(閲覧数の多い順)事業・企業再生全般の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

事業・企業再生全般 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

事業・企業再生全般 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

58件中 1~50 件目 RSSRSS

事業再生の具体的事例について

ここ数年来、書店でも事業再生や債務免除等に関する書籍が目につきますが、実際に他社はどのようなスキームで再生に取り組んでいるのか、皆様も興味のあるところかと思います。 弊社HP(http://www.rincs.biz)では、「会社概要→事例」と「会社概要→メディア紹介」で実際の事例のいくつかをご紹介しています。 特に、メディア紹介では株式会社帝国データバンク発行の「週刊帝国ニュース栃木県版」に...(続きを読む

佐藤 正人
佐藤 正人
(企業再生コンサルタント)
公開日時:2011/11/04 06:00

代表取締役(会社の連帯保証人)の再生事例

○ 代表取締役(会社の連帯保証人)の事例  中小企業の場合、代表取締役、役員またはその親族は、金融機関などに対して、会社の連帯保証人となっていることがほとんどである。  そこで、会社の再生をするに際しては、代表取締役などの連帯保証人の再生の手法を考える必要がある。  会社が民事再生手続をとる場合には、役員個人についても同時に民事再生手続を申し立てて、同時進行で民事再生手続を進めて行く手法が通...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/02/04 07:15

法人の場合の民事再生の予納金基準額(東京地裁 平成22年)

□法人の場合の予納金基準額(東京地方裁判所 平成22年5月18日現在) 負 債 総 額       基 準 額 5千万円未満 200万円 5千万円~1億円未満 300万円 1億円~5億円未満 400万円 5億円~10億円未満 500万円 10億円~50億円未満 600万円 50億円~1...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/09/30 10:42

借金を抱えた時の最大の問題点とは?

借金を抱えた時の最大の問題点 借金、、、、 約定通り弁済できているときには 問題はないのですが、、、 借金問題。 問題として顕在化したとき つまり、約定通り弁済できなくなったとき、 お金を返すという約束に関しては、 ビジネスがうまくいかなくなると 100%できなくなることがありま...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/01/25 12:24

事業再生ADR手続(2)

(ⅰ)総論 平成19年改正の産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(以下「産業再生法」といいます。)及びそれを受けた産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法施行令(以下「産業再生省令」といいます。)に基づき,法務大臣の認証を受けた一般のADR(alternative dispute resolution,裁判外紛争解決手続)機関のうち,経済産業大臣が事業再生...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/02/19 18:17

日経記事;パナソニック,液晶中小型シフト TV不振で に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 10月26日付の日経新聞に、『パナソニック、液晶中小型シフト TV不振で』のタイトルで記事が掲載されました。   記事の主な内容は以下の通りです。 『パナソニックは液晶テレビ用パネルの主力拠点である姫路工場(兵庫県姫路市)で、来春からタブレット端末向けの中小型パネルの生産を始める。 テレビ用の大型パ...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/10/26 09:51

お知らせ : 相談無料です

皆様からよくいただくお問い合わせに「相談するにあたっての費用はどれくらいかかるのか?」というものがあります。 弊社では、従来より無料での対応としておりますが今般HPに「相談の流れと料金について」の説明を掲載しました。 お客様と弊社がコンサルティング契約を締結するまでは一切の費用は戴いておりませんので、何か相談したいことがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。(続きを読む

佐藤 正人
佐藤 正人
(企業再生コンサルタント)
公開日時:2011/11/02 10:34

お知らせ メール相談について

最近、メールでの問い合わせが増えています。 「最初から面談での相談は抵抗がある」「簡単なことなので、面談等の時間を節約したい」といったことなどが主な理由のようです。 情報量等の関係で十分な回答が出来ない場合もありますが、「まずはメールで聞いてみたい」という方は弊社hpの「相談無料→お問い合わせメールフォーム」からお気軽にお問い合わせ下さい。 尚、返信までに数日掛かる場合もございますので予めご...(続きを読む

佐藤 正人
佐藤 正人
(企業再生コンサルタント)
公開日時:2011/11/11 09:00

【オリンパスの粉飾事件】 監査人以外の責任

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 オリンパスが90年代から多額の有価証券評価損を簿外処理し、その処理のために、1400億円にも上る買収費用とそのアドバイザリーフィーを支払っていたようです。 今回の事件の一つの特色は、20年近くにわたって粉飾を行い、多くの人の目を欺いてきたことにあるのではないでしょうか。 早速、ニュース・新聞などでは、監査法人の責任を問う声が上がっています。 ...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士・税理士)
公開日時:2011/11/09 23:37

