(新着順)離婚原因・離婚回避の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

離婚原因・離婚回避 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

離婚原因・離婚回避 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

19件中 1~19 件目 RSSRSS

  • 1

夫が婚姻したことを話さず不倫を継続

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 相談されたのは20歳代後半の女性です。 結婚1年で現在妊娠中の方でした。 夫の携帯を見たところ、結婚前から交際している女性がいることがわかりました。 ですがメールを読むと、その女性には婚姻したことを話していないようです。 相談者は、証拠はメールだけだけれども、離婚した場合、慰謝料を請求できるかと相談されました。 メールも不倫の証拠に...(続きを読む

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
公開日時:2015/11/19 18:31

内縁の妻が不妊症なので内縁関係を解消したい

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 相談されたのは30歳代前半の男性です。 彼女とは5年間交際しており、ここ2年間は一緒に住んでいます。 結納などは交わしておらず、婚約指輪もありません。 最近になって彼女が不妊症であることがわかりました。 相談者は、子供が好きでどうしても欲しいと思っていたこともあり「内縁関係を解消したい」と当事務所に相談されたのです。 内縁関係とは、...(続きを読む

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
公開日時:2015/03/09 18:33

離婚協議中の夫の婚約は成立するか

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中です。   相談されたのは40歳代前半の男性です。   相談者は結婚12年ですが、奥さんと離婚協議を進めていました。   ですが、結果的に離婚はしないということに決まったのです。   この離婚協議の間に相談者には交際相手が見つかりました。   3カ月ほど交際して「離婚が成立したら結婚しよう」と言って婚姻届も渡したそうです。   結...(続きを読む

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
公開日時:2014/08/05 10:09

消費税引き上げと夫婦問題

こんにちは(^^♪ 見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。     女性って、男性に比べて   「私は損してる」   って感覚が強いんです。   損してるって思うから、お得感にこだわりますし、損してるって思うから   「その分、特別扱いしてよね」   って思いがちです。   だからレディースデーでもなきゃ、やってられないんですよね。 ...(続きを読む

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
公開日時:2013/10/18 11:00

【お悩み相談】夫のことは好きじゃないけど、絶対離婚したくない

こんにちは(^^♪ 見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。     【お悩み】     聞いてください。   私はずっと、離婚したい、離婚してやるって思ってました。   それなのに、夫から離婚を切り出されたら   「絶対離婚しない!!」   って思ってしまったのです。   でも、夫のことはどう考えても好きじゃないはずなんです。   ...(続きを読む

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
公開日時:2013/08/20 15:58

W不倫で夫から離婚の選択を迫られている

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 相談されたのは30歳代後半の女性です。 ダブル不倫をしていることが夫に発覚したとのことでした。 そして、夫から下記のいずれかを選択するように迫られているとのことです。 一つは、慰謝料600万円を支払い離婚する。 または、離婚しないが慰謝料300万円を支払う。 相談者は、離婚についてどちらでもいいとの見解です。 それよ...(続きを読む

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
公開日時:2013/02/06 10:16

夫にばらすぞと脅迫による肉体関係の強要

オフィスライト行政書士田中法務事務所の田中圭吾です。 相談されたのは30歳代後半の既婚女性です。 彼女は以前から精神的な病気であったようです。 地方在住の彼女は、東京在住の友人の男性によく相談をしていたとのことでした。 あるとき相談者はいつものように男性にホテルまで送ってもらったのですが、その際に強引に性的関係をもたされてしまったとのことでした。 男性は、彼女が精神的病気である...(続きを読む

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
公開日時:2012/12/25 15:43

七夕にまつわるお話。

  今日は七夕。   もう5年前になるでしょうか。 実際にあったエピソードをご紹介します。     「妻が、かたくなに離婚を迫って来て、困っています。」   妻の離婚意思に応じるしかない状況になっていると、 判断されていたご相談依頼者の方がおられました。   小学2年生の娘さんが、母親である妻と一緒に出掛けてしまい、 一人でお酒を飲みながら、テレビを見ていたそうです。 ...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2012/07/07 14:25

離婚問題の感情を。少し違った切り口で。

  私たちは、現在進行させている業務に関連した、 情報提供のあり方についても、検討しているところです。   離婚については言うに及ばず、 相続手続きや家計の見直しなどに関連した情報提供を、 運営管理しているブログやウェブサイトのコラムを執筆することにより、 今しがた、完了させることができました。   いつもと比べれば、情報提供の内容が、 少し違ってきているのではないかと感じては...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2012/06/08 13:13

離婚するということ。

  離婚相談をお受けしている立ち位置から見て、 離婚を考えている当事者の双方が、 離婚することについて、どのように考えているのか。 また、離婚をどのように捉えているのかによって、 よく似た事例であったとしても、回答する内容が変わってきます。   離婚することへの抵抗感や温度差は、 ひとり一人、違っていることが通常だと考えています。   もう2か月前になると思います。 女性の方...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2012/06/02 07:07

