(閲覧数の多い順)子供の教育・受験の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信 - 専門家プロファイル

子供の教育・受験 の専門家が生活やビジネスに役立つコラムを発信

子供の教育・受験 に関する コラム 一覧

表示順序:
新着順
閲覧数の多い順

413件中 1~50 件目 RSSRSS

都立高校の推薦入試を受けるべきか?

来春の都立高校の推薦入試は、今までに較べて受験者が減るはずです。今までは、(小論文を実施する一部のトップ校を除いて)ほとんどの高校で形だけの面接だけで受験ができたので、とりあえず願書出しとけという「なんちゃって受験組」が多かったのです。実質内申点だけで決まっていたので、合格の目安が分かりやすかったこともあります。結果として、都内の中3生の40%、都立高校志望者の60%が推薦入試を受験するという事態...(続きを読む

後藤 高浩
後藤 高浩
(塾講師)
公開日時:2012/11/22 16:06

緊急投稿 志望校を変更する場合

緊急投稿 志望校を変更する場合 中学受験の場合、そろそろ最後の模試の結果が届くころだと思います。 保護者の方の中には、同一試験日の学校にそれぞれ願書を出しておき、様子を見てどちらを受験するか決めようと考えている方もいらっしゃると思います。そうした場合に注意しておきたいことについて、お話ししたいと思います。 具体的な学校名は、私が主に活動しております愛知県内の学校名を挙げますが、注意しておきたいことは、どこの地域でも同じですか...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/07 00:54

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その3

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その3 話を直前期の過ごし方に戻して、今回は「具体的な日々の過ごし方(過ごさせ方)について」お話ししたいと思います。   地域によっては、学校に行かせるか、それとも、家で勉強させるかが、問題というか悩みのタネになる場合もあると思いますが、結論から言えば、これも、これまでお話ししてきましたよう、受験生本人が「心やすらかに、入試日を迎えること」を第一に考えるべきだと思います。 つまり、本人が学校に行きた...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/01/06 23:01

デジタル媒体を使う教育

デジタル媒体を使う教育 5月の第2週はカナダと愛媛をむすび高校生にオンラインリアルタイムの授業を行います。 3月には小・中学生がワイワイと東京と愛媛をむすんだデジタル授業を楽しみました。   これからの世界で活躍するためには必須の能力「デジタル媒体を使いこなすこと」。 そしてその共通言語である英語を使いこなすこと。 英語を使えるとは、英語の思考法クリティカル・シンキングを理解すること。   この3本柱を...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2016/04/24 16:30

子供の中学受験と塾選びを失敗したわけ

昨日は、募集翌日に定員となりました、 対面式の個別面談をおこないました。 昨日お越しいただきましたお母様からは、 「電話相談は移動時間がかからないのでよいのですが、 やはり、対面式の面談はいいですね!」 「また、面談のお申し込みをしたいと思います」 というコメントをいただいております。 ありがとうございます。 さて、前回は、 「中学受...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2014/12/13 19:19

中学受験で子供の成績が秋から下がり続ける原因とは?

中学受験で子供の成績が秋から下がり続けるのはどうして? -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 【中学受験 合格実績 】 *開成中学校      *桜蔭中学校     *武蔵中学校 *栄光学園中学校   ...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2014/12/04 12:22

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その3

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その3 前回の「その2」では、「ふたつの事柄がともに事実だったとしても、それらを『因果関係』で繋ぐことはできない」という点や「まったくの無関係とは言えない」という点で、「青魚を食べると、頭が良くなる」という説と、「国語ができない、『だから』算数の文章題もできない」と考えてしまうことがよく似ているということについてお話ししました。   ここで言いたいのは、 「ふたつの事柄がともに事実だったとしても、そ...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/07/03 15:14

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その1

成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために その1 「国語ができないから、算数の文章題も解けない」という考え方は誤っているのではないか、ということについて、長々と書いてきました(コラム「国語ができないから、算数の文章題も……って、ホント?」その1・その2・その3、参照)。なぜ、このようなことを長々と書いてきたのかをご説明しつつ、次のテーマ「成績不振の原因はナニ? 言い訳にしないために」に移っていこうと思います。 何か問題点が見つかった場合、その原...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/03/07 20:05

