(閲覧数の多い順)人材育成の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

人材育成 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

人材育成 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

3,824件中 1~50 件目 RSSRSS

目標管理の方法(その2)目標管理シートの書き方と書けない理由

‐MBO 目標管理シート、書き方、方法、目標設定の方法、目標管理制度の注意点とMBOのポイント‐ 目標管理シートの書き方が分からない時、目標管理について調べたり勉強したりする人がいます。 確かに、それも一つの方法だとは思います。 でも、そんなことしてもシートを書けるようにはなりません。 なぜなら目標管理シートが書けないのは「目標管理が分からないからではない」からです。 ***********...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2012/04/10 08:58

今の若者は本当に弱いのか?

  「最近の若者はストレスに弱い」という話を多くの方から聞きます。確かにせっかく就職してもすぐにやめてしまう人も多いし、メンタルダウンに至ってしまう頻度も、昔に比べると増えている感じはします。   でも、本当に若者は弱くなっているのでしょうか。     昔の自分と比べて考えてみると、確かにストレス耐性が弱いと感じることはありますが、ストレス耐性というのは人生経験と成功体験を積む中でできてくる...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/03/26 06:00

目標管理の方法(その1) 目標の立て方

‐目標管理制度(MBO)、目標設定、方法、目標の立て方とMBOのポイントとは?‐ 皆さん、目標を設定するときに一番大切なことって何かご存知ですか? それは「事業計画書を穴を開くほどよく読む」ことです。 ******************************************** 目標管理シートは何を書くためのシートか? ・・・目標管理シートの書き方が分からないと悩んでいる方は、この...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2012/04/06 09:14

風122 理念が吹き込むもの!

風122 理念が吹き込むもの! いま、皆さんがたは御社の「企業理念」を言えるでしょうか? 何も見ないで唱和することが出来るでしょうか? もちろん出来なくても何の問題もありません。 しかし、社員証や会社内の額などで、いつも目にしていることと思います。 目にした時にどんなことを感じますか? 「特に何も!」という意見もあるでしょう。 しかし、皆さん方の日常の...(続きを読む

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
公開日時:2009/09/03 08:15

ああ~もったいない・・・接客力の違いで売上が変わることを知らないコンビニ

「次にお待ちのお客様どうぞ・・・いらっしゃいませ」 「マールボロをひとつ」 「はい、お待ち下さいませ。・・・460円になります」 私が毎週訪問している会社のあるその町には、駅の目の前とそこからやや離れた場所に、違うブランドの2軒のコンビニがあります。 コンビニは、たとえブランドが違っていても、一部のPB商品を除けば、売っているモノも価格も同じです。 その為、「繁盛店と不振店の分...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/01/15 06:41

せいさつ(076)部下有40男の慢心を打ち砕いた一兵卒の仕事

40代の男がいた。 組織の中でもそれなりの地位に上りつめ、「自分でやる」というよりは「人にやらせる」、すなわち「他人を使い大きな仕事をする」立場にある男だった。 この男がある外国語を学ぶ羽目になった。 全くの初心者である。 仕事の合間を縫って学校へ通うことになったその男を待っていたのは「暗記」だった。 男は参った。 単語にせよ文法にせよ、そのどれもが憶えられないのだ。 観念した男は文房具...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/09/10 09:00

8.挫折の大切さ(by本田宗一郎氏)

8.挫折の大切さ(by本田宗一郎氏) 挫折も大切な意味あること 竹というのはとても生命力のある植物だそうです。 それ故、縁起のいいものとして お正月に家の前に鎮座する「門松」になるとのことです。 竹は竹炭ともなり、その活用法は様々です。 木炭に負けずおとらずで 水道水をまろやかにしたり、 ご飯をおいしく炊けたりする効果があります。 「HONDA」の創業者本田宗一郎氏に、 そ...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/01/11 09:00