スポンサーがついて民事再生手続により事業を再建した事例

○    スポンサーがついて民事再生手続により事業を再建した事例  A社は、携帯電話の部品を作る会社である。将来の新製品開発に乗り出したが、新製品は結局、思ったほど売上があげられず、新規の設備投資をした分だけ過剰な債務を抱えることとなった。  資金繰りに窮したA社は、民事再生手続の申立てを行うこととした。  申立てと同時に監督委員の弁護士が選任され、監督命令と弁済禁止等の保全処分が裁判所から...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/02/03 21:09

事業再生ADR手続(1)

【コラム】 事業再生ADR手続 (ⅰ)総論 平成19年改正の産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(以下「産業再生法」といいます。)及びそれを受けた産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法施行令(以下「産業再生省令」といいます。)に基づき,法務大臣の認証を受けた一般のADR(alternative dispute resolution,裁判外紛争解決手続)...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/02/19 18:14

日経記事;"「選択と集中」のウソ 撤退に見合う投資 不可欠"考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月28日付の日経新聞に、『経営の視点「選択と集中」のウソ 撤退に見合う投資 不可欠』のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『先週の水曜日、ある米国人技術者の訃報が流れた。ユージン・ポーリー氏。享年96歳、テレビのリモコンの...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/05/28 07:33

大阪経営セミナーをはじめよう。

続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/09/08 10:21

私的整理のメリット、デメリット

2 私的整理のメリット (1) 費用  私的整理は,裁判所の関与なくして行う手続でありますから,法的整理の場合に裁判所に対して支払う予納金が不要になります。したがって,費用面において,法的整理よりも優れているといえます。 (2) 柔軟な解決  私的整理は,債権者との合意により,その手続,内容を決定していくものですから,債権者の合意が得られれば,再建の手続,内容を自由に決定することができます...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/09/30 10:32

民事再生(通常の民事再生)

第1 民事再生 1 概説 (1)申立て  民事再生手続は,経済的に窮境にある債務者について,債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し,その事業または経済生活の再生を図ることを目的として裁判所に申立てを行う手続です(民事再生法1条)。  民事再生は①債務者に破産の原因たる事実の生ずるおそれのある場合,または②債務者が事業の継続に著しい支障を来たすことなく弁済期にある債務を弁済することがで...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/09/30 10:40

民事再生のメリット、デメリット

2 民事再生のメリット (1) 債権者全員の同意が不要  民事再生の再生計画案可決の要件は,再生計画決議の出席議決権者の過半数かつ出席議決権者の議決権の総額の二分の一以上の同意ですから(民事再生法172条の3),債権者全員の同意がなくとも,再生計画の認可,遂行が可能となります。  したがって,人数や債権額にもよりますが,再建に反対する債権者がいても再生手続を進めることができるというメリットが...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/09/30 11:08

ルネサスエレクトロニクス再建決定!

  政府系ファンド産業革新機構と トヨタ、日産、キャノン、パナソニック等 主要取引先8社が1500億円の増資を引き受ける。   もともと同社はNEC、三菱電機、日立の出資会社。   つまり国や日本の有力企業の下で再建していくことになる。   同社は省エネ性能を左右するマイコンで   今回出資している自動車会社や電機会社が利用し3割の世界シェアをつという。     しかし...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/12/11 11:37

実録!企業再生の現場レポート vol.2 ~メインバンクとは

「メインバンクとは」 前回に引き続き、今回は「メインバンク」にポイントを絞って話を進めていきます。 (前回のお話をご覧になっていない方は、以下を読み進める前に、こちらをご参照ください) 直接金融(社債や株式のように資金の出し手と受け手が直接的な関係にあるもの)が主流となってきた現在、銀行との間でメインバンクという考え方は流行らないものかもしれません。 しかし、「中小企業白書2011年...(続きを読む

榎並 慶浩
榎並 慶浩
(税理士)
公開日時:2013/01/25 12:00

シャープ再建は、おそらく、、

1.鴻海による出資見送り   出資の合意から一年   だいたい こういった出資の話しで時間がかかるような場合は、   結局 資金が出てこない。今回も見送り。   資金が出るときというのは、得てして    スーっと出てくるものです。     2.銀行からの役員   みずほと三菱東京UFJから役員がくるという。   あくまで資金のお目付け役であり、   再建に向け...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/03/27 00:49

イオン ダイエーを子会社化の思惑とは?

・イオン側 丸紅からの要請で20%出資していたが、 実際イオン側のメリットはあまりなく、 今回、丸紅株分を取得して役員を派遣、 ダイエーをイオン化する様相。 イオン化できればPB商品の流通、 スケールメリットを活かせる部分も多い。 2008年以降 赤字続きのダイエーで、 今回の取引額が格安とはいえないが、 ...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/03/27 21:51

経営者の視点。牛丼3社値下げに疑問?