【中学受験 勉強法】中学受験の勉強で4年生が今後できないと苦労すること

こんにちは。 中学受験 親のお悩み解決アドバイザーの安藤由紀です。 高校3年の息子の通う難関校も 一昨日から2学期がはじまりました。 今年の夏休みは塾で人と話をしない環境に身を置き、 大学受験の勉強をがんばっていた息子ですが、 「学校が、始まって嬉しい!」 「ようやく人としゃべれる!」 「みんな、元気かな?太ったかな~!」 と、喜んで...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2016/09/07 18:31

幼稚園で、娘がお友達に手を出してしまって困っています。

こんにちは、子育てアドバイザーの広瀬つみきです。よく、「●●しちゃダメ」と言いすぎるのはよくない、と言われたり、「それは甘やかしすぎなんじゃないの?」と言われたりして、どれくらいのバランスで子育てをしたらいいのかわからない、というご相談を受けます。なかなか難しいところなのですが、幼稚園や保育園で、お友達に手を出したり、噛みついたりしていると聞くと、親としては、本当に心配しますよね。どうすればいいの...(続きを読む

広瀬つみき
広瀬つみき
(2歳3歳専門の子育てアドバイザー)
公開日時:2016/01/14 23:04

日本の子供は教育難民

日本の子供は教育難民 カナダと日本の両方で、日本人生徒の指導をしています。 カナダでは、カナダ現地高校・大学に通う日本人生徒たち。 日本では、日本の高校・大学に通う日本人生徒たち。 18世紀の遺物のような教育制度の日本に置いておくには勿体ない!という能力のある生徒を、助け出し、カナダの教育の中に送り込んでいいます。 先日、こんな出来事がありました。 カナダで高校に通う留学1年目の生徒が...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2015/09/28 16:51

中学受験で5年生の子供に必要な学習習慣とは!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 【中学受験 合格実績 】   *開成中学校      *桜蔭中学校      *武蔵中学校 *聖光学院中学校    *栄光学園中学校    *慶應中等部 *慶應湘南藤...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2015/05/23 20:12

中学受験で成功するための塾の選び方勉強会

----------------------------------------------------------------------------------------------- 【中学校 合格実績 】 *開成中学校          *桜蔭中学校      *武蔵中学校 *栄光学園中学校        *慶應中等部      *慶應湘南藤沢中等部 *早稲田中学校    ...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2014/12/19 14:43

【日本の教育では育たない能力】 ― 【連続した論理を組み立てる力】

【日本の教育では育たない能力】 ― 【連続した論理を組み立てる力】 日本の子供の脳に「英語の基本的思考法クリティカルシンキング」の芽を植えようと、日々悪戦苦闘しています。 「どうしてこんなに頑張る子供たちに、こんな簡単なことが出来ないのだろう?!」と首を傾げることが多いです。 画一的、時代遅れの事実のみを詰め込む学校教育、「なぜ?」がタブ―の日本社会が原因でしょうか。 どんな頭の良い日本の子供にも、大きく欠けている能力のひとつが Sequ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2014/12/07 17:44

子供がはまる勉強 - Big John Math【算数を英語で】の秘密

子供がはまる勉強 - Big John Math【算数を英語で】の秘密 26年英語教育においてPartnership を続けている相棒のカナダ人。 数学とComputer Scienceがもともとの専門。 英語エッセイライティングを日本人に教えるBest TeacherのRobert McMillan. 日本の子供の脳をフル回転モードに持っていくコンピューターソフト”Big John Math” を創造するに至った驚きの理由をFacebookで公開中。 ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2014/07/27 12:59

『グローバル社会に生きる子どものためのー6歳までに身に付けさせたいーしつけと習慣』

『グローバル社会に生きる子どものためのー6歳までに身に付けさせたいーしつけと習慣』   ちょっと長いタイトルですが、 『グローバル社会に生きる子どものための―6歳までに身に付けさせたい―しつけと習慣』 がアマゾンから発売になりました。   前半は、文化の違いを中心に話を進めています。 日本文化と欧米文化、日本人と欧米の人達との考え方が、こんなに違うんだと分かっていただきたいと思って書いています。   後半は具体的なしつけについて書いていますが、本当に基本的で、...(続きを読む

平川 裕貴
平川 裕貴
(マナー講師)
公開日時:2014/04/11 22:43

誕生日!