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・はじめに:その3

「仕事の満足度ステージが、低いレベルだと、いくらそのレベルでの満足度が高くても、それは自己中心的な満足であり、決してお客様のために活かせる満足では無いんだ」 私は、スタッフが高い意識で仕事をしている繁盛店を分析することで、こう言う仮説、いや確信を持つことが出来ました。 また、この満足度ステージというのは、低いか高いかの2種類ではなく、いくつもの段階に分かれていることもわかってきたのでした...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/04/23 06:12

【緊急実施】 公開セミナー 目標管理シート 「作成前の10か条」 2015年 4/25(土)10:00-11:00

 目標管理シートの書き方について、公開セミナー(http://profile.ne.jp/s/s-6457/) を行います。 2015年 4/25(土)10:00-11:00 です。 *****************************************    目標管理シート(MBOシート)をいきなり書くと失敗します。シートはタスク表ではないからです。    目標管理シートを書く時...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2015/04/16 19:05

おお~いいね!・・・お店の営業時間外でもきっちりと告知活動をしている店

「この店って、閉店後はこんな風にきちんと綺麗にしているんだね。きっと料理の方も美味しいんだろうね。一度食べに来たいね~」 ある日の午後2時。 その店の前を通ったときに、一緒にいた友人は、まだ営業していないその店の様子を見てこう言いました。 その店とは、博多駅近くの道路沿いのビルの1階で営業している焼き肉屋さん。 営業時間は、夕方の5時からですので昼間のランチはやっていません。 しか...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/03/09 06:50

理論と経験

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は理論と経験についてのお話です。 例えば、戦略を策定する、問題を解決する、人材を育成する。 多くの企業にとっての根本的なテーマについては、唯一無二の正解などないも同然。 一つ一つのテーマについて、全力で考え、議論し、行動することが必要。 その際に、ベースとなる理論は必要ですが、理論だけでは不十分。 そこに実践での経験を付加することがポイント...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2015/02/20 11:11

ああ~もったいない・・・思わず注文したくなるような商品説明が出来ないスタッフ

「ねえ、このブカティーニってどんな感じのパスタなんですか?」 「はい、スパゲッティよりやや太めのパスタになってます。」 「ふ~ん・・・」 先日あるイタリアンで、「本日のおすすめ」の黒板に書かれていたメニューの中に「ブカティーニ」という単語があったので、「どんなパスタなんだろう?」と思った私は、ホールスタッフに尋ねてみました。 そして、彼女がしてくれた説明が「やや太めのスパゲッティ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/02/18 04:34

ああ~もったいない・・・何となく入りにくい珈琲専門店

「あれ?こんなところになんか店ができているね。でも、何の店なんだろう?」 私の自宅近くに長年営業していたゴルフショップがありました。間口が3mほどの個人経営の小さなお店でした。しかし、時代の流れなのか、経営者が歳を取ったのか、とうとうその店は閉店してしまいました。 1年前、その店が閉店しその後にオープンしたのが、コーヒー豆を売りながら店内でも飲めるという、30代のお兄さんがオーナ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/01/08 06:24

店長のための「言える化」推進計画(その47)

「いやあ~それでもやっぱり出来ないよな~これは難しいよ・・・」 「出来るための条件」を具体的に見つけて、その実行プロセスまでもが見えてきても、それでも、重い腰を上げないひと、まだ「やれない理由」を持ち出すひとがいます。 そう言うひとは、必ずと言って良いほど、問題点を改善するための行動によって、別の問題点が発生することを指摘します。ひとつの問題を改善することによって発生する別の問題...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2014/06/24 06:35

店長のための「言える化」推進計画(その39)

「では、このアイデアから始めていくことにしましょう。じゃあ、誰か責任者になってくれないかな。やりたい人は手を挙げて下さい。」 店舗が抱える問題点を、改善するために開かれた店舗ミーティング。そこでは前向きな意見が活発に提案されました。そして、スタッフ自身がその中のアイデアをひとつ選び、さっそく実行して行くことになりました。さらに、司会を務めるスタッフリーダーのAさんは、ミーティングに...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2014/06/16 06:55