米国産牛肉 輸入の規制緩和により、 月齢20ヶ月以下から30ヶ月以下になる。 これにより輸入価格が下がっている。 そのため、牛丼3社「すき屋」「松屋」「吉野家」期間限定で値下げするという。 消費者としては、安いにこしたことはないであろうという発想だと思うが、 経営者の視点から、次のような問題があると考える。 ...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/04/03 10:15

「私的再建の手引き」

「私的再建の手引き」 社長・税理士・弁護士のための私的再建の手引き―民事再生をしなくても会社を残せる!/税務経理協会 ¥2,835 Amazon.co.jp 今日は、上記書籍を読みました。 株式会社の私的再建のために必要な会計、税法を主に、法的な問題について、触れています。 会計、税法については、詳しいため、参考になります。 なお、詐害的な会社分割について、詐害行為取消権を認めた平成24年最...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/04/06 13:47

本物のハゲタカです。サーべラス。

アメリカの投資会社サーベラスは、 現在西武HDの約32%の株式を保有してますが 44%保有を狙いTOBを実施中。 サーベラス幹部の元米副大統領や元米財務長官の方々をはじめ 8人の取締役を選任し取締役の半数以上を確保したい意向。 もともと西武問題解決のため2006年1000億円を出資。 ・サーベラスの狙い 無論 「お金」で...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/04/06 16:25

資金繰り改善策の誤解とは?

よく資金繰り改善策として 「資金の入りを早く、資金の出を遅くせよ。」と  よく言われたり、本に書かれていたりしますが、 再生局面、資金がショートしそうなときに、 この方法は、そう簡単ではありません。 この策は、最終手段として「再生しなければならない状況」を 理解してくれ、 かつ ...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/04/08 22:26

再度のリスケにおいて重要なもの パート3

再度のリスケ3点セット。 ・返済条件変更申し入れ書 ・資金繰り表 そして、経営改善計画書 です。 金融庁からは、 「経営改善計画が1年以内に策定できる 見込みがある場合は、不良債権に該当しない。」 とあります。 とはいえ、銀行としては経営改善計画の提出を...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/04/23 19:22

いわゆる第二会社方式とは、

負債が過大で、この負債を圧縮してもらわないと 再生できないような場合の方法として考えられるのが この第二会社方式です。 単純な話しでいくと 再生可能な事業、収益の上がっている事業のみを 第二会社 つまり現在の会社と別の会社をつくって 移すという方法です。 会社の事業をGOODとBADに分け、GOODのみを 抜...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2013/04/25 10:35

「事業再生の法務と税務」

「事業再生の法務と税務」 事業再生の法務と税務/税務研究会出版局 ¥2,310 Amazon.co.jp 今日までに、上記書籍のうち、以下を読みました。 ・財務内容改善 ・増資、減資 ・デットエクィティスワップ(DES) ・デットデットスワップ(DDS) M&A ・事業譲渡 ・会社分割 ・第二会社方式 ・会社分割 ・事業譲渡(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/07/18 02:43

中小企業金融円滑化法終了への対応における弁護士の実務(研修)を受講しました。

講座名 中小企業金融円滑化法終了への対応における弁護士の実務 研修実施日  2013/7/23 実施団体名  日本弁護士連合会        [講師] 村松 謙一 弁護士(東京弁護士会) 岸本 昌吾(中小企業再生支援全国本部プロジェクトマネージャー)  中小企業金融円滑化法が2013年3月末に終了し,今後経営困難に陥る企業は5万社とも10万社とも報じられています。  円滑化法出口対応として,...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/08/18 11:29

富永浩明・三森仁『ゴルフ場の事業再生』

富永浩明・三森仁『ゴルフ場の事業再生』 ゴルフ場の事業再生/商事法務 ¥4,935 Amazon.co.jp 富永浩明・三森仁『ゴルフ場の事業再生』 ゴルフ場の事業再生の手法としては、近時は民事再生法による手法が一般的となった。会員制で預託金返還請求権は一般債権に過ぎないという最高裁判例により、民事再生法によることに問題点も解消された。   (続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/09/11 12:09

法学教室2013年3月号、倒産解除条項の効力

法学教室2013年3月号、倒産解除条項の効力 法学教室 2013年 03月号 [雑誌]/有斐閣 ¥1,500 Amazon.co.jp 法学教室2013年3月号、倒産法 「倒産法と判例」と題して特集が組まれている。 松下「倒産手続における倒産解除条項の効力」 倒産解除条項とは、倒産手続開始の申立てがあったことを理由に、当該契約を解除する条項である。 最高裁昭和57・3・30は、会社更生法につきファイナンス・リース契約の倒産解...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/09/20 02:10