誕生日! 今月頭に誕生日を迎えたのですが、その時なんと、GLS予備校東京校の高卒生たちがサプライズで誕生日を祝ってくれました!(報告が遅いのはご勘弁を) 生徒から誕生日を祝われることなどまずないので、祝われた時は、嬉しさと驚きが同居してわけがわからない心境に陥っていました。(驚いたのはクラッカーが鳴ったのも原因) 誕生日の準備をしているようなそぶりは見えたので、「今度は誰の誕生日を祝うんだ?」と思っ...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/10/29 20:38

熊本国府高校での指導(2013年度第6回)

先月の27日(金)は、熊本国府高校でテレビ番組の撮影が行われました! TKUの「私立高校を徹底調査」という番組です。 http://www.tku.co.jp/tku2012/shirituskoukou2013 ごく短時間だとは思いますが、私も登場する予定です。 果たしてどんな番組に仕上がっているのか、楽しみです。 熊本ローカルなので当日観られないという方も多いかと思いますが、熊本に...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/10/09 17:37

通知表を研究して、通知表を「上げる」塾~通知表の詳しさチェック問題付き~

「通知表は、どうやったら上がりますか?」 そう聞かれたら、どう答えますか? 「授業中、手を挙げて、テストをガンバレ!!」 そう言われてきた生徒も多いのではないでしょうか。 また、そう答える保護者の方・塾の方が多いのではないでしょうか。 私が塾屋を始めたころ、 「通知表を研究していて、詳しい塾がない」 ことに驚きました。 私が聞いたり、見たりした範囲では...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/10/07 14:01

テスト対策は「時間だけ」かけても伸びない!

テスト対策は「時間だけ」かけても伸びない! テスト勉強 よく学校で1日○時間やろう!と予定表を作って、実行したのを提出します テスト勉強 受験勉強 ・ ・ ・ 「時間数」というのは、あくまでも目安 だということに気付いている子は何割いるでしょうか 例えば、2時間勉強しないといけないものがあるとします それは「ちゃんと」勉強した場合、2時間程度かかるよ という意味なのです なかには、2...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/09/03 22:58

高校生は、どんな生徒でも独学が必要です

高校生は、独学ができないと大変です! 「そんな、独学なんて一部の頭の良い生徒だけでしょ?」 なんて思っていませんか? 実は、違います むしろ ・大学受験をしない高校生 ・進学校で学校についていけない高校生 ・中学時代、塾で予習してもらっていた高校生 ほど、独学が必要なのです その理由を説明すると・・・ <大学受験をしない高校> ↓ 学校の授...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/08/07 19:45

勉強はストレスが溜まる。その解消法は・・・

勉強はストレスが溜まる きっと誰しもそう思います 私も思います 受験生はいつも以上にストレスがたまります 受験生のストレスの悩みには三つのタイプがあります 1、もともとストレスの発散のしかたを知らない (要するに、過去の自分に対するストレスですね) 2、勉強すればするほど今までちゃんとしてこなかったことを実感する 3、周りから言われ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/07/25 16:04

国語の成績のところまで、成績は上がる。

塾屋では、成績に関して、これまでの経験から独自の考え方をもっています そのなかの1つが 国語の成績のところまで、 他の教科の成績は上がる 例えば、最初の懇談で成績表を見たときに 学年150人の中学校で 国語120位 数学80位 社会30位 理科50位 英語120位 合計80位の生徒Aさん 対して 国語50位 数学120位 社会90位 理科80位 英語60位 合計90位の生...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/07/20 13:01

マイペースには、条件がある。【間違ったマイペース】を許していませんか?

うちの子は、マイペースだから・・・ 自分は、マイペースだから・・・ マイペースって、良い言葉ですよね 「自分は自分のペースで進むから・・・」 「自分はこういう人間ですから・・・」 というのを宣言できる言葉ですからね マイペース 聞こえはいいですが・・・ このマイペース、けっこう【間違ったマイペース】を使って、勉強の言...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/07/08 20:23

熊本での「学習の作法」講演会

熊本での「学習の作法」講演会 おととい、私が顧問を務める「学習の作法指導会」主催の講演会が行われました。 場所は熊本市東区にある秋津市民センターです。 高校や塾の先生方、生徒および保護者の方がたくさん出席されている中、「学習の作法」についての講演を実施しました。 今回私がお話したのは、主に難関国公立を目指すために必要なことです。 「学習の作法」抜きでも途中までは出来てしまうことがあるため、そこで間違った成功体験を...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/05/21 17:50