社内プロジェクト成功への初めの取組

こんにちは。黒澤です。   前回に引き続き、今回もプロジェクトについてです。   まず、プロジェクトを発足した時にやることがあります。 それを簡単に記載すると、   1.プロジェクトの意味  なぜ、このプロジェクトが必要なのか?  このプロジェクトが成功するとどうなるのか?  プロジェクトメンバーにとってのメリットなど   2.プロジェクトの目標の明確化  プロジェクトの...(続きを読む

黒澤 森仁
黒澤 森仁
(組織と仕組みをつくる専門家)
公開日時:2014/03/20 06:00

新人店長は「だから言ったじゃあないか!」とは言ってはいけない

「お~い大丈夫か・・・もう、だから言ったじゃあないか!なんで気を付けなかったんだ!はあ~」 店長は、油だらけになったアルバイトスタッフの足もとを見ながらため息をつきました。スタッフは、ただ呆然・・・・実は、これはある店長が体験したキッチンでのトラブルとその後の苦い思い出のお話しです。彼は、フライヤーの油を交換した後の廃油を移動するときに、重たくてすべりやすいから気を付けるようにスタ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2014/02/26 04:49

部下がチャレンジしないのは誰のせい?

「まったく!うちの社員は、誰もチャレンジ精神というものが無い!」 ある社長がこんな風にぼやかれていました。 多くの経営者や経営幹部は、自分がチャレンジに次ぐチャレンジの結果、今の地位を得ていることを自覚しています。たくさんの努力と困難に対して果敢に挑戦をし、それに勝利してきたから今の自分があるのです。しかし、自分の部下達はと言うと、失敗を恐れ、安全策ばかり行い、チャレンジをしない・...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/09/21 07:45

「相手軸な人」㉕「売る」のではなくお客様の役に立とう

「相手軸な人」㉕「売る」のではなくお客様の役に立とう 「その後いかがですか?どこか不具合はありませんか?」 お客様にリピートして頂くには、お客様の役に立つ、つまり「お客様が困っている問題を解決する方向に導くよう行動する」「お客様が欲しいと思う情報を提供する」「お客様が喜ぶことを提供する」事が大事だと、前川あゆさんは、その2作目の著書「“ストレスフリー”な営業をしよう!お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業」(同文舘出版)で...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2013/05/07 06:26

ゴールの先にあるもうひとつのゴール

ゴールの先にあるもうひとつのゴール ※クリックして人気ブログランキングへ 人材・教育業 ブログランキングへ 最近、「本当のゴール」って何だろうか? ってよく考えます。 私は、仕事やプライベートでも、「このことについて、いついつまでに、このレベルまでやろう」と決めて開始します。 つまり、テーマ、期間、レベルを決めるのです。 しかし、その期間でそこまで無事に到達出...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2012/10/10 06:25

受け身はそんなに悪いのか?

  先日セミナーを開催させて頂きまして、その中でお話させて頂いた内容を少々書かせて頂きます。     最近よく「今の若い人達は受け身で指示待ちだ」という話を聞きます。私も確かにそんな傾向は感じますし、自分でどんどん仕事を見つけて自律的に動いてくれる部下がいたら、どんなに良いだろうかと思います。   ただ、受け身や指示待ちって、そんなにいけないことなのでしょうか? もし自分の部下が、自分の判断...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/10/01 09:00

12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの方法序説「枚挙の規則」

哲学用語:枚挙の規則(方法序説) 哲学者:デカルト(1596 ― 1650) 子供って、学校でよく並び(というか、並ぶように指導され)ますね。 遠足へ行ったときなんかは並ぶだけではなく、声を出して点呼します。 前から1(いち)、2(に)、3(さん)・・・と大声で。 これって何のためにやるんでしょう? そう、全員揃っているか、抜けている児童がいないか、を確認するんですよね。 ★ 声を出し自分...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/12/05 18:00