日経記事;『東芝、中国・美的に白物家電売却へ アジアで再編加速』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 3月15日付の日経新聞に、『東芝、中国・美的に白物家電売却へ アジアで再編加速』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『東芝は冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を、中国家電大手の美的集団(広東省)に売却する方向で最終調整に入った。...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2016/03/15 10:38

お知らせ 金融債務対策の無料相談会実施について

弊社東京事務所において、以下の要領で個別の無料相談会を実施いたします。 期間:11月21日~12月2日 時間:午前午後、各1社(完全予約制となります) 費用:無料 その他:弊社hp「相談無料→お問い合わせメールフォーム」又は電話により面談日時の予約をお願いいたします。  (続きを読む

佐藤 正人
佐藤 正人
(企業再生コンサルタント)
公開日時:2011/11/14 08:00

日経記事;エルピーダ台湾大手と資本提携交渉統合も に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 12月22日付の日経電子版に、『エルピーダ、台湾大手と資本提携交渉 統合も視野 開発・生産で分業体制』 のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『パソコンなどに使う半導体メモリーのDRAMで世界3位のエルピーダメモリは、同5位の台湾・南...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2011/12/22 13:10

2012

2008年のリーマンショックから、3年以上が経過。 この3年という年月だけを考えると かなり昔の出来事のようですが、 このリーマンショックの影響を 自分の事業にまともに受けた人は 未だ解決できない状況の方も多くいらっしゃると思います。 無論、リーマンショックの影響によって 今 現在の 先進国の経済が不安定な状況 ...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/01/08 10:30

痛み

民主党の差し出す甘いクッキー「福祉の充実」。 でも本当にこれで良いのだろうか? 当然のこととして「福祉の充実」には金がかかる。 消費税増税の言い訳、まるで錦の御旗のような言葉。 でも本当にこれで良いのだろうか? 福祉が充実すれば「老後」や「弱者」は救われる。 しかし、世の中の人口割合が老人と弱者ばかりになったら、 誰が彼らの福祉を担うのだろうか。 笑い事ではない。 これからの人口分布や...(続きを読む

佐藤 正人
佐藤 正人
(企業再生コンサルタント)
公開日時:2012/01/18 15:09

借金を抱えた時の最大の問題点とは?

借金を抱えた時の最大の問題点 借金、、、、 約定通り弁済できているときには 問題はないのですが、、、 借金問題。 問題として顕在化したとき つまり、約定通り弁済できなくなったとき、 お金を返すという約束に関しては、 ビジネスがうまくいかなくなると 100%で...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/01/25 12:37

事業再生ADR手続

  【コラム】 事業再生ADR手続 (ⅰ)総論 平成19年改正の産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法(以下「産業再生法」といいます。)及びそれを受けた産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法施行令(以下「産業再生省令」といいます。)に基づき,法務大臣の認証を受けた一般のADR(alternative dispute resolution,裁判外紛争解決...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2012/02/19 17:16

法的整理について

その名の通り、法の下で再生、整理を行うことです。 主な法的手続きとして 会社更生法や民事再生法があります。 会社更生法は大企業向き 民事再生法は中小企業向き と言われています。 私が現場で感じるメリット、デメリット メリットとしては、 一旦、返済が止められる。 裁判所管轄になるため、債権者も...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/02/26 22:38

中小再生ファンド 続々と登場

地方銀行が再生ファンドに乗り出している。 ・香川銀行と徳島銀行のトモニホールディングスがジェイ・ウィルとファンド設立  なんとあのジェイ・ウィルでも新規設立が6年半ぶり。  (私が知る限り、ジェイ・ウィルは日本においてこの景気減退期でも積極的に投資をしている企業) そのほか ・横浜銀行 ・神奈川の金融機関 も再生ファンドを設立するという。 これも...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/03/09 02:15

オリックスと東和銀行が企業再生で提携。

東和銀行(群馬の第二地銀) 350億円の公的資金の注入を受けており 不良債権比率を引き下げが経営課題。 東和の再生子会社 東和フェニックスに オリックスが10億出資。 そしてオリックスの再生ノウハウを活用し 東和の取引先を再生させる。 例の 中小企業金融円滑化法の期限が 13年3月末になったため それに向け、こういった再生ファンドの動きが出てきたのでしょ...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/04/04 11:28

今度こそ延長はないですね。

今度こそ中小企業金融円滑化法の 延長はないですね。 2009年12月に制定された中小企業円滑化法 いわゆる中小企業の借入金の返済を猶予する措置が 2013年3月に終わります。 この期限は、今年度も延長され決定されたわけですが、 どうも次の延長はなさそうです。 それは、この期限終了を見越して 政府か...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/04/21 21:53

日経記事;"日立12年3月期、純利益3500億円 予想上回る"考察

2012年5月10日 皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月10日付の日経新聞に、『日立12年3月期、純利益3500億円 予想上回る 』のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日立製作所の2012年3月期の連結純利益(米国会計基準)は前の期に比べ5割増の35...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
公開日時:2012/05/10 05:58

不良債権予備軍って?