指導で大事なのは「○○性」

皆さんは、子どもを指導する、生徒を指導する、部下を指導するときに何を大事にしているでしょうか。 私は、独学指導で大事なことは「再現性」だと考えています。 再現性というのは、「いつでも再現可能なこと」を指します。 再現性のない指導というのは、例えば 「もっと勉強しろ」 「ここからは気合でやりきれ」 「しっかりノートを取れ」 のような指導です。 ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/05/20 15:36

尾道北高校1年生向け「学習の作法」講演会

昨日、待ちに待った尾道北高校での講演会を開くことが出来ました。 12月にお話をいただいてから何度もメールにて打ち合わせを重ね、構想を練りに練った上での講演会は、大盛況のうちに終了したようです。 生徒にも先生方にも、「あっと言う間の3時間だった、短すぎた」と言われたのは嬉しかったです。 実は、最初にお声かけくださった教頭先生をはじめ、先生方にお会いするのは今日が初めてだったのですが、お会いし...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/03/16 08:24

「どっちでもいい」は癖になる。

現代人ですよね。 「どっちでもいい」 「ふつう」 という曖昧な表現。 この「どっちつかず」の発言ばかりしていると、いざ!というときに Yes No をハッキリ意思表示できなくなります。 私は、普段のなかで「意識して」Yes Noをハッキリさせていることがあります。 それが『アンケート』です。 例えば...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/03/05 17:51

子供の才能を育む方法

子供の才能を育む方法 Why You Should Not Always Do What You Do Best 「うちの子はこの才能がある!」と、その訓練ばかりに追い立てないで! (Psychology Today より) 「うちの子はバイオリンの才能が!」「ダンスの天分が!」「知脳が高いから早いうちに算数の基礎を!」「英語の発音がきれいだからきっと英語の達人に!」 などなど、子どもの能力に気がついた親たちが、何...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/03/05 14:27

もっと「その場しのぎが通用しない」テストになればいい。

2012年度になって、大きく変わったのが 中学生、高校生の学習内容が増えたこと そして、それに伴って ペースが早いこと さらには 宿題が多い(練習問題が多い)こと に多くの学生が苦労しています。 ・・・といっても、本当に苦労しているのは 「成績上位の人?・・・・・違います」 「成績下位の人?・・・・・違います」 答えは ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/02/19 23:29

熊本国府高校での指導(2012年度第9回)

一昨日(2/2)、熊本国府高校で指導してきました。 今回は、先生相手に9時間以上ぶっ通しで話をしてきました。 内容は、大まかに分けると以下の5つのテーマになります。 ・出願校(国公立)の選択が妥当であったか否か ・これからの進路指導のあり方 ・国公立二次試験までにどういった指導をすべきか ・新1年生向けのカリキュラム草案 ・来年度以降、原田がどういった形で指導に当たるか 出願校(国公...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/02/04 13:12

勉強は、人が出る。勉強が変われば、その人も変わる。

なぜ、勉強するのか。。。 誰しも一度は考える永遠のテーマだと思いますが、ここで答えを出すつもりはありません。 ただ、勉強をしていくと 「その人が変わる(成長、悪化も含め)」 ということは確信を持って言える事実です。 これは、塾屋が「生徒の勉強そのもの」を見ていて、指導しているからわかることです。 学校の授業のような塾だと、聞いている姿や解いている姿しかわかり...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/01/23 20:43

毎日のストレスに対処する10の方法

毎日のストレスに対処する10の方法 Psychology Today のParenting SectionにこんなTips が紹介されています。 心配症の子供を前向きにする10の方法です。 読んでみると、日々Q&Aコーナーなどに寄せられる日本の若い人たちの心理状況を改善すするのにも役に立つと感じました。 毎日のストレスに対処し、自分で自分を前向きにする方法として参考にして下さい。 1) Teach yourself physi...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/01/19 18:58

平均点が上がると【損をする人】

テストの点数が通知表に直結する中学生では、中学校で平均点が大きく異なります。 実際に例を挙げてみると、同時期・同範囲にも関わらず R中学(中2 理科) 平均点42.4点 M中学(中2 理科) 平均点69.1点 こんなに差があることも。 平均点は高いほうがいいのか、低いほうがいいのか・・・ きっと学校の先生も一度は考えたことがあると思います。 私は、【低いほ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/01/07 21:03

50年後の世界には50の大学しか残らないー大学教育変遷の恐るべきスピード

50年後の世界には50の大学しか残らないー大学教育変遷の恐るべきスピード “In 50 years there will be only ten universities left in the world. (今から50年経つと、世界にはたった10の大学しか残っていないであろう。) Online courses are transforming higher education, creating new opportunities for the best and...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2013/01/02 10:44

なぜ頑張っても成績が上がらないのか?