12か月で学ぶ哲学用語 デカルトの「コギト・エルゴ・スム」

哲学用語:コギト・エルゴ・スム(Cogito,ergo sum.) 哲学者:デカルト(1596 ― 1650) ★ 新聞をいくら読んでも「本当のこと」は分かりません。 なぜなら、新聞には「都合のいいこと」しか書かれないからです。 (http://profile.ne.jp/w/c-57697/) ★ 報道や論評をいくら聞いても「本当のこと」は分かりません。 なぜなら、報道や論評も「都合のいいこ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/11/07 18:00

12か月で学ぶ哲学用語 「普遍論争」-中世スコラ学

哲学用語:普遍論争 哲学者:中世スコラ学(中世) 「赤い車」や「黄色い電車」は見えます。 あたりまえですね。車や電車は「物」だから見えるわけです。 では「赤」や「黄」は見えるか? -絵の具であれば見えますね。 -ペンキであっても見えます。 でもそれは「赤」や「黄」ではありません。 それは「赤い色の絵の具」であり「黄色い色のペンキ」であって、「赤」や「黄」ではないのです。 そう、赤や黄は「物...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/09/26 18:00

これからのリーダーに求められるものは何か?(その3)

これからのリーダーに求められるものは「ビジネススキル+教養」だけも「【仕事をしている時の自分】と【仕事をしていない時の自分】を一致させる」だけでもありません。 さらにあるのです。 これからのリーダーに求められるものの3つ目は ◆ 「頭脳と感情をアウフヘーベンする」です。 アウフヘーベンというのは哲学用語なのですが、ここでは「対立するものを二者択一ではなく、別の視点や角度から見、より高い次元で...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/05/11 18:00

常識を疑う力のある人しか解けない常識的な問題

問1 ある儲かっている企業が貧困問題を解決しようと立ち上がりました。 しかし、しばらくすると止めてしまいました。 なぜでしょうか? 問2 実務の問題を解決するために実務の専門家がコンサルタントとして派遣されました。 しかし、専門家はこの問題を解決することが出来ませんでした。 なぜでしょうか? 問3 コミュニケーションが苦手な新入社員にコミュニケーションの得意な先輩が指導役として就きました。 ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/05/06 18:00

信頼される人になるには?→信頼される人と信頼されない人の違い

信頼される人になるにはどうしたらいいのでしょう? 信頼される人と信頼されない人との違いって何でしょう? ちょっと考えてみましょう。 (A) 「うちの会社は即断即決」と言っておきながら即断即決しない会社があったとします。 あなたはそういう会社を信頼しますか? (B) 「人事の納得性を高めろ」と人事部に命じておきながら自分の報酬額公開を嫌がる社長がいたとします。 あなたはそういう社長を信頼しま...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/03/30 18:00

ノウハウの意味とノウハウの使い方→ノウハウが無意味な理由

1)お金を払い、成功者のノウハウを知る。  ・・・例えば、「本」 2)お金を払い、成功者に触れてみる。  ・・・例えば、「講演」 3)お金を払い、成功者に教えを乞う。  ・・・例えば、「研修」 こういうものに頼ってみるってこと、ありますね。 でも、こういうことをしても、なかなか成功できないと思います。 なぜならば・・・ ************************************...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2011/03/03 18:00

せいさつ(083)正義の本の行く末

人気番組の司会者が「この野菜は健康にいい」と紹介した。 翌日から「その野菜」は品薄になった。 1ヶ月後、「それ」は誰にも見向きされなくなっていた。 ある国から輸入した食品に毒が入っていた。 人々は憤り「安物は駄目だ。これからは高くても国内産を買おう」とつぶやいた。 半年後、その国から輸入された食品の売上高は回復していた。 地震が起こった。 家がつぶれ、道が無くなり、人間が死んだ。 ニュースを...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/09/22 09:00