離婚回避 限定にて。

  私たちのルーチンワークの業務に関連する情報提供を、 各ウェブサイトのコラムやブログを使って、 予定通り、無事に完了させることができました。   すでに、決まっている事項でしたので、 離婚に関連する情報提供を行っております、 livedoor に カテゴリ登録されているブログにて、 新たにウェブサイトを作成している段階に入っていることや、 そのウェブサイトにて、どのような業務を...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2012/04/06 19:11

離婚相談を含む新たなサイトを作成しようとしている者として。

  [All About プロファイル] のトップページがリニューアルされたと知り、 登録されている出展者として、とても気になっていましたので、 早速、どのように変わったのかを見てみました。   私たちは新たなURLドメインを取得して、 私たちが「できているレベルに達している」と考えられる分野において、 コンテンツ内容をつくり出して、精査していく段階の作業を、 日常業務と並行して行...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2012/03/31 12:03

子ども手当や公立高校無償化と婚姻費用

婚姻費用分担の審判に対する即時抗告事件 福岡高那覇支 平22.9.29(決) 1 【子ども手当の支給と婚姻費用分担額への影響】 子ども手当は、次代を担う子どもの育ちを社会全体で応援するとの観点から支給されるものであり、夫婦間の協力扶助義務に基礎を置く婚姻費用の分担額には影響しない。 2 【公立高等学校に係る授業料の不徴収が婚姻費用分担額に影響しないとされた事例】 妻が高校生と中学...(続きを読む

阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士)
公開日時:2011/08/11 11:35

「ありがとう。」 と 「ごめんなさい。」

  小さい頃、 「ありがとう。」 と 「ごめんなさい。」の使い方を、 教えてもらった。   大きくなったら、 「ありがとう。」 と 「ごめんなさい。」の使い方が、 その頃と違ってきた。   そのように感じられることが、 多くなっている気がします。     「どうも、すいませんでした。」     この言葉は、とても便利です。   感謝の気持ちを伝えるときも、 謝...(続きを読む

松本 仁孝
松本 仁孝
(行政書士)
公開日時:2011/07/26 09:45

法定離婚理由

法定離婚理由の中でも最も多くかつ多岐に渡るのが「婚姻を継続しがたい重大な事由」です。 具体的に問題となる例としては以下のものがあります。 (1)離婚意思 夫からの離婚請求に対し妻である被告がいったんは離婚を了承したこともあったことを一事情として破綻を認めた。(東京地判平9年10月23日判タ959号234頁) (2)訴訟の提起、強制執行、告訴、告発続きは、 法定離婚理由 へ(続きを読む

阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士)
公開日時:2010/11/15 16:47

離婚は不可避なのか

1.離婚を決意するまえに (1) 幼い子どものいる家庭の場合、一方が外で働いて生活費を稼ぎ、もう一方が家事育児を行うことで、役割分担ができている。これは非常に合理的なのだが、当事者は気付かないことが多い。相手よりも自分が大変なのだと被害妄想的になる。また、出産後の女性は夫のことを嫌いになることが多いが、徐々に気持ちは落ち着いてくるので早まらないこと。 (2)結婚とは、お互いに価値観の違いを乗り...(続きを読む

阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士)
公開日時:2010/07/26 10:49

現代の離婚事情

離婚相談を受ける中でのよくあるケースをまとめてみました。 自分に当てはまるケースがあるかも!? 1.増加傾向にあるケース (1)出産後、実家から戻ってこないケースが増加している。続きは、 現代の離婚事情 へ(続きを読む

阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士)
公開日時:2010/07/21 13:55

別居期間が1年余りの夫婦

家裁月報第62巻第4号 離婚請求控訴事件 大阪高 平21.5.26(判) 【別居期間が1年余りの夫婦について婚姻を継続し難い重大な事由があるとされた事例】 控訴人(夫)は、被控訴人(妻)と約18年にわたり大きな波風の立たないまま婚姻生活を送ってきていたが、80歳に達して病気がちとなった控訴人がかつてのような生活力を失って生活費を減じたのと時期を合わせるごとく、被控訴人が、日常生活の上...(続きを読む

阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士)
公開日時:2010/06/16 11:00

例の夫婦 ~その後 PART2~

例の夫婦の続きです… 大体の事情は判りました。 もう一度確認しますが、本当に離婚する意思がありますか? 正直、迷ってるんじゃないですか? 大丈夫です、迷ってなんかいないです。 性格の不一致って本当に辛いじゃないですか? だから性格の不一致による離婚ってとても多いんですよね? もし裁判になっても離婚は認められますよね…? 生きるヒント 最近は婚活という言葉をよく耳にしますが、そもそも結婚の意義と...(続きを読む

大矢 哲路
大矢 哲路
(行政書士)
公開日時:2010/06/11 11:09

19件中 1~19 件目

  • 1