なせ゛、同じ時間勉強をしても、点数を取れるようになる生徒とそうでない生徒がいるのでしょうか? そんなの能力の違いだろ、と言わないでください。確かに能力の差は歴然とありますが、こと受験勉強においては、学習の「質」と「技術」で多少の能力の差を逆転できることもまた事実です。 まず1つは集中力の差です。同じ時間勉強しても、必死に集中して取り組んでいる生徒と、ダラダラとながら勉強をしていたり、他のことを...(続きを読む

後藤 高浩
後藤 高浩
(塾講師)
公開日時:2012/11/28 20:06

「友達に教えてもらった」をどう捉えるか

ある中学生とのやりとりで、こんなことがありました。 明日塾で授業をする数学の内容を、数学が苦手なAさんはスラスラできるようになっていました。 ※塾屋の授業はすべて学校の復習 いつもなら塾で授業をするときに 「あーそれ学校で聞いたけど、わからなかった」と言いながら塾で習っている状況でした。 なので 「あれ?急に学校だけでできるようになったんだね」 と聞くと ...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2012/11/21 16:16

「大丈夫!」って、何が?

「大丈夫!」って、何が? 「固い」コラムが続きましたので、今回は街で拾った「柔らかい」話題です。 今後も、こんなコラムも書いていきたいと思います。   ところで、私は喫茶店をよく利用いたします。 実は、この原稿も喫茶店で書いています(「実は」という程のことではないのですが)。 執筆関係の仕事で行き詰まると気分転換に喫茶店に行って原稿を書きますし、学習相談を承りに行ったり、学習指導にお伺いしたりする場合も遅刻しない...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2012/06/29 14:48

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その4

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その4 前回の「その3」では、「答案の安全な『見直し』」についてお話しいたしましたが、今回は、「多少リスクを負ってでも『内容面に踏み込んだ見直し』をしたい(させたい)」場合に、できる限りリスクを低減させる方法についてお話ししたいと思います。そのためには、問題を解いているときに、多少の作業が必要になります。 「その3」の項目1と2に続くものとして、次の3をお読み下さい。   3 見直すためにどんな準備...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/23 17:41

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その3

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その3 前回は、「見直し」は、「見直すことを前提に、自分で試験時間を短縮して行うものではない」、あくまでも、充分に「慎重に丁寧に解いた結果」、「幸運にも時間に余裕が生まれたとき」に行うべきものだ、というところでお話しを終えました。 では、時間に余裕が生まれたら、どのように見直せば良いのでしょうか。 正しい、というか、効果的な「見直し」は簡単です。 「その1」で、「『見直し』で得点が『上がるか』『変わ...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/22 01:45

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その1

緊急投稿 「答案の見直しって、子どもにできるの……?」 その1 子どもたちは、つまらないミスをよくします。もちろん、しない子もいますが、4教科の模擬試験を受けて、ひとつもミスがない子というのは、そうはいないと思います。 単位を書き間違えた、計算用紙から解答用紙に書き写す際に数字を書き間違えた、単純な足し算をミスした……。 私の専門の国語でも、あります。たとえば、「ぬき出す問い」で、本文はひらがななのにわざわざ漢字に直してしまった。正しく書ける漢字なのに、ト...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/20 01:29

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その2

緊急投稿 中学入試 入試直前期の過ごし方 「親は……」 その2 今回は、『具体的な日々の過ごし方(過ごさせ方)について』お話しするつもりでした(「学校を休ませるかどうか」「休ませるのならいつ頃から休ませるか」「親子でどんな時間を過ごすか」などと言った内容です)が、ここへ来ていくつかの塾の指導に疑問が生じてきましたので、まず、そのことについて私見を述べておこうと思います。 私が、問題があると感じているのは(愛知県内の塾だけかもしれませんが、そのうちのいくつかは...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/15 20:39

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その2

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その2 前回は、「概念化ができていない言葉、意味を知らない言葉が使われている文章や、文の構造がとれない文を含む文章は理解できず、そのような文章が問いになっている文章題は、算数に限らず、国語だって、理科だって、社会だって解くことはできない」というところで、終わりました。 これを最初の問いに戻して説明し直せば、「国語ができない」『から』「算数ができない」のではなく、「言葉を知らなければ(概念化ができていない...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/13 14:39