せいさつ(040)人間による人間の評価…人事評価の本質

会社には社員を評価するための仕組みがある。 人々は「評価の容易性や正確性や公平性」をその仕組みに求める。 しかし、多くの人はその仕組みに満足していない。 書店には部下を評価する人向けの本が売られている。 人々は「評価に必要な理論やノウハウ」をその本に求める。 しかし、多くの人はその理論やノウハウを自分のものにできずにいる。 世の中には社員を評価する力を高めるための様々な研修やセミナーがある。...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/07/22 09:00

せいさつ(038)子どもですら言わないへ理屈を言う大人たち

やさしさについて話しをしたら、素直に反応する人がいた。 あやまることの大切さについて話しをしたら、素直に反応する人がいた。 人は一人では生きられないという話しをしたら、素直に反応する人がいた。 さて、これらは誰か?  …子どもたちである。 素直さ、純粋さ、直向きさ。 子どもを真っ白で純粋無垢な存在として美化する気は全くないが、人間の善性と悪性の両面においてプリミティブな部分をそのまま発し、そ...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/07/20 09:00

せいさつ(022)仕事、会社、転職…自分が見えなくなったら

仕事にやりがいを感じず悩む男がいた。 男は上司に相談した。 上司は「やりがいはそこにあるものではなく、後から出てくるものだ。今の仕事に注力していれば、やがて感じられるようになる」 しかし、やりがいは感じられなかった。 男は友人に相談した。 友人は「どこへ行っても似たようなものだ。だいたい仕事なんか面白いものじゃあない。もう少し我慢してみろよ」 しかし、やりがいは感じられなかった。 男は転職を...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2010/06/25 09:00

日本航空、スカイチームへ転向?・・デルタ航空と提携

3月10日付けの自身のコラムでも述べているように、スカイチームは 「世界席捲」への動きを加速している。 AF-KLのアリタリアの取り込み、デルターノースウエストの統合 に続きデルタ航空と日本航空との提携、資本注入を発表した。  そもそも日本航空は経営再建途上にあり、大幅な路線の縮小や 関連会社の統廃合、日本貨物航空(NCA,KZ)との統合、提携など...(続きを読む

伊藤 弘輝
伊藤 弘輝
(研修講師)
公開日時:2009/09/12 07:29

味10 コミュニケーション(こみゅにけーしょん)

味10 コミュニケーション(こみゅにけーしょん) コミュニケーション(こみゅにけーしょん) 意思・感情・思考を伝達し合うこと、言語・文字・表情・声・などは手段 〜ひらく風味解説〜 本来の目的は「伝達」である。 会社内において一番使用頻度の高いものであるが、細心の注意を持って行っている事例は少ない。 「伝達の決定権」は相手にありで、どう伝わったのかを常に検証することが必要である。 結...(続きを読む

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
公開日時:2009/01/10 11:55

談8 意図と方法!

談8 意図と方法! 意図が明確ならば、方法はいくらでもあるのですね! そんな体験です。 日本の交通網の発達と言うのか、安全性の高さ正確さで 体験しました。 四国の坂出から横浜への移動です。 坂出である団体の研修がありました。 時間は19:00〜22:00です。 翌朝から東京にて仕事!スタートは9:00! 夜間の移動です。 早速時刻表を...(続きを読む

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
公開日時:2008/11/23 07:50

「ライフワークバランス」という落とし穴・・その3

暑い日が続いていますね。お変わりないでしょうか。 ヒューマンリクリエイトの再木奈生です。 途中となってしまっていた 「ライフワークバランス」という落とし穴の3回目です。 今日と次回でこの「ライフワークバランス」を一回おしまいにしますね。 そのご夫婦の話し合いと、私がちょっとだけ関与させていただたことです。 (解決されたのは、ま...(続きを読む