例の2009年に施行された「中小企業金融円滑化法」。 これが延長延長ときて、今年度2013年3月末には うちきられる予定。 同法においては、返済や財務内容に懸念があっても 経営改善が見込まれるのであれば 正常債権に分類されている。 しかし、現実には繰り返し条件変更をしている 企業があり、同法がなくなると一気に不良債権区分と なってしまう企業を「不良債権予備軍」という...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/06/01 17:37

不良債権予備軍って?

例の2009年に施行された「中小企業金融円滑化法」。 これが延長延長ときて、今年度2013年3月末には うちきられる予定。 同法においては、返済や財務内容に懸念があっても 経営改善が見込まれるのであれば 正常債権に分類されている。 しかし、現実には繰り返し条件変更をしている 企業があり、同法がなくなると一気に不良...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/06/01 17:21

倒産急増しているようですが、ちょっと待ってください!

倒産急増。 平成25年3月末に期限切れとされる中小企業金融円滑化法。 リーマンショック後の平成21年に施行され、 景気の低迷が長引いているために 延長、延長されてきましたが、もう延長はなさそうです。 金融庁としても、これ以上延長すると 実質の不良債権を急増させてしまう懸念があるからです。 しかし、一気に不良...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/07/21 10:31

劣後ローンとは? そしてそれは有効?

■劣後ローンとは 劣後ローンとは、債務者から考えると、 通常の金融機関から借り入れている資金より 優先順位が低い(つまり劣後する)借入(ローン)のこと。 メリット ・まず劣後ローン、つまり借入することによって キャッシュが入ってくるため資金繰りが楽になる。 ・劣後ローンは負債であるけれども資本性の意味合いが 強...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/10/23 20:53

ルネサスエレクトロニクス再建!

政府系ファンド産業革新機構と トヨタ、日産、キャノン、パナソニック等 主要取引先8社が1500億円の増資を引き受ける。 もともと同社はNEC、三菱電機、日立の出資会社。 つまり国や日本の有力企業の下で再建していくことになる。 同社は省エネ性能を左右するマイコンで 今回出資している自動車会社や電機会社が利用し 3割の...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
公開日時:2012/12/11 11:31

金融円滑化法、中小企業支援と弁護士(研修)を受講しました

講座名       金融円滑化法の終了に伴う中小企業支援と弁護士の役割  研修実施日  2012年12月18日開催  実施団体名  日本弁護士連合会          [講師] 中村 廉平(商工中金組織金融部担当部長,立教大学法学部兼任講師) 髙井 章光弁護士(第二東京弁護士会)  中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律(以下「円滑化法」という。)が2013年...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
公開日時:2013/01/02 05:28

実録!企業再生の現場レポート vol.1 ~序章

こんにちは。 企業再生の現場で戦ってきた税理士、榎並です。 企業再生とは、経営破綻した会社(又は破綻寸前の会社)にしか関係ない話ではありません。 日常から、しっかりやるべきことをやっておかないと、いつ訪れるとも限りません。 再生現場で何をすべきか?それ以上に、再生に至らないように今から何をしておくべきか? こういったことを分かりやすくコラムでお伝えしていきたいと思います。 「序章...(続きを読む

榎並 慶浩
榎並 慶浩
(税理士)
公開日時:2013/01/23 11:21

実録!企業再生の現場レポート vol.4~銀行とのコミュニケーションの取り方

「銀行とのコミュニケーションの取り方」 メインバンクのA銀行につなぎ融資を依頼したZ社ですが、断られたばかりか、厳しい意見まで言われてしまいました(前回のコラム参照)。 今回のような事態を招いたのは、 ・いいことばかり伝えていて、悪いことは隠していた ・資金繰り表などの管理資料を普段から提出していない ・相談が遅かった といったことが挙げられますが、会社側からすれば、どれも致し方ないとい...(続きを読む

榎並 慶浩
榎並 慶浩
(税理士)
公開日時:2013/01/30 22:22

58件中 1~50 件目