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その1

「国語ができないから、算数の文章題も……」ってホント? その1 初めまして。岡松教育進学研究所 岡松です。 今度、出展いたしました。 私は、名古屋市を中心に愛知・岐阜・三重の東海三県で、国語専門(主に中学入試対策)の家庭教師として活動しているほか、入試問題・中高校入試対策問題集などの執筆、講演会の講師などをしております(詳しくは、プロフィールをご覧ください)。 このコラムでは、保護者の方からよく寄せられるご質問、ご相談にどのように回答しているかをお伝えし...(続きを読む

岡松 高史
岡松 高史
(家庭教師)
公開日時:2011/12/01 15:53

学校で宿題・家で授業 [新しい教育法]

学校で宿題・家で授業 [新しい教育法] Flipping the Classroom (宿題と授業がコインをくるっと回すように入れ替わり) アメリカやカナダの学校で、教育法が驚く速さで進化しています。 最近もっとも注目を集めているのが「宿題と授業の役割交代」です。 教室では生徒それぞれがノートコンピューターやiPadを使い、オンラインプログラムで反復練習。 教師は授業をする必要がありません。 コンピューターでそれぞれの生徒の進行状況...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
公開日時:2011/12/28 12:48

熊本国府高校での指導(2013年度第2回)

先週の金曜日、土曜日は久しぶりに熊本国府高校で指導してきました。 金曜日は1年生、2年生の希望者を対象に学習会を開き、その中で国語の指導を実施しました。 といっても、私は先生が指導されているのをただチェックするだけです。 先生の指導のレベルがかなり上がっているのを目の当たりに出来、とても嬉しかったです。 この先どう指導していくかについての新たな課題も見つかったので、そこをどう乗り越えていくか...(続きを読む

原田 将孝
原田 将孝
(塾講師)
公開日時:2013/07/01 19:26

なぜ、連絡事項が入らないのか=なぜ、授業が入らないのか

子どもが先生(学校)からの連絡事項を忘れる これが日常茶飯事の人もいれば、ほとんど忘れない人もいます 忘れるにも2種類あって 「書くこと・頭に入れることをしていない」 のと 「書いた・覚えたけど実行していない」 のとがあります 今回は、前者の「書くこと・頭に入れることをしていない」について書きます 実は連絡事項は年齢によって【形...(続きを読む

坪内 康将
坪内 康将
(塾講師)
公開日時:2013/06/24 18:05

明利学舎 西葛西本校|平成29年度2月新学期生予約募集

29年新学期2月生対象|10/1から予約体験学習開始!例年12月末満席、お早めに!! 明利学舎|平成29年度2月新学期生予約募集開始!  ※新小4以上は内進生多く席枠に限りがございます、満席に成り次第締切ますので予めご了承下さい。 例年通り新学期の募集を28・10・1日から始めました、12月末には例年ほぼ満席になりますのでお早めの参加をお薦めします。他塾さまと比較してとても速いのが特徴...(続きを読む

鈴木 明男
鈴木 明男
(塾講師)
公開日時:2016/10/29 18:16

【中学受験 勉強法】中学受験の勉強で5年生の重要単元って?

こんにちは。 中学受験 親のお悩み解決アドバイザーの安藤由紀です。 予報では午後から雨と聞いていましたが、 朝から雨で、気温も低め・・・ 塾に出かける息子も、長ズボンで出かけて行きました。     今日から、志望校別講座が始まる塾も多いので、 お子さんの体調には十分注意してあげてくださいね。         さて、前回、 「中学受験の5年生の前期・夏...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2016/09/11 19:59

【中学受験 勉強法】中学受験の勉強で5年生の秋から成績が下がるときは

こんにちは。 中学受験 親のお悩み解決アドバイザーの安藤由紀です。 さて、前回は、 中学受験の4年生の子供の秋の勉強のために、 「整数・少数・分数の計算をできる様にしておくことが重要」 というお話をしました。 秋から図形の分野を学ぶからでしたね。 今回は、 「中学受験の勉強で5年生の秋から成績が下がるときは」 についてお話ししていきます。 ...(続きを読む

安藤 由紀
安藤 由紀
(中学受験アドバイザー)
公開日時:2016/09/10 19:37

413件中 1~50 件目