再木 奈生
再木 奈生
(研修講師)
公開日時:2008/08/04 16:04

ISO内部監査(10)―形骸化の原因(3)有効性への理解不足

  ISO内部監査  このコラム内容に御興味があるお方は、弊社ホームページプログの中の同名タイトルのブログを御覧ください。本件に関する情報の宝庫です。  ホームページプログをクリックしていただくと、ホームページのトップページがでます。    この下に最近のブログが掲載されいます。その下に「生涯現役エンジニアブログへ>>」というボタンがあるのでこれをクリックしてください。 ...(続きを読む

田邉 康雄
田邉 康雄
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/05/31 08:13

8.モチベーションとフィードバック

8.モチベーションとフィードバック やった仕事へのフィードバック 私が新入社員だった1992年の頃。 「Windows」は、まだなく、 ワープロが会社の中にたくさんありました。 もちろんインターネットなどなく、 ワープロを使えない上司たちは 今ほどその必要性にとらわれることなく 無理してワープロを覚える必要ないという雰囲気でした。 上司は、書類の原稿を手書きで書いて、 「おい、...(続きを読む

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
公開日時:2008/01/28 09:00

伊豆合宿9月16日&17日のご案内です!

伊豆合宿9月16日&17日のご案内です! こんにちは!毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 この暑さ、9月中旬まで続くようです。ご自愛くださいね! さて、来月9月の16日&17日は、経営者のテニス交流会『Ex-Tennis』の第1回合宿を開催します! ちなみに、月例テニス会も毎月継続してきて、今年の9月で第29回を数えることになりました。 テニスの普及と経営者の交流を目的に3人で始めたテニスサークルですが、ク...(続きを読む

下田 令雄成
下田 令雄成
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/08/28 17:52

スルー力

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は対応力についてのお話です。 何かと忙しい日々を送り、否が応でも大量の情報を目にすることが多い現代のビジネスパーソン。 情報に振り回され対応に右往左往する様子が、毎日のように各種メディアから流されることを誰が予想したでしょうか。 これだけの大量の情報があふれかえる時代なわけですから、賛否両論になるのは当たり前であり、そうならない方が不思議とも言...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2017/02/08 11:14

事例を知る

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。 今日は事例についてのお話です。 成功事例や失敗事例など、多くのビジネスパーソンの皆様は、日々数多くの事例に触れながら、ビジネスを進めているでしょう。 個々の事例についての事実を知ることは当然重要なのですが、同様の事例を調べたり、独自の視点での分析をしても良いですね。 さらに、その事例の枝葉末節や細かい手段、あるいは技術論などではなく、本質的な部分に...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/12/22 10:45

自分の「客観的な現在位置」を知ることの大切さ

 ある法事でうかがったお寺のご住職がお話になっていたことです。    ご住職は将棋が好きで、よく将棋を指すのだそうです。ただ、本当に弱くてなかなか勝てないそうです。  ある日も将棋を指していて、相変わらずのように負けてしまいました。対局後のお相手に、「やっぱり私なんかではかないません。お強いですね」と声をかけたところ、その人から返ってきた言葉は、「いや、私が強いのではなくあなたが弱すぎるんで...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/10/11 08:00

結果にこだわる執念

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日はビジネスに対する姿勢についてのお話です。 リオオリンピックも後半戦に入りましたが、今日も朝から盛り上がりを見せています。 女子レスリングが金メダル3個獲得。素晴らしいですね。 終盤の逆転劇からは、結果にこだわる執念を感じました。 女子レスリングというある意味マイナーな競技だからこそ、結果を出し続けなければならないという使命感からくる...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/08/18 09:54

「自己キャリアの会社任せ」への危惧

 主に大手企業のシニア層からミドル層の人材に対して、ただのぶらさがり人材になることを防ぎ、社外でも通用する人材になるべく、研修を通じてマインドセットをする取り組みをしている団体のお話を聞きました。    大企業にいると、自社に順応しすぎて視野が極端に狭くなっていることがあり、いざ自分の先行きが見えてきた時、どう対応すればよいかがわからなくなってしまうということがあるそうです。    実際に...(続きを読む

