(閲覧数の多い順)セキュリティ環境の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

セキュリティ環境 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

セキュリティ環境 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

9件中 1~9 件目 RSSRSS

  • 1

Dropboxの障害について説明と考察 その2 「利便性とリスク」

皆さん、こんにちは。 日本クラウドコンピューティング株式会社の新井です。 前回に引き続き、先日、発生したクラウドストレージサービスのDropboxで発生したセキュリティ障害についてお話したいと思います。 Dropboxのセキュリティ障害の概要については、前回の記事をご覧下さい。 今回は、こういう障害が発生すると、「こういうことが起こるからクラウドは使えない」と言い出す方がおりますが、このよ...(続きを読む

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
公開日時:2011/06/22 15:00

アメブロ不正ログイン24万件発覚

株式会社サイバーエージェント(以下サイバーエージェント)は、「Ameba」(アメブロ)にて登録されたお客さまご本人以外の第三者による不正なログインが発生していたことを発表した。 http://ameblo.jp/staff/entry-11591175203.html 不正ログインの対象となったIDは243,266件にのぼり、原因は昨今インターネットサービスで発生しているものと同様に、他社サービ...(続きを読む

小菅 太郎
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
公開日時:2013/08/13 09:57

Baidu IME(バイドゥ)の報道について その2

さて、前回に続いてBaidu IMEがテーマです。 (ところで、前回は触れませんでしたが、AndroidアプリのSimejiも同様です) このBaidu IME、外務省やら有名大学やらがインストールしていたとのことですが、ナチュラルに外部へ送信されることも承知の上で導入していたのだろうと思っていましたが、どうも違うようです。 中央省庁やら日本の頭脳を生み出す教育機関やら、こういった醜聞とは無縁...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2013/12/31 00:33

「東京五輪」が標的に!? 日本でも急増する「身代金型ウイルス」被害にご注意を。

「東京五輪」が標的に!? 日本でも急増する「身代金型ウイルス」被害にご注意を。 インターネットを楽しんでいたら、突然・・・ 「違法行為をしたため、画面をロックします」 「パソコンの中身を暗号化しました」 こんな英語メッセージが表示されて、パソコンが使えなくなると言う報告が増えてきた。 しかも、再起動しても症状は変わらず、「ロックを解除したい場合お金を支払ってください。」というメッセージが表示されたりする。 このウィルス攻撃(マルウェア)は2012年頃から欧米に広がって...(続きを読む

小菅 太郎
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
公開日時:2014/01/15 13:04

アンチウイルスソフトは、何がいい?

もはやPCには必須となった、アンチウイルスソフト。 一昔前であれば、「そんなの要らないよ。考え過ぎ。」という方もいましたが、この20年近くの間で良くも悪くもウイルス被害が身近なものになったせいか、今ではすっかり浸透しました。 さて、どんなものを使えばいいのでしょう? 守る端末で取り扱うデータは、個人用だけか、仕事用もあるか。 まず、一番最初の判断条件は、コレです。 例えばウイルスに感染し...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2014/02/27 20:05

標的型攻撃メールから企業情報を守る その1

標的型攻撃メールから企業情報を守る その1 標的型攻撃メールとは? 特定の企業や個人を狙って、情報を盗み出したり、不正アクセスをするために、悪意のある者が、受信者が思わず開いてしまう様な送信者名、件名、本文などを偽り、送信をするメールのことを言います。 どのような被害を受けるのか? メールの添付ファイルや記載されたURLにアクセスすることによって、情報を盗み出されたり、コンピュータウイルスに感染したり、遠隔操作不正プログラムが自動的にイ...(続きを読む

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
公開日時:2014/03/10 09:00

標的型攻撃メールから企業情報を守る その2

標的型攻撃メールから企業情報を守る その2 標的型攻撃メールの例 受信者を信頼させるためにメールの送信者を官公庁や知名度のある大企業などを送信元を偽ってメールを送りつけてく。 メールの題名には、【緊急】【重要】【要返信】などの興味や注意を引く単語を記載している。 本文中には、初めてにも関わらず、まるで今までメールでやり取りを何度かしたような引用文が記載されている。 メール本文中に特定のウェブサイトに誘導するURLの記述があったり、添付...(続きを読む

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
公開日時:2014/03/11 09:00

標的型攻撃メールから企業情報を守る その3

標的型攻撃メールから企業情報を守る その3 ・標的型攻撃メールを受信した時の対応を明確にする     ・標的型攻撃メールと思われるメールを受信したら、社内の情報セキュリティ担      当者に速やかに届け出て、そのメールが標的型攻撃メールか否かを判断する         ・標的型攻撃メールであった場合は、利用者への周知を行い、情報の共有、      対策に努める     ・標的型攻撃メールによるターゲットが、取引先や関係先などの社外で...(続きを読む

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
公開日時:2014/03/12 09:00

ウイルス・マルウエア対策について

ウイルスやマルウエアと呼ばれる有害なソフトウエアには、二つの分類があります。 それは、既知のものと、未知のものです。 つまり、既に存在が確認されているものと、これからどんどん出てくるものです。 以前、セキュリティ関係のセミナーで聞いた話ですが、攻撃者が侵入する行為は新しい手段や騙しの手口が使われることが多く、侵入した後の破壊や漏洩のための活動には古くからある手段が使われることが多いのだとか。 ...(続きを読む

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
公開日時:2014/03/28 00:00

9件中 1~9 件目

  • 1