報が可視化...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/09/12 06:54

SAPのテンプレート導入について その1 テンプレートとは?

SAPはもう終わりだ、なんて言われ始めてから早くも数年が経ちました。 しかし、全くそんなことはありません。 SAP社は成長を続けていますし、昔より数は減ったものの導入プロジェクトや改善案件などは、いまだに多くあります。 そんな中、大昔から存在し続けている「テンプレート」という存在について、触れたいと思います。 そもそも、テンプレートとは? ざっくり言ってしまえば、テンプレートとはパラメータ...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/12/29 14:24

SAPのテンプレート導入について その2 ユーザ側のメリット・デメリット

SAPのテンプレートについて、第一回では概要に触れました。 今回はテンプレートを採用することによって導入ユーザ側にどのようなメリットとデメリットがあるか、解説したいと思います。 採用するメリット まずは、前回も触れましたが、なんといっても自由度が高すぎるSAPのコンフィグレーションを簡素化できることです。 SAPは自由度が高い半面、オーバースペックという表現をすることもでき、「この業務は...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/12/29 15:12

SAPのテンプレート導入について その3 ベンダ側のメリット・デメリット

SAPテンプレートについて、第三回です。 最終回は、「テンプレートって、SAPベンダーにとってどうなの?」についてです。 ベンダにとってのメリット まず、なんといっても商品ができることです。 というのも、ITベンダーというのは、大抵は独自の商品やサービスを展開しているものですが、SAP業界は「SAP社が開発・販売するSAPというパッケージありきで、その枠組みの中で導入コンサルティングや開発を...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/12/30 23:20

クラウドサービスを活用した業務改善方法 その3 従業員が活き活き働く仕組みを作る

従業員が活き活き働く仕組みを作る  人事の分野では、ここ最近、急激にタレントマネジメントの分野が注目をされています。タレントマネジメントは、従来、従業員の人事異動や昇進昇格、人材育成などは、その人の直属の上司がある程度の裁量を持って行っていましたが、企業活動のグローバル化、人材の流動化などの変化に対応するために、システムを使って業務改善に取り組むケースが増えてきました。  タレントマネジメントシ...(続きを読む

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
公開日時:2014/03/15 06:00

7件中 1~7 件目

  • 1