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/05/24 08:00

こんなのはじめて! 考えさせる「おもしろい教養教育」(研修・講座)

「3つの異次元」を与える教養・リベラルアーツ教育(研修) 教養を学ぶ基本のひとつは 「読書」(http://profile.ne.jp/w/c-164600/)です。 でも、 「知識として知る」だけでは駄目です。  頭でっかちが増え、理屈が先行(http://profile.ne.jp/w/c-165049/)するからです。 必要なのは、  知識を使って「考えさせる」こと。 考えるとは「情...(続きを読む

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
公開日時:2015/12/30 17:43

人は勝手に育たない

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は人材育成についてのお話です。 「人は勝手に育たない」というのが、ビジネス現場における現実だと思います。 日々の仕事に追われている多くのビジネスパーソンにとって、自分自身の育成についてゆっくり考える暇がないというのが本音でしょう。 一定の経験を積み、ある程度のレベルに達するまでは、企業側が主導する形で人材育成を進める必要があるかと思いま...(続きを読む

長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
公開日時:2015/11/10 09:19

戸村智憲の公開セミナーご案内@2015年8月時点

日本マネジメント総合研究所合同会社の理事長の戸村智憲による登壇 ・2015年8月27日(木) (一社)企業研究会 東京開催  監査チェックリスト改訂と監査戦略講座(仮題)・・・ パンフレットPDF  詳細・お申込: https://www.bri.or.jp/seminar/34193  ・2015年8月27日(木) (一社)企業研究会 東京開催  監査チェックリスト改訂と監査戦略講座(仮題)...(続きを読む

戸村 智憲
戸村 智憲
(経営コンサルタント ジャーナリスト 講師)
公開日時:2015/08/15 18:16

おお~いいね!・・・「誰に」と「なぜ」をはっきりと言って危険性を明確に伝える車掌

「お客様にお願い申し上げます。ドアが閉まり始めましたら無理なご乗車はおやめ下さい。お客様の怪我の原因となります」 その日、大手町から三鷹に帰るために乗っていた東西線の中で聞こえてきた車内放送。 その放送は、恐らく私の乗っていた車両に駆け込んできた若い男性サラリーマンに向けられたものでした。 彼は、発車のベルが鳴り、閉まりかけたドアの間をすり抜けるように飛び乗ってきたのです。 間一髪セー...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/04/01 07:26

おお~いいね!・・・大盛にするかどうか迷っていると笑顔で背中を押してくれるスタッフ

「無料で大盛に出来ますがいかがなさいますか?」 「う~ん、どうしようかな~食べ過ぎるかな~」 「いやいや、うちの普通サイズは女性向けですのでけっこう小さめですよ。今日はガツンと行きましょう!」 「よし!じゃあ、大盛で!」 「はい!大盛1ちょう、いただきましたあああ~」 大盛にしようかどうかと迷っていた私に、ドドンと背中を押してくれた元気の良いお兄さん! いやあ~見事にやられ...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/03/28 06:32

おお~いいね!・・・バランスの取れたスタッフ配置でビシッとピークコントロールをする「出来る店長」

「うむむ、この店の店長はかなりのやり手だな・・・出来る!」 カフェやファーストフードで、「店長」がやり手かどうかを見抜くには、どういう方法があるのでしょうか。 もちろん、「やり手かどうかは「売上」を見ればわかる」と言う考えもあります。 しかし、実は、それだけでは本当に店長がやり手かどうかについてはわからないのです。 なぜならば、外部環境の変化やキャンペーンなどが要因で、一時的にお客様...(続きを読む

松下 雅憲
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
公開日時:2015/03/26 06:23

3,824件中 1~50 件目